Apr 14, 2007

早い~

アオ、7ヶ月半ば。

寝返りを打たないと心配していたのは随分昔のことのよう。
面白い格好で部屋の隅から墨までハイハイしまくるし、こうせいが大阪時代に使っていたぷーさんのジムを出してあげたらつかまって立ちはじめた。

こうせいに似てコンパクトだからか、よく動く。なので、体はしまってきたけれど、足だけはゾウ足です。だから安定感があって立てるのかな~。

離乳食もよく進みます。こうせいのときは、どんなに工夫しても母乳一筋だったのに。やはりお兄ちゃんが食べているのを見ているからか。

こうせいは凄く可愛がる。なので、こうせいがあやすとゲラゲラ笑う。幼稚園から戻ってくると嬉しそうです。来月にはつかまり立ちか~?引越しのときは一時も眼が離せなくなるかも・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 30, 2007

春休みの朝

春休みの朝。

朝食を終えて、夫は仕事に出かけ、私はコーヒー片手にパソコン。

アオはそこら中を徘徊してゴソゴソしている。

こうせいは、本を読んでいる。

皆自分のことをそれぞれやってます。

と思ったら、こうせいが、「ねえね、なにやってるの~?」と近寄ってきた。

「うん、お仕事のパソコン(うそ)」

そういったら、今度は徘徊しているアオの世話を焼いてるけど、世話を焼けば焼くほど、アオは怒って
泣くから放っておいて欲しいんだけど・・・。
でも、そんなこともいえないので、見守る。

こうせいがあやしてアオが大笑いしてることもあるしね。

少しでも、お互いに一人で好きなことをしながら同じ空間内にいる。こんな時間が出来たのは嬉しいです。

あと10年もしたら、リビングにすらいてくれないかもしれないから、同じ空間を共有してくれるこの時期は大切なのでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 25, 2007

怒ってばかり

最近こうせいに怒ってばかりの私。

夫には「怒っといて後悔するなら怒るな」といわれる。ごもっともです。
こうせいが私を怒らせることには分類すると三種類ある。

一つ目は危ないことやモラルのないことをしたとき。車や人や自転車にぶつかる危険のあるところで急に走り出したり、ホームの黄色い線の外側を歩いたり、唾を吐いたりしたとき。これはかなり厳しく怒ります。でも従兄弟の坊やと遊んでいる興奮しているときは聞いてない。

二つ目は、家の決まりごと、というか、例えば外から戻ったら手を洗ってからアオの顔などに触ること、実家に行ったらきちんと挨拶をすること、食べるときはきちんと座って食べること、パンツの中に手はいれない、アオの口に入りそうな小物を散らかしておかない、など。
これも守らない。ほんとに、何度言っても。中腰の変な格好で食べてるし、アオの目は触られすぎて目やにだらけになるし、汚い手でパンツに手を入れるから本人は尿道炎です。

三つ目は、どうでもいいこと、というか私の押し付けや好みが入ってるかも。
例えば、アオにしつこくしすぎて泣かすな、とか、メソメソするな、とか。
私がねちねち怒るときは、この三つ目のような気がする。

4歳児にメソメソするなっていうほうが無理なのかもしれないけれど。でも、下にアオも出来て、不憫に思って、二人で新宿御苑や銭湯に行ったり、従兄弟の坊やと沢山遊ばせたり、重いアオを背負ってローソンのムシキングゲームに付き合ったり、そういう時は楽しそうなのに、家に戻ると急に暗くなって、目に涙を一杯浮かべて辛気臭く傍らに立たれると、もう、いけません。なだめても、メソメソされて。
すると、ぶちっと切れます。今までの楽しそうだったあの様子はなんだったんだーって。そして後悔。

自分の気持ちを整理するために書いたけど。二つ目もそんなに怒ることじゃないのかもしれない、とも思う。
そして三つ目も、きっと私に心の余裕がないから激しく怒るんだろうな、と思う。

判ってるんだけど。

こうせいの寝顔を見ては、心の中で「ゴメンね」と謝るダメ母です。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 03, 2007

おひな祭り

今日はひな祭り。

アオの初節句でもある。

先日ようやく、リヤドロのお雛様が届いた。
もう、触るのもこわごわ・・という感じ。

こうせいの手に届くところに飾るのはあまりにも危険なんだけど、そこしかないので、飾る。

やはり素敵です。二つだけっていうところも狭い我が家にはピッタリです。
後ろの切り絵は叔母が作ってくれました。

Img_0313_1


そして、実家で食事会。弟と母といつもの従兄弟「ヤスオさん」も。ヤスオさんは有名店のコロッケ、メンチカツ。
弟はまたしても美味しいマグロとホタテ、イカなどを、私は蟹とイクラとメンタイコ、鯛めし。
Img_0297_1

弟の友人、そして隣の従兄弟の坊や達、叔母も合流してケーキを食べ、トランプ、外で野球、こうせいにとっては
楽しかったでしょう。

夜は従兄弟と讃岐うどんを食べに。

戻ったのは8時過ぎ。こうせいはムシキングをやる!と、夫とローソンへ。戻って風呂に入り、9時遅くに就寝。

アオは6ヶ月になり、ようやく寝返りをうつようになった。お座りも。
Img_0264_1

背面ハイハイが得意で、どこまでも背面ハイハイで這っていきます。

離乳食も果物から開始。夫のメロメロぶりも変わりません。
Img_0321_1

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Feb 22, 2007

お布団の中で

お布団の中での会話。

私「ねえねえ、こうせい、教えて欲しいことがあるんだけど。いい?」

こうせい「いいよ、何?」

私「ねえねのお友達のママがね、こうせいくんに聞いてみてっていうから聞くんだけどね、子供がこうせいと同じ年少さんで、アオちゃんくらいの弟が出来たんだって。でね、最近、朝、幼稚園に行くときは、絶対に泣いちゃうんだって。ママはなんで泣いてるんだか判らないんだって」

こうせい「帰りのバスでは泣くの?幼稚園では?」

私「帰りは楽しく帰ってくるんだって。幼稚園でもあまり泣かないらしいよ。」

こうせい「あはは、ボクと同じだ」←そりゃそうだ、ちみのことだもの。

私「あ、そういえばそうだね~ははは(←とぼけすぎ)。で、何で朝だけそんなに泣くか、こうせい判る?」

こうせい(自信ありげに)「うん、判るよ!その子はね~ママと離れるのがさびしいの。バスにも幼稚園にもママはいないでしょ?だから、寂しくて泣くんだよ。」

私「あ、そうか~。でもさ、幼稚園には行かないとダメじゃない?そのママね、幼稚園に行く前に泣かれるの、すごーく辛いんだって。だから、泣かないですむ方法教えてって、ネエネに聞いてきたの」

こうせい「幼稚園に行く前にチューとかダッコとか、沢山してあげればいいんだよ。そしたらあまり泣かないかも」

私「そうか~。ママにじゃあ、それ教えておくね。」

こうせい「土曜日とか日曜日の朝も泣くの?」

私「ううん、幼稚園のない日は、朝からルンルンだから泣かないんだって~。幼稚園に行くの、そんなにイヤなものかな~?」

こうせい「いやだよお。ママいないし。赤ちゃんだっていないしさ・・」

その後、こうせいは自分と似ているこの架空の子供に非常に興味を持ってしまい。
まさか、今更これは架空の話です、とも言えずにごまかしました。

これが、本音、なんだよね。給食がイヤ、なんかじゃなくて。
年少一杯は泣くって、観念しないといけないのかな~。

最近、逆切れます。

私「ねえねえ、明日の朝も泣くの?」

こうせい「泣く!毎朝行く前は泣くんだから、何度も聞かないで!!!!!(怒)」

・・・えばることかいな?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Feb 09, 2007

アオ 熱を出す

5,6ヶ月で母親からの免疫が弱まるって聞いていたけれど。

本当でした。はなたれこうせいの「あおちゃ~ん」攻撃で、顔をすりすりされあちこちいじりまわされた結果。

アオも鼻をたらしはじめ、目やにまで出る始末。ヤレヤレ、と思っていたら、夜中に熱。

でも、大事には至らず38度台で治まる。が、心配なので病院に。

やはり、風邪でしょう、とのこと。

こうせいが熱を出さなかったのはとっても嬉しいことだけれど、アオも小さいうちから病原菌にさらされて、つよくなっていくんだろうなあ。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 05, 2007

母ショック?

アオが生まれてから、寝るときは窓側から私、アオ、こうせい、別のシングルベッドに夫、という順番が定番だった。

なので、こうせいは必然的に私と離れ離れだけど、でも頭を私の方に持ってきて、半分布団から出た状態で、何とか私とどこかで接触していようとする健気さ。

一応、手はつないで頭もくっつけて寝ているけど、でも昔のようにぺったりと抱きついて寝ていたときに比べたらサビシイだろう。

そして昨夜の話。

四人でトランプをして、消灯。こうせいが

「こうせいとアオちゃんはねえねとヤンに挟まれているね~」と言ったら、夫が、

「そうだけど、ヤンだけ別のベッドだよ。寂しいなあ、こうせい、こっちにこない?」

こうせい、ちょっと考えて、
「いいよ!!」と、私達が寝ていたダブルベッドから抜け出して、夫のベッドにもぐりこんだ。

そのうち寂しくなって戻ってくるさとタカをくくっていたら、一向にこない~。

アオが寝たので、アオを窓際にして、こうせいのベッドを隔てた横に行き。

「・・なんだかこうせいがいないと、寂しいなあ。こっちに戻ってこない?」

夫に「子離れできてない!」と呆れられながらも誘った私に、

「ネエネにはアオちゃんがいるでしょ!男同士ボクはこっちで寝る!」

ショック!母、ショック・・・。

「ネエネにはアオちゃんがいる」って言葉も、切なかったけど・・。

こうやって少しずつ少しずつ母離れしていくんだね。私のほうが耐えられるかしら。平気なふりして受け入れていかないといけないんですよね、判っているけど思ったよりも難しいかも・・。

でも、朝起きたら、幼稚園前のご恒例、シクシクモードで、私に抱きついてきました。
いつもなら怒っちゃうけど、今回は愛しかった。

幼稚園に行く時間が近づいてくるにつれて、大泣きになって、バスに乗るところでピーク。
赤ちゃん返りは確実です。

アオちゃんがいて、幼稚園に行けば私は居なくて、今までのように泣きたいときに好きなだけ私に甘えてダッコされて泣けなくなったから。
幼稚園前の泣きはその発散だったとしたら、大いに泣かせてあげないといけないのかも。

よし!朝の泣き、怒らずに見守ろう!と再決心した母でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 01, 2007

ヤン~~!!!(泣)

夫の会社に金融庁の検査が入った。

夫は窓口部署にいるので、いきなり深夜帰宅。
昨日も10時過ぎに帰宅。
朝も早い。
今週の金曜日に夫とこうせいを休ませて、厄除け豆まきに名古屋に帰省する筈だった計画もボツ。土曜日に一泊でも行けるといいけど。

なので、三日間夫とすれ違っているこうせいは、非常にサビシイらしく、おとといも昨日も「やんは?やんと遊びたい。やんに会いたい」と、うるさい。

日中は私の仕事が今は忙しいので、実家にいて、従兄弟の坊や達と遊んだり、母や弟に相手してもらっているけれど、こうせい的には「夜はヤンと遊ぶ」ものらしい。

で、今朝。早起きしたこうせいは久しぶりにやんに対面。

普段は照れて抱きつくことなんてないのに、(蹴っ飛ばしたり取っ組み合いの喧嘩で組み手はとるけど)走り寄って抱きついて、しかも泣いていました~。寂しかったんだね。。

帰宅が遅いって、サラリーマンにとっては仕様がないことで当たり前のことかもしれないけど、でも、こうせいの
「夜は父親は家にいて遊んでくれるもの」っていう感覚、大事にしてあげたいです。

だから、早く去ってくれ~金融庁!!!早く子育て部隊に復帰してくれ~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 28, 2007

アオ坊の似顔絵

クレヨン握ってなにやら描いているこうせいに

「アオちゃん描いてよ」

と言ったら、描いてくれました。

決して上手くないけど大好きな絵です。

Dscf0307_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おじさんたくさん

今日は、弟がマグロを取り寄せたと言うので、またしても実家で「手巻き寿司パーティ」。

ホンマグロの中トロは美味しいです~。
私も、小田急ハルクのお魚屋さんでぶりやらホタテやら。

こうせい用のイクラや甘エビ、など。

こうせいは、イクラの手巻きが気に入ったらしく、自分で巻き巻きして食べていた。

この美味しいものパーティには、我々兄弟の従兄弟、「ヤスオオジサン」も常連で参加。

今回は「KIHACHI」のケーキを持ってきてくれました。
これが、甘くなく、とっても美味しかった。

このパーティの発起人の弟は、酷い二日酔いで一つも食べられず。しかも、お仕事があって、ボロボロ。

こうせいは「ヤスオオジサン」にすっかり懐いて、「ねえねえ、ヤスオオジサーン、ババヌキしようよ~、しりとりしようよ~」

ヤスオオジサンは、苦笑いをしながら付き合ってくれる。

途中で弟は仕事、夫はプールに泳ぎに行ったけれど、その間、こうせいはヤスオオジサンと遊んだり、字を書いたり。夕食は、ヤスオオジサンが懸念の、小滝橋通りの「もちもちの木」。

ここのスープは冷めない!器がいいのか、汁が多いからなのか、工夫してるのか。麺もスープに絡んで美味しいし、子供連れでも入りやすいし、また行きそうな予感です。こうせいも爆食。
その後、マンションの近くのローソンで、夫とヤスオオジサンとこうせいは「ムシキング」をやって解散。

男の子には、大きくなる過程で、父親以外で自分の人生について相談したり、頼れる男性はいるとよいと言うけれど、こうせいは、そういう意味では凄く恵まれていると思う。

今度引っ越すマンションの近くの従兄弟の坊や二人はまるで兄弟のようだし、彼らのパパも「三人仲良くするんだぞ」と、可愛がってくれる。マンションの裏の実家では会社をやっている弟が戦い要員でいるし、夫の妹のだんな様も会えば自分の子供のようにこうせい叱ったり遊んだり。岐阜の私の弟もいじめ可愛がりをするし。

こうせいや、あなたは幸せなんですよ!家ではおとうちゃまが存分に相手をしてくれるし、周りにも沢山構ってくれる人がいて。だから、このつながりを大人になったら大切に出来る人間になりますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベビーアインシュタイン

こうせいの出産祝いに、このブログも見てくださっている湧ママさんから頂いた、ベビーアインシュタインシリーズ。

ベビーアインシュタイン

こうせいは、CDもビデオもとても気に入って、私は全巻揃えて繰り返し見せていた。
まさに、「忙しいときはベビーアインシュタイン」という感じ。

アオちゃんはどうだろうかと思い、でも、試しに見せたら。
じっと見てる。

30分、終わるまで、テレビの前で身動きもせず。

特に好きなのは'neighborhood animals'。

こうせいも動物、草木がダイスキだけれど、アオちゃんもそうなるかな~。

最近、起きてる時は「ワーワーキャーキャー、カマッテカマッテ~、ダッコしてくれ~」のアオ坊。
これで放置できる時間が増えました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 13, 2007

アオの初節句

今年の三月はアオの初節句。

女の子だし、できればお嫁に行くときに持っていけるもの、と思って、スペインリヤドロのお雛様を考えていた。

お内裏様とお雛様だけで場所を取らないし、何よりもとっても美しい。

でも、出してくれるのは両親達。ちょっと二つで20万超えは高いよなあ・・・と思っていたら。

今日、義父から電話があって、「リヤドロのお雛様なんていいんじゃないかと思って・・・」とのこと。

わーーーーい!もう願ったり、なので声が弾んでしまいました。
ネットで買うほうが安いので、購入して置くように、といわれ喜んだのもつかの間。

ないんです~。取り寄せになるらしいですが、お節句に間に合うか微妙、とのこと。

ううむ。どうしよう・・・・。でも、もう心はリヤドロ雛なので、他を探す気にはならないし~。

正規の値段のデパートも馬鹿らしいしなあ・・・・。賭けに出て予約をするかなあ。
悩んでます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 12, 2007

アイドル・アオ。そのほっぺは・・

久々に生まれた赤ちゃん、アオ。

こうせいと夫の心ばかりか、隣の従兄弟のボウヤ二人の心もゲット。

そして会う度に、チューの嵐。

「口にはしないで~ほっぺね~」というので、ちゅっちゅっちゅーーーー。

こうせいも負けずにちゅうううううううう。

その結果。

ほっぺが荒れてしまいました。かさかさ~。
乾燥してるのもあるんだけど、皆お餅やら、お菓子やらベトベトのお口でちゅうだから、凄いことに。

アオはちゅうされるとにっこりするのでいいんだけど、ほっぺはほおっておけない。
で、クリームをぬりぬり。

アオや、こうやって色んなバイキンに接して君は強くなっていくんだね。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 22, 2006

甘えん坊アオ

最近自己主張が強くなったアオ。

弟の事務所に隣接している実家のリビングのソファーで寝ているのだが、人恋しくなると「ウーキャー、ワー」と永遠にやっている。

弟は怒らないけれど、バイトの人もいるので、母がダッコする。そうするとご機嫌。

寝ているときも、今はダブルベッドにこうせいとアオと私で寝ているのだが、自分が真ん中じゃないと怒る。
こうせいは本当は私とくっついて寝たいのだけど、アオが泣くので

「いいよ、ボクは一人で寝られるもん!」と、私が手だけでもつなごうとしても「いいよ!」と言って寝るので、これまた不憫でアオが寝付いた頃を見計らって私が真ん中に移動してこうせいを抱くようにして眠る。

暖かいんですよね~子供って。

が、朝、端っこに追いやられ、私が背を向けていると知ったアオは私のパジャマを引っ張って「ウーワーキャー!!」

こうせい、「仕様がないな~アオちゃん真ん中に来たいんだって」。と移動させてくれようとする。

なんというか情緒が出てきて。
声(だけ)は、か弱く高くて女の子。これで毛が生えてピンクが似合うようになると完全に女の子なんだけどな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 17, 2006

お食い初め

今日はアオのお食い初め兼少し早いクリスマスパーティ。

弟は、土佐のホンマグロ。従兄弟は九十九里の無添加新鮮なマイワシの野菜漬け。
私は、探しに探して、鴨のロースト、オレンジとにんにく添え。

この鴨のロースト、ほんとに何処にもなかった。デパートを探しに探して。しかもオレンジは皮ごと添えるので、国産無農薬のオレンジを買ったら、630円。ありえない~!!!!

で、アオに一張羅のピンクのフリフリ洋服を着せて夫と二人で絶句する。

・・・・・似合わない・・・・・。

エレベーターで一緒になった人たちに、「今日はお食い初めなので、ピンクを着せたのですが全く似合いません」と言ったら、「ハハハハ」と笑っただけだった。やはり似合わないのね・・。

実家の母も、じいっとアオを見て。
「新年会は、ピンクは止めなさい」

普通の、こうせいのお下がりが一番似合う可愛そうなアオだ。

で、ホンマグロにイワシの野菜漬け、鴨、母自慢のオデン、叔母差し入れのデザート、という、外食したら一人1万はするぞ!という豪勢な宴を楽しみ解散。

手作りパーティも楽しいです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 15, 2006

負けず嫌い

私が運転免許の更新の間に発熱したこうせい。

寝てしまって、起きたときに私がいなくて不安だったらしいが泣くのをぐっとガマンしていた、とのこと。

母が見えなくなると、ポロリと泣いて涙をぬぐって。母が「どうしたの?」と近づくと無理に笑って
「何でもない」。

私が戻ると、熱で真っ赤な顔をしてポロポロと泣いた。
ぎゅっと抱きしめた。

寂しい涙はもう、私の前以外では流したくないんだろうな。

今に私の前でも泣かなくなるんだろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 06, 2006

三ヶ月目のアオ

首が大分座ってきた。
ジムを手に届くところに置いておくと、揺らして遊ぶようにもなった。

お話がダイスキ。「ウーウー、ワー」と、ご機嫌なときは絶え間なく話している。

「アーオーちゃん!」と話しかけるとにっこり笑う。歌を歌うと声を出して笑うことも。

最近、甘え泣き多し。皆でワイワイしていると、「私を抱いてえ」といわんばかりに泣く。
特に、食事の用意をして、皆でテーブルに座って食べようとする瞬間に、泣く。

泣くといえば、ついに哺乳瓶を拒否するように。私が仕事の間に実家の母に哺乳瓶で搾乳したものをあげてもらっているのだけど、足で母に蹴りを入れて、腕を振り回して哺乳瓶を叩き落したらしい。
うーむ。これじゃ、長時間の仕事は無理かな~。。困った。

夫はムスメにベッタリだ。こうせいも、ぞっこん。

このまま元気で育ってね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 02, 2006

おめでとう!

今日はこうせいの4歳の誕生日。
おめでとう!おめでとう!!

今年は「今日は自分の誕生日で4歳になった!」と判ったみたいで、本人も嬉しそう。

私が午前二時間仕事だったので、午後亀戸のトイザラスへ。

ムシキングのおもちゃを買いました。

その後、夫の懸案案件、神田にあるフルーツパーラー「万惣」へホットケーキを食べに行く。

美味しかったです~!お腹の調子のいまいちなこうせいも「おいしい~」と、シロップもかけずに食べている。

良いところを教えてもらいました。今度昼間も行きたいなあ。名古屋の家族も喜びそうなので、今度来たら是非連れて行ってあげたい。

何のことは無い誕生日だったけど、病気続き、病み上がりの体では、こういう平凡でも健康な一日が凄くありがたく楽しい。

いい誕生日でした。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Nov 25, 2006

おばか

こうせいがいきなり

「鼻血でた~」

びっくりして理由を聞いたら、弟の石垣島土産のサンゴを鼻の中に入れたらしい。
取り出そうとして、割れたのだろう。

机の上は、粉々になったサンゴが散乱していた。

オバカだなあ~。確かに、鼻に入れやすそうなサンゴだったけど。
これで、こうせいは「鼻の中にサンゴをいれちゃいけない」ということを学んだだろう。

しかし情けないです・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 21, 2006

こうせいについて

最近ますます腕白なこうせい。

それに比例して、私も怒る機会が増えてしまう。

怒った後、しゅんとするので、幼稚園から戻ってくると「今日は怒るまい!」と心に決めるのだけど、一時間もしないうちに、決意はガラガラと崩れてしまう。

だって、悪いんです。悪気は無いんだけど。特に、アオがらみだと、アオに危険が及ぶので、叱るのも大声になってしまう。

ゴミバコを持ってアオに突進していく。首だけ持って、抱きかかえようとする。手伝おうとすると「自分でやる!!」
ジュースをコップに自分で注ぐと言って、無理だからというのに、コップ一杯注いで、溢れてテーブルをビショビショにしたり。果物が沢山入っている買い物袋を持とうとしたり。
そう、自分で出来ないのに、「自分でやる」と言い張り失敗して私に怒られるんだな。

幼稚園の後は手洗い、うがい!も守らず、汚いまま、アオの布団にもぐりこんで、顔を触ろうとするし。
トイレの後もしかり。

この間なんて、寝ているアオにいきなり大声をだして突進して、パニックを起こしたアオは1時間泣き止まなかった。

そんなこんなで、いつも叱られているこうせい。先日、私がパソコンに向かっていると、背中にしがみついてきた。
?と思ってそのままにしていると、しくしく泣いている。

「ねえねが怒って、さびしいの・・・・」

ごめんね。と、切なくなりました。
思い切りダッコしてあげて、落ち着いたけれど。

考えたらこの1週間、夫が酷い風邪を引いているので、アオの面倒が見られない。
夜寝るときは私と二人でお布団に入り、ぺったりとして眠るのに、今はアオが添え乳なので、真ん中にアオがいる状態。

こうせいなりに色々ガマンしているのです。私も少しくらいのことは多めに見て、思い切り可愛がらなきゃ。。と思いながら、今日も戻ったら怒ってるんでしょう・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 31, 2006

仲間意識

こうせいは時々、幼稚園の名簿を読んでくれ、という。

今日も持ってきて、「よんで」。

なので、年少さんから名前を順番に読み上げる。そうしたら。
ある男の子の名前のところで、

「あ、この子はなおきくんの仲間だ!」。

仲間?こうせいがどういう定義で「仲間」という言葉を用いたのか興味深かった。

それで、年長ハトコくんの名前を読み上げると、またまたこうせい、「あ、にいに!ボクの仲間だ!」。

「アヒル組のこうせいの仲間は誰?」と私。ちょっと考えて、こうせい、
「うーんと、、、しょうたくん!」

いつもシールの交換をしているお友達です。

「仲間」と「仲間じゃない単なる友達」、区別して接し方を変えているんだろうな、という気がした。確かに、しょうたくんには、じゃれてスキンシップを図ろうとするけれど、恐らくこうせいが「仲間」と認識していない「なおきくん」には
じゃれることはしなかった。

まだまだ社会性が未熟で、友達との接し方も下手くそだと思っていたが、ちょっとずつちょっとずつ、学んでいる様子。安心しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 30, 2006

はとこと遊ぶ

先週の金曜日、そして、今日、こうせいの憧れのお兄ちゃん達が遊びに来てくれた。

こうせいは、もう、大興奮。
金曜日は、家でずっと遊んだ。皆でウルトラマンごっこをしたり、ムシキングのゲームをやったり。

三人がいつも一緒に遊んでいるかといえば、そんなことはなく。でも、一緒の空間を共有している、というのはそれだけで楽しいらしい。

今日も、3時から遊んだ。途中で、遊び場で思い切り走らせて、体力消耗。年長はとこと相撲をとらせるものの、相手にならず、投げ飛ばされる。でも、嬉しそうに向かっていくこうせい。

この年長はとこくん、本当に強いです。小学校三年のお兄ちゃんと相撲をとって互角。いや、互角以上かも。だって、お兄ちゃんと組み合っているとき、こうせいが後ろからこの年長ハトコくんにしがみついて倒そうとした。

私はこうせいに「今はにいに同士が戦ってるから、だめ!」と言ったと同時に、年長ハトコ、お兄ちゃんを投げ飛ばして、こうせいも投げ飛ばした。素晴らしいです。幼稚園でモテモテのはずです。
こうせいにもこんなに強くなって欲しいです。

一通り暴れて、お次はムシキングのゲーム。皆二回、と決めて順番にやる。といっても、こうせいは、お金を入れてカードが出てくるまでは勢いが良いのだけど、いざゲームが始まると、小3ハトコくんに「やって~、怖い」

それで、皆でゲームを終えて、バナナを食べて(こうせいは大二本、年長ハトコ君は三本!食べました)、再び家へ。ちょっと遊んでお開き。

この日もこうせいは9時にこてん、でした。楽しいんだろうなあ。こういう機会を、もっと作ってあげたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 29, 2006

親の口真似

こうせいは、遊びたいときも、何か食べたいときも、自分がしたいことは待ったなし。

まだ三歳だから仕様が無いと思いつつも、私も家事の真っ最中だったり、アオにお乳をあげていたりしてどうしても「待っててね」という機会が増えてしまう。

でも、待たずに何度も何度も催促されるとつい、声が大きくなって

「待ってと言ったら待つ!!ねえねは忙しくて出来ないから待ってっていってるんだから。お仕事が終わればちゃんとやってあげるんだから、待ってて!!!」

最近は、2,3度「待って」というと、諦めて待っててくれたんだけど・・。

先日高校時代の友人が出産祝いを届けがてら、アオの顔を見に来てくれて。
凄くキレイな人なので、こうせいもベッタリ。長時間遊んでもらったのに、帰るときになったらレゴに夢中になって見送りにもいかない。

友人は「いいよ!」と言ってくれたけど、ここはけじめなので、ちゃんと帰りの挨拶をさせたいので、こうせいに
「こうせい、お姉ちゃん帰っちゃうよ!さよなら言わなきゃ」

「待って!今レゴやってるの!」と、こうせい。

「そんなことしてたら、お姉ちゃん帰っちゃうから。早くして!」

そしたら、こうせい。「待ってと言われたら待つ!」

と言い放ちました。

夫も本屋さんでこうせいが本を物色している時に「行くぞ~」と何度も言ったら、言われたらしい。

生意気~。使うケースが違う!!

食事のときも箸も口も動かさずにおしゃべりに夢中になるので、「食べてるときは話さない、遊ばない」と言っているので、私が夫と話をすると

「食事中は話さないの!」といわれてしまう。

違うんだけどな~。どう、説明していいのか難しいんだけど。こうせいのお喋りは食事が進まないから注意しているわけで。でも、こうせいにはそのさじ加減を伝えるのは中々難しいです。

それにしても。。。私がこうせいを叱る、注意する言葉を真似るとは・・・。大人になったな~。
不条理な、変な叱り方は今後は出来ないです・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 23, 2006

エディプス・コンプレックスもどき?

赤ちゃん返りも含まれているんだろうけど、こうせいの「母親大好き病」が重症化している。

前にも増してべったりで、人前もはばからずチューをしまくる。こっちが恥ずかしくなるくらい。
そして、最近、その反動か父親に酷い仕打ちをする。

私と夫とこうせいで家にいると、何かにつけて私の傍に寄ってきて、家事に追われている私を見かねて夫が
「こうせい、レゴで遊ぼうよ」とか言っても、
「やんとは遊ばない!!ねえねとやるの!!」とか、
「もう、こんなことしないで!」とか、自分が作った折り紙の作品を、「見て見て~凄い?」というので、夫が「どれどれ、みせて!」と言っても、
「やだあ!ねえねに見せるの!」。

むしゃくしゃすると、叩くし。夫はやり返してるけど。

さすがに目に余るので寝かしつけるときに聞いてみた。
「こうせい、なんで、やんにあんなに酷いことするの?いっつも遊んでもらっているのに。そんな酷いと、やんはおうちに帰って来なくなっちゃうよ。そうしたら、もう外でも遊んでもらえなくなっちゃうかもよ」

というと、涙声で、「だって・・・・やん、意地悪するんだもん・・・。パソコンやってるとお尻をぷすってしたし・・」

確かに、ちょこちょこちょっかいをかけているかも。しかも、私のように無条件で褒めたりしないんだな、やんさんは。ちょっとケチ付けてみたり、ムツカシイ、こうせいが答えられないようなことを聞いてみたり。負けずキライなこうせいは答えられないことを聞かれたり出来ないことを言われるのがダイッキライ。プライドを崩されるのがイヤなんですね。

二人でお出かけしたり、外で遊ぶときは夫にものすごく従順らしい。夫が出張のときなんて涙声で「やんに会いたい、やんに帰って来るように電話してよ」と訴えるのに。
それで仕様がなく夫の携帯の留守電に吹き込んだ涙ながらのこうせいの「帰って来てメッセージ」を夫は今も大事に保存している。こうせいは聞かせると大照れに照れて嫌がるけど。

結局「家で三人でいる」と、へんてこなことになるのだ。

夫が余裕で構えているので安心ですが、これが継子とかだったら憎たらしくて虐待したくなるんじゃないかと思います。決してしてはいけないことだけどね。
夫曰く。「エディプスコンプレックスみたいなもんだよ。」そうかも。実家の弟にも、酷い仕打ちをするし。弟は百倍くらいにしてやり返してるけど。

子供はある時期、異性の親に愛されたいと思うらしい。異性の親を好きで好きでたまらなくなる時期があるのだそうだ。が、そこには恋敵がいる。それが父親というわけです。
こういう心理状態だと、父親は邪魔者であり。母親を取ってしまう父親は憎らしい存在。でも、大好きなお父さんを憎んじゃいけない。この葛藤がエディプスコンプレックスの始まりだそうです。

そして、このへんてこな三角関係、葛藤の中で子供は人間関係や恋愛のパターンを作っていくのだとか。
そして、これは文章の引用ですが、

「一般的にエディプスコンプレックスの勝者、お母さんをお父さんから取ってしまった、お父さんより自分の方をお母さんが愛してくれたと思っているほうは、大好きなお父さんからお母さんを取ってしまったという罪の意識、罪悪感を覚えます。
お父さんから取ってしまったという罪悪感、罪の意識から取り返されるんじゃないかという恐れが恋愛においてでてきます。

反対にお父さんにお母さんを取られてしまった方は、自分が愛される価値がないんだと無価値感を覚えます。
敗者の自分は愛されないんだという無価値感や、取られたという経験から、恋愛において取られてしまうんじゃないかという恐れができます。
このことから相手を遠い存在、距離をおきたがる傾向もあります。」

どっちに転んでも、不幸な恋愛じゃない!と思いますが、これは深層心理の傾向の話なんでしょう。

今のこうせいの心は、母親をアオや夫に取られる!という不安が強いんだろうな。アオにはしつこいくらいに優しいんだけれども。

長い目で見守ってあげるしかなさそうです。二人の時間を出来る限りつくって。

でも、アオは今度は逆になるのかな。それもまた怖いです・・・。

それにしても、エディプスコンプレックスの語源になった「エディプス王」のお話・・かなりドロドロしています・・。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

レゴ中級セット

こうせいがはじめてLEGOを手にしたのは、2歳のときだった。

義母に買って貰ったデュプロの動物園シリーズ

が、最初はあまり遊ばず。段々ちょっとずつ自分で作るようになって、今では一番遊んでいる頻度が高い。飛行機や、基地や船みたいなものを作って、上手に出来ると自慢げに見せに来る。以前は底の部分の安定感を無視した作りで、グラグラしてすぐ壊れるたびに「なんで~?なんで壊れちゃうの!」と、悔しくて泣きそうになるので、
「底の部分を広くしたら安定感が出るのよ」と教えると、納得したらしくて、底を広くしては、「見て~!安定感あるでしょ!」と自慢げに見せに来る。

それで、もうちょっと細かいのをやらせてみたいな~と思い。先日トイザラスに行った時に、基本ブロックセット中級編を購入。

これは、大人がやってもとっても楽しい!!プロペラやタイヤ、お花や木のブロックなどが入っていて、何でも作ることが出来ます。私の方が夢中になってしまいそう。

でも、ブロックの大きさが1/8になってしまうので、大きいものを作りたいこうせいはちょっと不満らしくて。
しかも、大分器用になってきてると思っていたけど、小さいブロックを組み立てるのは大人が思うよりもずっとずっと難しいらしい。中々上手に出来ずにイライラすることもしばしば。

でもLEGOの優れている点は、デュプロの大きなブロックとこの中級編の小さなブロックも混ぜて遊ぶことが出来るところ!なので少しずつ小さなブロックに慣れてもらおうと思います。

ああ、ほんとにどんどん増えていくなあ、、おもちゃ。って買っているのは9割がた私ですが。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 22, 2006

典型的な家族の週末

夫の体調もいまいちなので、
今日も午前中、夫とこうせいは近くの遊び場で二時間みっちり遊び、午後は、私が錦糸町か亀戸の大型スーパーまで遠出してこうせいを連れて行こうとしたら、夫が珍しく一緒に行ってくれるという。

なので、昼食後行ってきました。亀戸のサンストリート

トイザラスや外の広場も遊具があってこうせいは楽しめた様子。
でも、前と違うのは、以前はトイザラスに行くと、おもちゃで遊んでいたのが、今はムシキングのゲーム機でゲームをやったり、お兄ちゃんがやってるのをじっとみたりしている。
どんどん変わっていくなあ・・。

私はアオのオムツや冬物をちょこと購入。そしてレゴのおもちゃも。

途中で雨が降ってきたのでシズラーという、ちょっと高級なファミリーレストランでお茶。こういうところは、ドリンクバーになっていて幾らでも飲める。でも、そんなに飲めるものではないですね~。
こうせいはキッズバー610円。でも、これで、大人だと1890円もするサラダバーバイキングと同じ種類をとり放題なのでお得です。周りを見回したら、皆キッズバーを頼んでいて、「子供がこんなに食べないだろう~」というくらい、残骸やお皿が散乱していた。

私も何しろ授乳中。お腹が猛烈にすきます。で、おばさん化(ってもう、おばさんだけど)して、「こうせい、食べなさい~」と言いながら自分が食べてました。

夕方帰宅。夕食は秋刀魚。こうせいは早々に撃沈。

子供がいなかったときは、絶対にしようとは思わなかった休日の過ごし方でした。でも、家族で過ごせば、これもまた楽しからずや、でした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 18, 2006

beenaについて

最近、何人かのママ友達から「ビーナってどう?」という質問をされたので、感想を少し。

本体はソフトをセットするところと、上下左右の色つきボタンと赤い「enter」機能を持つボタン。そして、ペンとペンを操作するボード。単純です。
操作性はパソコンに慣れているとちょっと不便に感じる。特に、ヒラガナの練習でペンでなぞるような機能もあるけれど、この「ペンでなぞる」のが。大人の私でもお手本どおりになぞれません。

最初のうちはソフトもゲーム感覚のものが多かったのですが、ここにきて、保育園で導入されはじめて、「知育物」が増えてきた。私もゲーム用にビーナを購入したのですがせっかく買ったので、ちょっとお勉強に使ってみたいと思っています。

うちが持っているのは、(買った順)

ビーナ専用ソフトゲームがいっぱいきかんしゃトーマス

殆どゲーム。買わなくても良かったかな、という感じですが、線路を自由に組み合わせて、街を作り、そこで沢山の機関車を走らせられる。こうせいはこれが凄く気に入っています。


Beena(ビーナ) ソフト それいけ!アンパンマン はじめてかけたよ おぼえたよ ひらがな・カタカ...

これは、右、とか左、前、など音声にしたがって落し物を探すことで、左や右といった方向をあらわす言葉を学ぶものや、ヒラガナを当てたり、先ほども書いた、文字をなぞる、メールを書く、などがあります。あとは、塗り絵や自由に絵が描ける場面も。


ビーナ専用ソフト食育シリーズ(1) それいけ!アンパンマンすききらいないこ げんきなこ!

買ったソフトの中で凄いオススメ。畑で野菜がどんな形で埋まっているのか、とか、トマトが嫌いなバイキンマンのために、煮る、炒める、ミキサーにかけるなどの調理法を自分で選んで料理してバイキンマンに食べてもらうゲームとか、沢山の食べ物があって、その中からチョイスして自分で食べ物を盛り付けたり、サンドイッチを作ったりと、こうせいもこれが一番スキです。


ビーナ(Beena)ソフト甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ みんなでたんけん!甲虫の森

最新で買ったもの。あらゆるムシがどんなところにいるのか、どういう生態かを学べます。ムシ同士の戦いもあって、ゲーム感覚満載。


そして以下が今後欲しいソフト。

ビーナ専用ソフトそれいけ!アンパンマンカードスキャンでたのしく♪ABC

【御予約特典送料399円!!】(離島除く)にほんごであそぼ(Beena・ビーナ)8月上旬発売御予約品

【御予約特典送料399円!!】(離島除く)甲虫王者ムシキングネブ博士とかず・かたちにチャレンジ...


遊び方は無限にあるけれど、子供が好んで遊ぶページはどのソフトも限られてきます。三歳だと、特に難しいことが出来ないので、これから大きくなるにしたがってまだまだ遊べるかな?という感じ。でもその頃にはDSとかやっていそうな気もしないでもないけれど・・。

最近、パソコンで勉強を出来る教材にも惹かれています。「マルチメディア学習システム天神」。
こうせいは、パソコンが好きだしかなり操作できるようになっているので楽しいかも、です。こうやってどんどん増えていくんだな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 17, 2006

お友達との距離

以前から気になっていた、こうせいの友達との接し方。

というより、幼稚園でも友達がいないんじゃないかという懸念。
運動会でちょっと判った感じがした。

友達と関わっているところを観察していたのだが、距離のとり方が下手なようだ。
一緒に遊びたいとき、「遊ぼう!」とか言葉で伝える前に、いきなり友達の手を掴んで引っ張りよせてしまったり。強引過ぎて、友達が引いてしまっている感じだった。しつこいし。

三人とか四人で群れて遊んでいるお友達の中にも中々入っていけない。遊びたそうに眺めていて、結局輪には加わらずに一人で遊んでいる。

はとこたちとは、本当に嬉しそうに遊んでいるので、なんだか歯がゆい。「かけっこしようよ!!」とか、きちんと働きかけることが出来るし。もっともこうせいにベタベタされてもはとこたちは嫌な顔一つしないで付き合ってくれるので、こうせいも言いやすいのだろう。

以前はもっと働きかけをしていたように思うのだけど・・。
今日も家の近くの広場に行ったら顔見知りの男の子達が遊んでいて。その子供達が四人で遊んでいたら、こうせいは声をかけるでもなく、一人で遊んでいた。

そういうのを見ると不安になるけれど、でも親が口を出すことではないし。こういう経験を経てきっと友達との関わり方を学んでいくと信じて見守るしかないのだろうなあ。

色々な人にも「心配ない」と言われているけれど。
夫にも「何もかも完璧な子供なんているわけないじゃないか!そのために親はいるんだから」と叱られたけど。それでもウジウジと心配をする過保護母でありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 13, 2006

大失敗!

金曜日の今日はパン給食の日。

こうせいは、給食の中ではパン給食が好きなので、「美味しいといいね~、なんだろうね~」と送り出した。
ここで、献立表を確認すればよかったんです・・。

今日は家事をしながら借りてきたDVDの「海猿」を見たりして。アオは、比較的良く寝てくれたし平穏な時間を過ごしていた。

2時半頃、電話。幼稚園の担任の先生から。

「あの~、、今日は運動会の準備の都合で給食は無くてお弁当だったんです。園便りでお知らせしていたのですが。それで、こうせいくん、お弁当の時間になって自分だけ無くて泣きそうになって。でも、皆に一品ずつ分けてもらって結構豪勢になったので結局泣かないで食べていました。」

「あの~他に忘れた人は・・」と私。
「いえっ、あの、こうせいくんだけで・・」と申し訳なさそうな先生。

ひえええええええ!!!!!こっちが泣きそうになりました。あまりにも不憫で。
3時。こうせいがバスから降りるや否や抱きしめて謝った。
「ごめんねえ、ごめん!ねえねも見落としていたの。許してね~アイス買ってあげるから(←これは余計でした)!」

「ううん、いいよ。皆が色々くれたの。たつきくんは人参くれたし」
と、誰が何をくれたか教えてくれた。

で、近くのコンビニエンスストアにせっせと歩いていき、いつもは一つしかアイスを買わないのに何個も買いました。そして、帰り道。「ねえね、でも、もう忘れないでね。」

良く聞くと、弁当が無いと判った瞬間、泣いたらしい。ああ、可愛そうなことをした。

そして今日、寝るとき。「ねえね、明日はお弁当ないか、先生に電話して確認して。」
信用を失った母親でした。

今週末の運動会。アオと実家の母も来るので美味しいランチを作って名誉挽回しないといけません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

疲れてます

今週末は運動会。

その練習がハードなのか、こうせいは夜になるとぐったりしている。機嫌もちょっと悪いし。

オチンチンの先が痛いとか、口の中が痛いとか確かにちょっと荒れている感じなので体力が無くて抵抗力が弱っているのかもしれない。

最近頑張って幼稚園に元気に行っているので、ご褒美じゃないけれど、バスに乗せずに私が迎えに行くことにした。園での様子を見たかったし。その後痒がるのでオチンチンの病院にも行くことに。

相変わらず、園では優等生。お帰りの支度が遅い子供が先生に「早くしなさーい」と言われていたら、こうせいがすかさず寄って行って手伝っていた。
その坊やは私の顔を見つけると嬉しそうに寄ってきた。こうせいは私を見ても脇目も振らずにその子の荷物を片付けているのに。

先生の言うこともきっちり聞くし。はっきり言ってまじめすぎ。真面目過ぎます。誰に似たのか。間違いなく私の家系じゃない。うちの家系はもうちょっとおちゃらけている。
帰ろうとすると、はとこ達が、泥遊びをしていた。それに参加して遊んだこうせい。オチンチンの病院に行くはずが
「アイスを食べて公園に行く!病院に行かない!」というので、病院はやめた。

先日も実家の母とこうせいと三人でタカシマヤに行ったとき、嬉しそうだったけれど、今回も大人を独り占めできて嬉しそうだった。
今のところ、お兄ちゃん業も優等生だから、こうやって赤ちゃんに返って肩の力を抜くのもいいよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 12, 2006

初おねしょ

やられました。おねしょ・・。

夜中に何度か熱を出してないか、布団をはいでないか確認するのだけど。

昨夜もこうせいの額を触って熱がないのを確認して、布団は、とお腹の部分を触ると。
つ、つめたーい!!!

いっぺんに目が覚めた~。飛び起きて電気をつける。見たらおおおねしょ。
洋服は勿論、足に挟んでいた布団も下のシーツも。おねしょぱっどをしておいて良かった。アオもグズグズ言い出したので、夫を起こして手伝ってもらう。こうせいは着替えている間もシーツを替えている間も一度も起きることなく。

自分でもらしたことが判るのが一番効果的なんだけど。
案の定、朝
「昨夜、かんちゃん、おねしょしたんだよ。ねえねもやんも大変だったんだよ」と言ったけれどピンとこなかったみたい。寝る前に果物を食べ過ぎたかな。

まあ、これからもあることでしょうが。ゆっくり見守っていきたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 11, 2006

しつこいのは・・

赤ちゃん返りをするどころか、アオ坊の世話を異様にしたがるこうせい。
これも赤ちゃん返りの一種だとは思いますが・・。

アオにお乳をあげていると、飲みやすいようにパイパイをわしづかみし、ぎゅーっと絞っている。アオは口の中がお乳で一杯になってむせてパイパイを放してしまう。

洗面所でアオをお風呂に入れれば、すかさず寄って来て熱湯の方の蛇口をひねろうとするし。

先週から私とこうせいとアオの三人で湯船に浸かっているのだけど、「自分が抱く~」というので抱かせたら、
片方の耳がお湯に浸かっているし。

チュッチュッとキスをしまくるし。

極めつけは、私が家事をしていてアオがベッドで大泣きをしているとき。
「ボクが見てくる~」というので任せて影でこっそり見ていたら。

まず、ガラガラであやしていた。アオの耳元で思い切りガラガラを振るので凄い音。案の定アオは泣き止まない。
次は抱きしめ作戦。力の加減がわからないので、アオは変形してしまい、苦しいので更に泣く。

次は聞いている。「アオちゃん、怖い夢でも見たの?」アオ坊にとってはこうせいの存在が悪夢かも・・。

そして「パイパイ?」と聞くとおもむろに自分のシャツをまくりあげ、アオに飲ませようとする。私の添え乳の真似。
が、パイパイが小さいので殆どアオを押しつぶしていた。

もう、真っ赤な顔をして、声も出ないくらい大泣きのアオ坊。「なんで泣き止まないんだろ・・」とつぶやくこうせい。

アオには申し訳なかったんだけど、面白いのでずっと観察してしまいました。

でも、よく考えると、上記の行為、全て私がこうせいに対してしてきたものだ。可愛くて可愛くて沢山ちゅっちゅっしたし、(お陰でこうせいに虫歯菌がうつった。きっとピロリ菌もうつっているだろう。ごめんね、こうせい)こうせいが怖い夢を見て泣いたら同じ台詞を言ってぎゅっと抱きしめていた。今でもやっているけど。

こうせいが良かれと思ってアオに私と同じ事をやるということは、それらはこうせいにとって嬉しいことだったんだな、とほっとしました。実家の母や夫からは「しつこーい」と言われていたので。

自分でやっているときはそうは思わなかったけれど、こうせいが私のコピーのようにアオにやっているのを見ていたら、ほんとにしつこかった・・・。

これからもアオはお兄ちゃん被害に沢山あうんだろうなあ。強くなるはずです・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 10, 2006

一ヶ月検診

アオの一ヶ月検診に行ってきた。
私の産後検診も。

すごく時間がかかった。
アオも私も順調。

アオは、体重が2798gから4500g近くになっていた。身長も3cmの伸び。重いわけです。
懸念だった、耳の後ろのあざも様子を見るしかないとのこと。薄くなってくれたらよいけど。レーザー治療という手もあるけれど、耳の後ろは神経やら血管やら大事な組織が多いからあんまりいじりたくないし。

将来のことを今から気にして悩むのは私の悪い癖だから、これ以上気にしないようにするけれど。

1時半の予約で終わったのは四時過ぎ。結構かかりました。
こうせいは今日は実家でお預かり。大好きなはとこと同じバスに乗りご機嫌で帰ってきたらしい。

夕食も実家で頂き、夫には弟が千葉で買ってきた「サババーグ」をお土産にもらった。

このまま健やかに成長してくれたらいいなあ。私も健康でいないとなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

祝!オムツ卒業

こうせいのおむつが完全に取れた。

今までは幼稚園は完全にパンツ、家に戻ると時々の気分によってオムツだったりパンツだったり。
外出時も夫と出かけるときは叱られるのでパンツ。私とお出かけの時はオムツ。寝るときは完全にオムツ。

時々自分でも混乱するらしくて、オムツにオシッコしようとして、「ボクオムツはいてたっけ?」と確認することも。

こうせいのお気に入りのオムツはムーニーだった。
が、先日マミーポコのオムツのキャラクターが可愛かったのでそっちを買ってきた所、使用感が悪いらしく、

「ボク、パンツにするから、オムツはもういい。」

そして残ったマミーポコのオムツを指差して

「これは、アオイちゃんが三歳になったらあげてね。喜ぶかなあ、アオイちゃん。」

喜ぶとは思うけど、、。マミーポコのオムツ、大量にあるのに。かさばるのにあと二年くらい取って置くのか~。

まあ、あれば友達の子供が遊びに来たとき使えるかな。。
お乳の卒業もかなりあっけなかったけれど、オムツの卒業も勝手にしてしまった。なんてラクチン。
アオイちゃんもこの手でいこう・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 09, 2006

アオ坊、銀座デビュー。

連休最終日。

アオ坊は銀座デビューを果たした。

せっかくの連休だが、内覧会やらなんやらで遠出が出来なかったので、最終日くらいランチを贅沢に食べよう!ということになり。常連のインド料理屋デリーへ出かけた。

デリーは私と夫が勤めていた会社の人たちの御用達の場所で、私達も例外ではなく通い詰めた。
今回は、その時に働いていたジェロームというバングラディシュの方も赤坂支店から戻られていて、とても懐かしかった。

頼んだのは、チーフが素材にこだわったという「ザ・スーパーカレーコース」。
全ての料理の素材がとてもよくて、シシカバブにしても、マトンの臭みは全くなし。カレーの軍鶏もエビもジューシーでした。美味しかったです~。食欲の塊の私も夫に負けずに爆食。デザートまで、美味しくいただきました。
今度まねしてみようと思ったのは、クミンをローストして擦り、岩塩と混ぜ合わせたもの。サラダにも良し、シシカバブやサモサにつけて食べたがシンプルで美味しかった。

デリー美味しいなあ。そして何よりも寛げる。席もソファー席で角。なので、こうせいが少しくらい騒いでも大丈夫。
二人で8000円弱。コースはそんなに高くなかったけれど、こうせいように頼んだアラカルトのエビ料理とナンで高くつきました。「美味しい~!」と沢山食べてくれたので良かったですが。

その後日比谷公園でお散歩。出産の内祝いに西武へ。こうせいに新幹線を堪能してもらおうと思い、交通会館の三階にある「屋外庭園」に行くが、こうせいはバギーで寝入って起きなかった。無理やり起こしてちょっと遊んで帰途に着く。ここは、穴場です。私もママ友達に案内していただき知ったところ。

当のアオ坊はというと、食事中も大方静かに寝ており、公園では一度オッパイ。交通会館で大量ウンチ。二人目だと屋外での授乳もオムツ替えも動じません。

昼前に家を出たのに、家に戻ると日が暮れていました。夫も私もぐったり。近場だったのに、小旅行をしたような疲れ方。でも、美味しく楽しいお出かけでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 07, 2006

どういうことなんだろう?

私と外に出かけると、知っている子供がいても私と遊びたがるこうせい。

なのに、夫と遊びにいくと、必ずと言って良いほど「○○君とずっと遊んでいた」と言う。
夫は見守っているだけだという。

私には甘えているんだなと思うけれど。私がいないと食事も自分で食べるのに、私がいると「ねえね、食べしてえ」だから。
甘えてくれるのは嬉しいけれど、ちょっと「私なんかには見向きもしないで夢中で遊んでいる~」と苦笑いをしてみたい。

あ、でも、はとこ兄弟と遊んでいるときは夢中だなあ。夫と遊びに行くときも。

甘えて困るなんていう贅沢な悩みはきっと今だけなんでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 06, 2006

メール

こうせいの最近のブームは携帯メールを父親に打つこと。

おとなしいので何をしているのかと思うとちゃかちゃかと私の携帯を操作して夫にメールを打っている。
受信箱の一番上のメールを表示させて、「返信」を押す。一度友人とやり取りしていたメールが一番上にあったので、友人に送ってしまったことも。焦りました。

そうしておいてメールを打つ。「やんすいかかってきて」とか「やんはやくかえってきて」とか「やんようちえんのふろくつくって」など。「つくって」の小さな「っ(促音)」も時々打てる。

夫のパソコンからは私にメールをうつ。「ねえねあおいちゃんをだいじにしてね」なんて大人っぽいメールも。

パソコンの操作はうちの亡き父や義父を超えました・・・。どころで不思議なこと。こうせいは、ひらがな直接入力をしているのだが、「を」を打とうとすると該当文字がない。夫と二人で探しても、ない。見落としているのだろうか?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 04, 2006

心配事

今日は幼稚園の母の会だった。運動会の参加種目を決めるのがテーマ。

こうせいは降園後、同じ敷地にあるファミリーサポートへ。

全体会が終わって、各クラスで具体的な話をする頃、何人かの生徒がクラス内で遊んでいたので、私もファミリーサポートからこうせいを引きとって、同じ教室内で遊ばせることにした。

ファミリーサポートの部屋に行って見ると・・こうせいは一人で遊んでいた。あれ、お友達と遊ばないのかな、同じクラスの子供も沢山いるのに。

そして教室に戻っても。気のせいかもしれないけれど、こうせいの働きかけをお友達は聞いていない感じ。こうせいは遊んで追いかけごっこをしている数人の友達を遊びたそうに眺めている。でも、こうせいが走っても輪に加わっているわけじゃなく。

えええっ、こうせい、家にいるときみたいに取っ組み合いで大走りをしているんだと思っていたのに~。お友達いないの~?相手にされてないの~?

私は運動会の説明などそっちのけでこうせいを観察。やはり一人で遊んでいることが多い。浮いている感じ。それに、担任の先生の顔色を良く見ている。
幼稚園に泣かずに行くようになったけれど、やっぱり馴染んでないのかな・・

凄く暗くなりました。不憫に思いました。夫にそのことを話す。
夫は自分に似ているという。あのときにクラスにいたお友達は、先生にも抱きついたり甘えたり、しかも言うことを聞かないで怒られても中々言うことを聞かないやんちゃな集団だった。

こうせいは、恐らく自分から先生に抱きついたりというのは無いと思う。「何かしなさい」と言われれば、怒られるのがだいっきらいなので、一番にこなしてしまうタイプ。だから先生にとっては「手のかからない良い子」と思われていて、甘えてもこないのできっと印象が薄いだろう。

やんちゃな集団にとってもそつなくこなす正統派っていうのはあんまりありがたい存在じゃないだろうし。

夫は「中にはこうせいと気の合う友達もいると思うよ」と言っていた。そうだといいけどな。
「僕たちにこうせいが幼稚園で孤立していると思われるのは、こうせい自身いやだとおもうよ」
その通りかも。

朝行くときも、自らカバンをしょって帽子をかぶってバスに乗り込むようになった。こうせいが嫌がらずに行っている間は、SOSを出さないで頑張っている間は親は見守っているしかないのだろうな。

でもそれでもちょっと心配なので、先生に手紙を書いて園での様子を聴いてみることにしました。

でも、でも。この先生が結構御気楽な先生で。何聞いても「大丈夫ですよ~、遊んでいますよ~」といいそうな感じだが。こういう親の不信感のある態度がこうせいに伝わってしまってるのかもしれないなあ。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

早朝の鼻づまり

ここ3,4日、午前四時になると鼻づまりを悪化させてもだえているアオ坊だ。

それが判を押したように午前四時!眠りが丁度浅くなる頃なんだろうか。

新生時期には風邪じゃない鼻づまりもあるようだけれど、時期がこうせいの風邪とぶつかっているので微妙。
来週は検診なので聞いてこよう。

アオは、オッパイを飲むのが下手くそで、いつも空気を呑んで苦しくなっては泣いて怒っていた。
大人でも空気を飲むと苦しいものね。

でも、昨日からあたりからようやく上手に飲める回数が増えてきた。

じゃ、体重が増えてないかといえばそんなことはなく。おととい夫と計ったら4.5kg以上は確実にあるのでビックリ。どうりで手や腰が痛いはずです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 01, 2006

生後一ヶ月

アオもようやく生後1ヶ月。まだ一ヶ月というべきか。

でも、もう、ずっと家にいるような感じがするけれど・・。すっかり家族になって、彼女のいない家族は考えられない。

そのお祝いじゃないけれど、新品のバギーでアオが産まれて初めて外食をしました。
場所は家の近くの美味しい中華料理屋さん「がびざん」。

名物のマーボー豆腐に白身魚の黒豆ソース定食を注文。美味しかった~。
家で弁当はかなりあったけれど、人に給士されて、料理もかたつけもしないでよくて、出来立てアツアツを食べる贅沢!

そのアオだが、こうせいが金曜日から鼻咳風邪を引いていて、それがうつったのか鼻をフガフガしている。
夜中に鼻つまりになり苦しそうで窒息してしまうのではと夫を起こした。

「鼻がダメなら口でするでしょ」と再び寝てしまったが、私は心配で心配で眠れなかった。
ネットで調べたら、「鼻くそが詰まりすぎて死亡するケースもあります」とか書いてあるし。

今日は、夫とこうせいはウルトラマンの映画を見に池袋へ行った。
私は、家事。結構やることがあります。

今夜は母も呼んでスキヤキ。その前にアオ坊と一眠りしたいなあ・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sep 27, 2006

今のところ

今のところ、仲の良い二人です。
お昼寝も一緒。
Dscf0069



一生懸命布絵本を読んであげています。
Dscf0113



ウルトラマンごっこも一緒。アオも寝かせておくよりこうしたほうがおとなしいのです。 
Dscf0121



お兄ちゃん疲れちゃったらいつでも休憩していいんだからね。
Dscf0123


| | Comments (0) | TrackBack (0)

アオの様子

恐らく体重増加は順調。

三週目ころより乳児性発疹が出来始め、今は絶好調。母も食事に気をつけている。
ウンチが少量頻回だったのが、まとまってするようになる。

夫が帰ってきて、こうせいと怪獣ごっこをやっていると大泣きする。明らかにパイパイを欲しがるのとは違う泣き方。
夫が抱くとご機嫌な顔になる。眠るときもぬくもりを感じるところに置くと安心してグーグーと寝る。

まだ1ヶ月にならないのに、こんなに表情や意思があるんだなあ、とビックリ。こうせいのときは、育てるのに夢中でそんなこと感じている余裕は無かった。

涙腺が発達してきて大泣きすると涙がでる。その様子が可愛くて、ついつい沢山なかせてしまう。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sep 25, 2006

アオ坊の顔が!

先週から何故だか洋菓子をあちこちから頂き、心行くまでそれらを堪能していた私。

そうしたら、そうしたら。

アオ坊の顔、体全体に乳児性湿疹が!!最初は、「そういう時期だから仕様がないか~」と思っていたが、どんどん拡がるは、急に出てきたことを考えると私の母乳が原因としか思えない!!

痒がっていないので清潔に保って様子を見ているけど・・。

私のお乳は助産師さんにも褒められた?位、乳管が太い。なので、アオ坊はゲホゲホとよくむせている。しかも「差し水」ならぬ「差し乳」で赤ちゃんに吸われると血液から乳が作られるという便利な体質。
なので、お乳がドロドロでも、詰まることは滅多にないのだ。そして今回はそれを良いことに食べ続けた結果、子供が酷いことになってしまった。

ごめんね~アオ坊。

でも、凄くお腹が空くんです。甘いもの、コッテリしたものが食べたくなるんです・・・。でも、控えます。ちょっとの間だもんね。冷蔵庫にハーゲンダッツのチョコがあるけど・・質素な昼食を終えて食べるの楽しみにしていたんだけど、ガマンします・・あなたのために・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sep 12, 2006

授乳パッド

こうせいの時もお乳は出すぎるほど出たけれど、今回もアオイには飲みきれないくらい出る。

それで、洋服がお乳だらけになるので、授乳パッドを買ってみた。

しかし!!この肌触りがよろしくない!!パッドそのものは悪くないけれど、その周囲の硬い部分が肌に触って、痒くなる。

大箱しかなくて、沢山入って1000円位したのに二、三回使ってもう、使う気になれず。仕様がないからガーゼを当てている。

以前の買ったばかりの扇風機からでる悪臭の時も頭に来たけれど(結局クレームつけて、他の機種に交換してもらいました)、今回のこの授乳パッドを開発した人は、自分でつけてみたのだろうか?と頭にきた。(怒ってばかり)

世の中には、開発者のセンスや五感を疑う商品が、本当に多すぎる気がします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sep 06, 2006

お兄ちゃん、頑張ります

今のところは赤ちゃん返りの兆候のないこうせい。

赤ちゃんの世話をしたがるので、可能な限りやらせています。

06090634←アオのお尻を拭いたガーゼを洗っています。洋服を着てから洗いなさいと言っても真っ裸で一心不乱に洗っています。

06090640←泣き暴れるアオをナデナデしてます。結局更に泣かれて涙目で「ねえね~泣き止まないよ~。どうにかして~」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 31, 2006

アオイ 誕生!

この子はだあれ?

06090529


2006年8月31日午前6時9分誕生  女の子  2798g

命名「葵」

ようこそ、この世界へ。どうか、健やかに幸せに。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Aug 27, 2006

夫出張前のこうせい孝行

夫は明日から出張。

なので、今日はこうせいと遊べば、しばらくは育児から解放される。

ちょっと本当に最近、ベイビー誕生に匹敵するくらい(あくまでもベイビー誕生が最重要優先事項ですが)の懸案案件が我が家に持ち上がっており、その関係の処理を午前中に行い、午後築地ですしを食べて、夢の島総合体育館、新生「Bunb」へ出かけた。

ここは夫が以前夫の大学時代の友人父子とこうせいで行ったところだ。凄く安いのに、夏休み期間中はウォータースライダーがあり、空いていて穴場だ。

私は上の観覧席から観察。こうせいは夫を沈めたり、浦島太郎のように上に乗ったり。水中でも結局格闘技なのね。
ウォータースライダーにも何度も乗っていた。

2時間弱遊んで上がってくる。家に戻る車の中で爆睡。家に戻っても7時前まで寝ていた。仕様がありません・・。

夜懸案案件に関する来客。夕食。お風呂に入って11時に就寝。

夫がさすがに、とっても疲れてました・・・・。大阪でゆっくりしてください・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 24, 2006

こうせいの尊敬の眼差し

今日はこうせいが右耳が痛いというので夕方まで家にいたが、残っていた薬を飲ませたら夕方くらいに

「痛いの良くなったから外に行きたい~」

時刻はもう5時半過ぎ。えっ??いまからですかい?夕食の準備を始めていたのに。
でも、ちょっと遊びたいよね、、確かに。

今日は動きすぎたしな~。よしっ、自分へのご褒美で外食にしちゃえ~と、茹でたとうもろこしだけ二人で食べていざ、外へ。

夫が戻るのが8時前後。この日は遅くて8時半だった。二時間くらい外で遊んで、いったん家に戻って、再び夫と合流。近くの美味しいスパゲッティ屋さんで遅い夕食。ちなみにこういう場合は家計払いです。この間名古屋の両親に、「えらい(つらい)時は、無理をせず、外食しなさいよ!!」とお小遣いをもらって気も大きくなっているこのごろです。その後、ムシキングのゲームをやりにローソンへ。

カブを飼い始めた(死んだけど)こうせいは、ムシキングにも興味を示している。で、「ネエネも覚えて~」」と、以前一度無理やりこうせいにやらされたのだが、なにがなんだかわからず。一回で負けてしまった。そのときに私が「今度やんにお手本を見せてもらおうね~」と言ったのを覚えていたのだ。

夫はさすがです。一度も負けることなく終了。今のゲームは終わりが決まっているのね。昔のインベーダーとかテトリスとかは、際限なく出来たけど。ちょっとフルすぎ?

その夫を見てすっかりこうせいは尊敬の眼差し。「やん、凄いね~、全部勝ったね~!!!!!」
で、私に向かって。「ねえね、覚えた?」

自分で覚えてくれ~!!!という感じ。これから釣りとか虫取りとか喧嘩とか。色々な局面で「やんって凄い!!」と思う場面が出てくるんだろうな~。いつか、父親を越える日まで、二人だけの素敵な時間を沢山作ってね!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 21, 2006

今日はえらい目に合う日?

夕方。買い物がてら、こうせいを大型マンションの遊び場に連れ出す。

そこでこうせい、大はしゃぎ。

随分と日が落ちるのが早くなって、過ごしやすくなった。大型マンションの遊び場は、もう日が暮れているのに子供で賑わっていた。

こうせいは公園に行くと触角を失ったムシのように、ブイブイと縦横無尽に走り回っている。
それで、今日は自転車に乗っていたお姉ちゃんに激突。

両膝から流血。大泣きのこうせい。お姉ちゃんは泣きそうになって、「危ないよ~と言ったんですけど、ぶつかっちゃって・・ごめんなさい」と。

傍から見ていて明らかにこうせいが悪いので、おねえちゃんを慰める。でもこうせいは「痛くて歩けない・・」と泣き続ける。

仕様がないので、スーパーまでオンブ。重かったです。お腹が張りました。
スーパーでは子供椅子付きの買い物バギーで買い物を終える。そして帰り。

買い物袋を持ってこうせいをおぶるのは無理。徒歩10分以上だし。というわけで、こうせいに歩いてくれとなだめたりすかしたり抱きしめたりしてして説得を試みるも、逆説得を受ける。

「ボクここ(スーパーの前のベンチ)で座って待ってるから、ネエネおうちからガラガラ(バギーのこと)か自転車持ってきて~」(三歳児を夜に一人で置いていけるかい!!!)

「じゃ、ボクが買い物袋持ってあげるから、ネエネはボクをダッコするっていうのは、どお?」(私の負担は一緒じゃないか~)

極めつけ。
「手だけでダッコかオンブするっていうのは?肩車は?」(ブチッ。)

母、又しても、怒。
「ネエネは赤ちゃんがお腹に居るし、買い物袋を持っているからダッコもオンブも肩車も出来ない!!手はつなげるけど。それがイヤで歩けないなら朝までそこに居なさい!!!!!」

とすたすた歩き出したら、大泣きで走って追いかけてきた。なんだ、、走れるんじゃない~。

泣きながらこうせいは走っているので虐待してるみたい・・。

で、帰宅途中にある薬局でバンドエイドを買う。その頃には泣き止んだこうせいは、お子様用の買い物カゴを持って店内を走り回り、お気に入りのゼリーやら、飴玉をカゴに入れている。

帰ってから、ばんそこうを張ってあげる。(全然大した傷じゃないのに)今日はお風呂には入れないね~などと真剣な顔で言うので、「うんうんそうだね~」と、お風呂も中止。

寝てから考える。又怒っちゃった・・、と。

もしかしたら、もうちょっと対応の仕方があったんじゃないかな、とか。夫に「他にどういう方法があったかな?」と聞くとちょっと考えて、「うーん、、タクシーとか?」というけれど。

でも、二言目には「タクシーにのる~」なんていう軟弱な子供にはなって欲しくないしな~。
今後の対策としては、やはり、バギーを何処に行くのでも持っていくことなんでしょうね・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

えっへちゃんの発達

今朝、ブドウを食べた手がベタベタなので洗面所で洗ってらっしゃいと言ったら、いつも踏み台にしている椅子がなくて(破けてるし、他の用途で使う必要があったので)、他の椅子使って・・と促したらイジケ虫になったこうせい。手も洗わずベソベソしはじめたので、一喝して放って置いたらたら廊下でオイオイ泣いていた。
私は無視してリビングでパソコンを。

そうしたら、すこしごそごそしていたと思ったら、私が用意した椅子で一生懸命手を洗っていた様子。
こっちに来るかと思いきや、寝室の方に向かって、ドアを閉めた。

しばらくそのままにしておいて、10分たってあまりにも静かなので、様子を見にそおっと寝室のドアを開けると・・・・。

窓をわざわざ閉めて、冷房をつけてひんやりしたベッドの上にちんまりと座って、ウルトラマンの本を一人で読んでいました・・。

私がベッドに一緒に座ると、ニンマリ笑って寄って来た。

そして、今日はベランダで、プール。その後、昼食を一緒に食べてると唐突に。

「ねえねが一番スキなのは、寝ることでしょ?」

笑っちゃったけど、そんな風に見ていたのか~。

最近すっかり逞しくなったえっへちゃんです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 10, 2006

児童館へ

今日は幼稚園のお友達と近くの児童館へ。

こうせいと同じ12月生まれの友達には弟もいて、こうせいのお友達は5ヶ月くらいからそこに通っているらしい。

なので、私がお邪魔したときも皆お互いの子供の世話をし合っていて、アットホームでよい感じだった。

大阪で私は東京との往復に必死で、自分から友達を作ったり、こういうコミュニティに入ることなど思いもしなかったけど、そうしていたらもっと楽しかったのかなあ。
でも、やはり性格上、出来なかったんだろうなあ。

お昼を食べて、2時過ぎに解散。皆、眠くてぐったりしているというのに、こうせいは
「今からジャブジャブに行く~」と。

仕方がないので炎天下の中ジャブジャブへ。汗をかきながら自転車を走らせる私を見て、残ったお母さん達は「最強の妊婦だ~」と驚いていたらしい。

でも、それだけじゃ終わらなかったんです。一時間半、こうせいはプカプカして、私はプールサイドでフラフラ。
上がったら「アイスが食べたい」というので、タリーズのスクイーズを飲ませて一休み。

そしたら復活して、買い物に寄ったスーパーの近くの遊び場で1時間遊び、10時過ぎに家を出て、家に帰りついたのは5時半過ぎでした。

とうもろこしとカレーを食べると、もうネムネムモード。7時過ぎに就寝。
今日は夫が友達との飲み会だったので、夕食の準備はしないですんだのがせめてもの救い。

明日は幼稚園に行ってもらいますからね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 02, 2006

遅くなってます

お昼に、30分でもお昼寝をすると、9時過ぎてもお目目ランランのこうせい。

今日はついに11時を超えてしまった。ああ、私の自由時間が減っていく・・。

今日は耳鼻科。右耳はかなりよくなっているらしい。鼓膜切開したところもまだ穴が開いていて換気されているらしいが、左耳はまだ液が溜まっているとの事。

先生は、こうせいが診察台に上がると「今日は痛いことはしないからね~」と言っていたのに、左耳を顕微鏡で見て、「う~ん、切りたい・・・。僕、チックンしないって言ったっけ?」というので、看護婦さんと私が口を揃えて
「言いましたよ!安心させること!!」と言ったので、残念そうな顔をして、漢方薬を処方してくれた。

こうせいは鼓膜切開の恐怖はまだ忘れていないと思うので、出来たらもう少し時間を開けてほしい・・。

その後、四谷駅の近くのきれいな公園で砂遊び。同じ年頃の男の子と仲良くなって裸足で駆けずり回り、水を汲んで遂には泥遊び。
近くに住む外人家族の子供がそれを見てうらやましそうにして、水を汲もうとするが、見張っていた父親がすかさず「no water!!!!」

気持ちはわかります。着替えが無かったら私だって泥水遊びはやって欲しくない・・。

その後家に戻ってしばしの昼寝。こうせいは粘土遊びをしたそうだったけれど、私の体がもう限界。で、寝かせてしまいました。

本当は昼間目一杯遊ばせて、8時頃寝てくれるのが理想だけれど、その時間は夫が帰ってくる時間。が、体力を考えると、7時台の就寝は無理だし、やっぱり9時前半が理想なのだけど家にずっと居ると疲れないのか、夫が帰ってきて嬉しくて嬉しくて仕様がないのか(多分嬉しいんでしょう。まとわり付いて離れないから)、昼寝無しで、外でかなり遊ばせても10時にずれ込みます。

寝る前に興奮させるのは良くないみたいなので、夜ウルトラマンを見せるのは止めておいたほうが良さそう。
ウルトラマンを見せると、必ず寝床で必殺技の練習をしているこうせいです。それはそれで可愛いんだけどね~。

それにしても、階下の住人に会うのが怖い。。こうせいは最近ウルトラマンの影響か取っ組み合いの喧嘩にはまっていて、夫との遊びで多いのが「ハッキョーイ、ノコッタ!!!」です。それか「怪獣ごっこ」か。
足音も凄い。注意しても興奮しちゃうといけません。
この間、きつーく注意したら、添い寝の最中に、ポツリと
「ボク、暴れても怒られないところに住みたい・・」と言われてしまって、とても切なくなってしまいました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jul 26, 2006

鼓膜切開@こうせい

幼稚園終了後、耳鼻科へ。

こうせい自身が「耳がゴロゴロする」と言い出したので、先生も鼓膜切開を決意。今日は右耳。

麻酔薬を耳に入れて20分。切開数秒。ここまでは泣かなかった。凄いです。私ですら泣きそうになったのに。

その後中の液を吸引。ここでも泣きそうだけど耐えていた。でも、先生が泣かないのを良いことに鼓膜に換気チューブを装着しようとしたのが、こうせいの不幸の始まりだった。

小さな耳なので、中々チューブがくっつかないらしく、何度も先生はチャレンジ。そのうちに泣きだしたこうせい。
そりゃそうだよね~。でも泣いて暴れるほど、処置はしづらくなり、やられるたびに泣き声と暴れ方が大きくなり。

私は、もう途中で「止めてください!」と言おうかと思った瞬間、看護婦さんが

「こんなに小さな子供が頑張ってるのに、何で一度で入れられないの!!」と、先生に一喝した。あまりにも私が言いたかったことなので、ほっとしたのだけどビックリしました。

良い病院の条件って色々あると思うけれど、そこで働いているスタッフ、特に病院だと看護婦さんや受付事務の女性の人の質に左右されると思う。
この病院では、先生の父親の代からいらっしゃる看護婦さんと事務の方だから、先生に強いのである。
先生もかなりの権限を彼女達に与えて任せていて、居心地の良い病院になっている。だから、患者が多くて待たせられますけどね。

しぶしぶ、チューブ装着を諦めた先生が何度「ごめんね、ごめんね」とこうせいに謝っても、こうせいはなくじゃくるだけ。終いには、疲れ果てて私に抱かれて失神するように寝てしまいました。

待合室で寝かせても良いと言われたけれど、何しろ患者さんが座れずに立って待っている状態。しかも、これから診察を受ける子供たちは、絶叫の末失神したようになったこうせいを、恐怖に慄いた顔で見ている。あの泣き声は、筒抜けでしょう・・。

私は、隣の公園に場所を移し、そこでこうせいをしばし抱いていた。あまりにも可愛そうで涙が出てきた。

ようやく目覚めたこうせいは復活。元気に公園で7時前まで遊び、家に戻りました。

後でネットで調べると、子供の換気チューブの装着は、全身麻酔で行うのが主流らしい。
もう・・・・。先生はこうせいが泣かないし暴れないのでいけるとふんだんだと思うけれど、本当に可愛そうなことをしました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 23, 2006

こうせい、生き物の飼育に手を出す

今日は夫は霞ヶ浦のバスボートの点検に早朝から出かけていった。

釣り師匠のアドヴァイスにより、最近こうせいが凝っているカブトムシがその辺の森林にウヨウヨいるという情報を得て、船を出す前に捕獲してもらうことにした。

ウヨウヨとまではいかないけれど・・捕獲しました。デコボココンビのオス二匹。

小さいほうは本当に可愛い。さなぎの段階で成熟しているので、もうこれ以上大きくならないのだろう。
そして雄二匹というのもなんなので、ホームセンターでカブトムシの雌を二匹ゲット。

一匹200円なり。思っていたより全然安い!!やはり都心だとかなり高騰している。暴利ですよね。オスは600円らしい。雌のほうがコストパフォーマンスは良いと思うけど。卵を産むから。

でもこうせいも雌を見て「これはカブトムシ?カナブン?」とか聞いてたし。見てくれで三倍です。

巣箱、幼虫も食べるという土を購入。掴まれるように、神社で木も拾ってきてくれた。

今日は実家の母と三人で銀座にランチへ出かけた。
帰りに夫と待ち合わせて家に戻り巣を作った。

一番大きい、雄のカブトは夫の名前を取って「カブジ」と命名。小さいのはこうせいの名前を取って「カブセイ」。
雌は今一区別がつかないが、私の名前から「カブカ」。もう一匹をお腹の赤ちゃんの名前候補で「カブイ」。

スイカをあげたら、皆お腹が空いていたらしく、雌などまだ離れない。
でも、調べたら、スイカ、キュウリ、ナスなど栄養価の低いものよりバナナや市販の昆虫ゼリーのほうがいいらしい。昆虫ゼリーを買うって言うのもね~。ショウジョウバエが沸きそうだけどバナナでいいか。

暗くなるように風呂敷をかぶせているが、皆ものめずらしくて頻繁に見ている。
夕食のかたつけをしていたら、夫が「交尾をしている!!!!」と大興奮している。初めて見た、カブの交尾。
しかも、一番小さなカブセイが、大きなカブイの上に乗って変な突起状の物を出してお尻を震わせている。

見ていた限りでは届いてないんだけど・・・。ちゃんと交尾できたんだろうか。でお、交尾をすると寿命が短いから、カブセイはもうすぐお亡くなりになるのだろうか。

カブジはスイカを食べ過ぎたのか、一匹呆けて、たそがれている。

夜になり、ガサガサ動いています。

明日からせっせと世話をしようね、こうせい。飽きて存在を忘れて、気が付いたらミイラになっていた、なんてことがないように。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jul 22, 2006

治らないなあ・・。

こうせいの中耳炎、中々治りません。

鼻をまだすすっていて、しかもどうも「中耳炎になりやすい耳と鼻の構造」というのがあるらしく、こうせいはそうらしい。

今までなったことなかったのに。というか、幼稚園に入るまでは風邪を引くなんて滅多にないことだったからそういう体質が判らなかったのだろう。

でも構造だと言われてちょっと救われた。ネットで色々調べると風邪を引くのも、中耳炎になるのも生活習慣のどこかが悪く、体のバランスが崩れているからだと書かれている場合が多くて(主に東洋医学系)、それは否定しないけれど、でも母親として責任を感じてしまいます。

こうせいの生活習慣で悪いところといえば、やはり私に似て冷たいものが好きなところだと思う。
果物も大好き。お菓子はそんなには食べない。アイス大好き。

果物もアイスも、体を冷やすことは良く無いと思うので、最近は節制させている。でも、野菜も嫌いだけどごまかしごまかし、食べさせているし。

病院通いは、精神的に疲れます。しかも、左耳、、これ以上薬で良くならなかったら切開だって。私も痛かった切開。今まで泣かずに通っていたのに、一気にキライになるかも・・・・。

切開かどうかわかるのは四日後。何とか治って欲しいです。

今日は耳鼻科だったのだけど、すごく並んでいたので、待合室ではなく、病院の隣の公園でこうせいを遊ばせていた。その後、明日が土用の丑の日なので鰻を食べに行った。

関東の鰻は柔らかく、たれがあまり甘くない。これはこれで美味しいけれど、やはり名古屋の御櫃まぶしが一番好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 20, 2006

よく遊びました

今日は、こうせい憧れの年長はとこ、「こうきにいに」も連れて青山の児童会館へ。

10時半から3時まで1階から5階まで駆けずり回り、こうせいは「ローラースケート」にも初挑戦。

お兄ちゃんが一緒のメリットは、普段だったら怖い先入観で挑戦しないこともやる気になること。
ツルツル滑って一人では滑れなかったけれど、楽しそうでした。

その後、こうきにいにが「こうせいくんのおうちで遊ぶ~」というので、母親の了解を得て家へ。
その前に買い物に寄ったスーパーで、こうせいは普段なら食べないチーズ鱈なるものを購入。

そう、これもこうきにいにの大好物で、パクパク食べていたのをこうせいはじっと見ていたのでした。

こうきにいには大食漢。お昼もお菓子も食べたのに、家でお餅を焼いてあげたら二個ペロリ。その後バナナを二本。こうせいはお餅とバナナを一本ずつ。おやつとしては食べすぎ~。

5時頃、こうきにいには公文があるので車で家まで送り、私はこうせいと家に戻り夕食の準備。

こうせいは朝も6時過ぎに起きていたので、きっとすぐ寝るだろうと思いきや、その後夕食を食べ、「やんと遊ぶまで寝ない~」とやんの帰りを待ち、ひとしきり遊んで結局9時過ぎにバタンキュー。

鼻はまだズルズルいっているのだけど、熱は出てない。体力は付いてきたように思うけれど、舌に出来た口内炎も中々治らないし、体調に関しては不安要素が拭い去れません。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 17, 2006

一歩大人に?

幼稚園に行き始めて数え切れないほど風邪を引き、赤ちゃん返り、登園拒否で家族を困らせたこうせいですが、ちょっとずつ色々なところで「精神的に成長したな~」と思うところがある。

昨年買ったお気に入りのトーマス自転車。夫と近くの遊び場に行くときは必ず持っていって乗り回していて、誰かが触ろうとしようものなら、飛んできて阻止していたのが、最近は余裕で貸してあげてその様子を見ているらしい。

いつも遊び場に行くとお菓子をもらうので、手ぶらじゃ悪いと思ってこうせいにお菓子を少し持たせている。そうすると、自分が食べるときに周りのお友達にも分けている。「おすそ分け」の楽しさを覚えたようだ。

そしてそして、何と、オムツが自発的に取れかかっています。これは親のほうが心の準備が出来てなくてビックリ。
幼稚園ではもう全く問題なくトイレでしているので、家でのオムツは趣味だろうと最近はパンツをはけとさえ勧めたことは無かったのだが・・・。最初は幼稚園に入るまでにはと思って幼児用のオマルまで買ったのに、二、三度座っただけで、「こんなのイヤ~」とお蔵入り。

しかし。最近の蒸し暑さに「オムツ着用」は本人も暑いらしく。
で、蒸れて痒くて「痒い痒い」とうるさいので、「じゃ、パンツはいたら?パンツだったら暑くないし、ヤンもネエネもパンツだし」と言ったら、ちょっと考えて「パンツにする~」。
そしてパンツをはいて、「涼しいねえ~気持ちいいねえ~」。病院や歯医者さんもそうなんだけど、こうせいは納得すれば自発的です。しかし、納得しないと絶対に「イヤ」なようです。その頑固さをムツカシイと思う反面、良い方向に伸ばしていきたいところです。

今日は児童会館もパンツで行った。パンツは嬉しいけれど、親としたらちょっと面倒。「トイレ行く?」といちいち車に乗る前とかは聞かないといけないし。

夜もパンツ!!とか言われたらどうしよう。尿漏れ防止シートなんて確か持ってなかったはず、、、。

結局パイパイもオムツも自発的に卒業で理想的な形で終わりそうです。それは嬉しいけど、でもその分幼稚園に入ってから苦労したことも多かったので、相殺というところでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

助かっています

土曜日はこうせいと共に体の調子を崩していた夫。

不調ながらも育児に大健闘です。
土曜日もこうせいが起きている間はずっと遊んでいてくれていたし。というか夫がいると、こうせいは寂しいとき以外は私のところにこようともしない。月間の子供雑誌の付録を組み立てたり、プロレス、チャンバラごっこに付き合ったり(大抵悪者にされて全力でこうせいに殴られて泣いている)、一緒にテレビを見たり。

こうせいが、私と遊んでいるときより夫と遊んでいるほうが楽しそうな訳、最近わかるように思う。
私はどうしても遊んであげてる、育児をしている、という感じになっているんだと思う。

それに比べて夫はもうちょっと緩やかに構えている。遊ぶのを楽しんでいるとでもいうのでしょうか。しかも戦い方にしても、ゲームで遊ぶにしてもこうせいに勝つコツを真剣に教えたりして、どこまでこうせいがわかってるか判らないけれど、結構本気でそういうアドバイスをこうせいが聞いて実践しているのを見ると、母と息子の関係との違いだな~と感心したりして。

日曜日は実家の母が新宿で中国料理をご馳走してくれて、その後家でこうせいと遊んでくれた。なので、夫は一時間半、「お仕事」と偽りお昼寝をしていた。でも、朝と夕方2時間くらいずつ、こうせいを外に連れ出して遊ばせてくれた。

そして今日は、こうせい幼稚園の近くの美味しいラーメン屋さんで昼食を食べた後、車で渋谷区の児童会館へ。
夫はこうせい遊ばせ、私は家に戻ってこうして日記を書かせてもらっています。

大好きな釣りにも行かせてあげたいんだけど・・・・。いかんせん、こうせいが父親と遊びたがっているしねえ・・。
会社からの帰りが遅いと「早く帰ってくるように電話して~」とか可愛いこと言うし・・・。

「悪いねえ、ずっとこうせいの面倒見ててもらって・・・。釣りに行きたいでしょ」と言うと
「うん、行きたい。でも関東の海釣りは釣れないからね。それにこうせいにこんなに必要とされてるからいいよ。楽しいし」などと泣けてくることを言ってくれる。

母もしみじみと言う。「本当に育児に協力的ねえ。あなた、感謝しないと!!!」

ハイ、しています。時々切れるけどとっても感謝しております。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Jul 14, 2006

パイパイに執着

こうせいの私への執着、登園拒否は赤ちゃん返りだろうと思っていたがやはりそうだったみたいだ。

今週に入って、朝は泣くものの先週ほど酷い状態ではなくなってきていた。帰りのバスの先生に幼稚園での様子を聞いても朝のうちは泣いてもすぐに泣き止んで元気に遊んだり、あれほど
「えっへはプールには絶対に入らない!!」とプールグッズを用意しても怒って投げ捨てて持っていかなかったのに、先生に誘われるままに幼稚園で水着を借りて水遊びを楽しんだり、全身ドロンコになって戻ってきたり。

先週末くらいから、赤ちゃん返り対策、という程じゃないけれど、家に居るときはとにかく「ねえねはこうせいが一番好き!!!!!」といい続けたのだった。

こうせいは私が喜ぶからだと思うのだけど、お腹の赤ちゃんをさすって「あかちゃーん」とか呼びかけたり、「こっちのパイパイは赤ちゃんにあげるの。えっへはこっち」などと言っていた。これもきっと無理をしていたのかな?と思って、先週、私はこうせいの添い寝のときにそっと聞いてみた。

「こうせい、幼稚園もイヤだけど、本当は赤ちゃん生まれるのもイヤなんじゃないの?ねえね取られちゃうから。」

そうしたら、ちょっと黙って、シクシクと泣き出し、小さな声で「うん・・・・・・・・。」

ぎゅっと抱きしめて「こうせいが一番好きだから。パイパイも両方ともこうせいのだからね!!」と言うと更にシクシク・・・・。

で、次の日くらいから寂しくなるとパイパイを触ったり、飲んだりするようになった。出ないのに飲まれるって結構痛いんだけど、ここで拒否をしたらいけないとガマン。おかしなことに夫のパイパイも触っているらしい。

ふと思い出したように「こっちのパイパイは赤ちゃんのだっけ?」と聞くので、
「ううん、両方ともこうせいのでしょ。」というと安心して触ってくる。

それで大分情緒が安定したような。難点は、外出先でも平気で胸に手を突っ込んでくることでしょうか。

それにしても良かった~。永遠に続くと思われた登園拒否。明日の終業式も行ける筈なので、7月は皆勤賞シールをもらえそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 03, 2006

耳のお医者さんになる!

鼓膜切開をした、私の耳はまだ穴が塞がらないのか片耳難聴状態。

今日は先週の土曜日のバザーの振り替え休園。なので午前中にこうせいと共に耳鼻科へ受診した。

こうせいについては、殆ど完治。滲出性も早期発見で早期治療だったので問題なしとのこと。良かったです。

私のほうも、耳だれも出なくなりお薬も終了。

でも片耳難聴、気持ち悪いです。早く穴が塞がってくれないものか・・。
病院に行く前日、寝ながら「耳が痛いなあ・・」とつぶやいていたら、こうせい、

「えっへ、大きくなったら耳のお医者さんになって病院に居るから、耳が痛くなったら来てもいいよ!!!」などと言う。ううう、登園や健康の問題で心配しっぱなしのこうせいだけど、こんなことを言われるとじーんと来ます。

夫にそれを言ったら「僕が怪我した足が痛いと言っても足のお医者さんになるとは言ってくれないぞ」と憮然としていたけれど。

明日から登園。また戦いは始まるのかな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 29, 2006

赤ちゃん返り

が重なっているんだろうな、と思う今日この頃。

今週は幼稚園に火水木と通っているけれど。

前日夕方くらいから、シクシク泣き出す。水曜日に実家に行ったけれど、実家の母や弟にもあまりなつかずに私にベッタリ。朝なんて、7時半前に私が起きると慌てて起きてきて弁当を作っているそばでずっと泣いています。

ホトホトイヤになるけれど。どうも、どうやら幼稚園に行きたくないだけが理由じゃないような。

赤ちゃん返りしている。こういうときは怒らず愛情一杯で接してあげるのが一番!って判っているけどグッタリしてしまいます。

それにしても不思議。本能なのかな。まだ生まれてもいない下の子を意識して精神的に不安定になるなんて。

でも、あんなに好きだったパイパイを妊娠して「まずくなった~」と私が寂しくなるほどあっさり止めたこともあるし、、五感で何かを感じ取っているのでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 26, 2006

両耳だった

大雨の中、バギーで病院へ。

こちらも、昔から世話になっている耳鼻咽頭科。
こうせいはおとなしく診療をさせて。

結果、左耳が急性中耳炎。右耳が滲出性中耳炎だそうだ。

5月20日頃にもこの病院にかかっており、そこでは絶対に出来ていなかった!と、このお医者様は断言。

となるとそれ以降は咳鼻というより胃腸風邪に近かったから小児科に通っていたのだけど、そこで見落とされたか。若干の中耳炎は見逃されやすいらしい。滲出性のほうは、耳鼻科の先生は顕微鏡を使って発見していて、その設備も小児科にはなかったし。

こういうことが続くと、待たされてもいいから設備の整った大病院へと思ってしまう。

鼓膜を切るかどうかは金曜日に判断。取りあえず、抗生剤を5日間服用する。

これで治ってくれないかな~


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 25, 2006

中耳炎

土曜日、元気一杯だったこうせい。

夜寝て今日未明、耳痛を訴え大泣きをはじめた。鎮痛剤を持っていなかったので、夜中の3時に救急へ。
案の上中耳炎の診断。

痛み止めと抗生剤を処方してもらい、帰宅。

風邪で行った、いつもの病院では、「あまり抗生剤に頼るのは良くないから、なるべく自力で治して、ただ、あまりにも咳で体力を消耗するようだったら抗生剤を飲ませて」と言われていたので、咳が辛そうだった木曜日だけしか抗生剤を飲ませなかった。劇的に効いて、金曜日は元気だったし。

なのに、そのことを怒られた。「処方された薬はちゃんと飲ませないと」と。

方針の違いなんだろうな。個人の病院の先生は、今のうち生身の体で病気を受け止めてあまり薬には頼らず、免疫力をつけて、薬は処方するけどお母さんの判断で飲ますかどうか決めてくださいって感じだから。

でも、へこみます。中途半端に抗生剤を飲ませたのがいけないといわれた感じで。

もう、がっくり。今の所、耳だれはないけど、慢性にならないためにも当分病院に通わないといけない。幼稚園も勿論お休み・・・。どうなってるの?ホントに。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Jun 07, 2006

又しても風邪

先週一週間は順調に元気に通っていたこうせい。

が、月曜日元気に戻ってきて、実家の母が丁度、旅行土産を持ってきてくれたので、こうせいをお迎えしておやつを食べて、私と二人スーパーに買い物に行った途端に、、、、。

顔色が悪くなり、うずくまって泣き出した。

おんぶをして帰る。
すぐに寝かせるとすぐに寝て、でも、苦しいらしくてフエフエと泣きながら起きて来る。顔を見たら腫れている。特に顎から両耳にかけて。しかも痛がってるし。目も赤い。

ひえー!!今度はおたふく???

この日はこうせいは夜も1時間毎に起きては泣く。熱は40度以上。一度座薬を入れて、氷でがんがんに冷やす。
翌朝も治らず。機嫌が悪い。こうせいも私も寝不足。でも、おたふくの割には腫れてこないし喉が痛いとか言ってるし。しかも目も赤いし、今度こそ正統派アデノちゃんにやられたかと幼稚園に電話すると、アデノじゃなくておたふくと水疱瘡、手足口病で休んでいる子供がいるとのこと。

朝一番で小児科へ。診断の結果、喉の赤みは大したことがなく、リンパ節がかなり腫れているとのこと。
下痢はしていなかったのだけど、お腹もごろごろしているらしい。というわけで恐らくウィルス性の胃腸炎と結膜炎の合併症でしょうとのこと。

結膜炎は登園できないので木曜日にもう一度病院に行って診てもらう事に。
原因は日曜日の祭りでしょうと言われた。

土日に四谷で大祭があり、子供神輿も派手に出て、オーバーヒートしてしまった子供が月曜日に小児科にわんさか行ったらしい。症状は殆どが「胃腸風邪+結膜炎」。

屋台も沢山でていたし、お菓子も振舞われたし。こうせいもご多分に漏れず、従兄弟達と興奮して5時間くらい外で走り回っていたからね~。菓子も冷たいジュースと一緒に競い合うようにして食べていたし。

ああ、反省。夫には「子供は疲れの限度を知らないから親がコントロールしないとね!!!」
なんてえらそうな事を言っておきながら、私が羽目をはずさせてしまいました。

昨夜から復調の兆しは見えていて、でも夜中は熱が出たり出なかったり。私も一度だけ起こされて、氷嚢を作りにキッチンへ。

今日は実家の母がお見舞いがてら寿司を持って来てくれました。こうせいは楽しく遊んでいた。
さて、今夜は熱がでるかな~?

しかし・・・「おひいさま」です。もともとは「お姫様」という意味だそうですが、私の実家では「箱入りでひ弱」という意味のときに使っています。箱入りにしたつもりは全くないけれど、でもひ弱かも・・・・。夫も「おひいさま」だったらしい。
私は長女だったが、兄弟のように育った隣の従兄弟が「おひいさま」だったのに比べて、病気一つしない頑丈な子供だったらしいので、こうせいは夫に似たのかもしれません。まあ、夫も今はとっても丈夫だから・・・・。
今のうちに色んな種類の抗体を作っておこうね!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Jun 04, 2006

子供の世話は集中的に短期間がいい!

今日は夫は卓球の試合で朝からいなかった。

なので、家事を済ませて昼前から私は四谷の「須賀神社大祭」に出かける。
実家の目の前から子供みこしが出るのだ。

行くと、従兄弟の子供達も担いでおり、こうせいも、と思ったがあまりの迫力に嫌がる。

1時前に子供みこしが終わり、私もとりあえず実家へ。こうせいと近くのラーメン屋さんでラーメンを食べると隣の従兄弟の子供達が遊びに来た。しばし家で遊び三人の男の子を連れて公園へ。

そこで5時前まで三人でダンボールをそりの代わりにして長い滑り台を滑走する遊びに夢中になり、子供達の母親が迎えにきたのでようやく家に帰った。

帰ってすぐにお風呂に入れて、ご飯を食べさせ、サザエさんを見て歯磨き。布団の中で本を6冊読む!!と張り切るも、3冊目くらいから目がくっつきそう。早く寝かせたいばかりに、2ページ飛ばしにしたり、1冊隠したりするも目ざとくチェックが入るが、5冊目で遂に自分から「この本はここだけ読むのでいい~」と自分の好きなところだけつまみ読みして終了。

電気を消すと「お昼寝したらヤンと遊ぼう・・」と言い残して1分で就寝。

子供三人といっても上は小2と年長さん。勝手に遊んでいてこうせいもくっついてあそんでいるので、怪我をしないか見ているだけで、こうせい一人の時よりもラクである。しかもこうせいの体力消耗が激しくて疲れてくれるし。

ラクでした~。兄弟複数っていうのもいいなあ。勝手に遊んでくれるようになるまで大変だけど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 02, 2006

子育ての勘が鈍る?

この一週間、3時に戻ってくるこうせいを買い物がてら夕方に外で遊ばせるので、夕食・風呂を終えたこうせいはキューバタンで8時前後には寝てしまう。

というわけで、今週は殆ど子守から解放された夫。でも、早く寝るということは、早く起きるということで、こうせいの朝もかなり早くなってしまった。と言っても7時なのだが。

で、こうせいの弁当に朝食の準備と忙しい私に代わって、夫に面倒を見ていて欲しいのだけど、どうも上手くいかない。

こうせいも私と母子家庭のようになっているから、というのもあるのだと思うのだけど。

こうせいがパソコンに向かっていた夫の膝に乗って「パソコンさせて~」と言っても、自分のメールを見て返信したいばかりにこうせいとマウスの取り合い。

こうせいは怒って「やめて~、これはいやだ~」と叫んでいるし、果てはいじけて私のところに来て「ダッコ~」とクネクネ。
遊びにしても、こうせいの好きなおもちゃをわざと「貸して~」とか言ってこうせいが「イヤダ!!!」と言うのを楽しんでいるのだけど、どこまでがこうせいも「イヤダ!!」を楽しんで言ってるのか判らなくなるらしく、結局こうせいがへそを曲げて私に助けを求めてくるまでやってしまって、私を般若にさせてしまう。

土日にみっちりと遊ぶと、こうせいも夫も慣れて大仲良しになるのだけどねえ・・・・。
仕様がありませんな。
男の人は所詮「大きな子供」のようなものですからね。。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 30, 2006

歯医者さんへ11

今日は歯医者さん。実家からのほうが近いので、バスを変更し、年長の「コッコにいに」と同じバスに乗ったこうせいは、自分で荷物を持ってニコニコしながら降りてきた。お迎えは私の母、叔母、私。

歯医者さんへ行くといつもの先生が忙しく、以前削った歯に詰め物をするだけなので、女性の先生にやっていただいた。

私のお腹が大きいのでこうせいは一人で座って、大きな口を開けてお薬を塗り、風をかけて乾かして、詰め物をして、レーザーで固定して・・と前だったら泣き喚いて3時間は軽くかかったんじゃないかという過程を15分強で終わらせ、終了。

あとはもう一箇所残るのみです。よく頑張りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子供色々

今日は歯科治療の後、公園でお砂場遊びをする約束をしていたので、自転車で向かう。
スターバックスで、飲み物とドーナツ、パウンドケーキなどを買い込む。

お砂場セットを取り出し、水場でバケツに水を汲んで早速お遊び開始。
私はドーナツを頬張りながら見守る。といってもそれを見つけたこうせいが寄って来て「僕も~」。

で、6割以上食べられました。

そのすぐ近くに、こうせいと同じ年の男の子と1歳7ヶ月の弟、お母さん母子がいた。
で、バケツの中の水を狙っていたらしく、こうせいが私と並んでドーナツを食べ始めたらすかさずバケツの水を足でひっくり返した。

慌てたお母さんは平謝りしつつ、また子供と汲んできてくれた。
で、こうせいは食べ終わって、一緒にバケツの中に砂を入れて遊ぼうとするのだけど・・・・。

お母さんが1歳七ヶ月の弟を追いかけて見えなくなるとこうせいの頭に砂をかけ始め、それ以降もこうせいが紙袋に溜めた砂をひっくり返したり踏んづけたり。
こうせいや私の顔を見ながら意地悪をするので、意地悪をするのが目的という感じでいい気がしなかった。
こうせいが抵抗せず「やめて!砂をかけると目に入るからかけちゃいけないんだよ!!」とか、恐らく幼稚園で先生に言われていることを言うので余計意地悪がしたくなったのかもしれない。

お母さんが良い人で、恐縮しまくり、意地悪を見つけるたびに子供に注意していたので私は何も言わなかったが。

何なのだろうか。子供にしてみれば、砂かけごっこは遊びのつもりなのかな?でもそれにしちゃ、子供の目が半べそのこうせいの様子を見つめながらの行動でしつこく、陰湿なものを感じたのだけど。
こうせいが「やったな~」と笑いながらやり返したら楽しい砂かけ遊びになったのかな。

でも、こうせい君。あなたは本気を出すとかなり力が強いと思うのだけど。取っ組み合いの大喧嘩をしてくれても大いにいいのだけど。でも、夫もそういうことはあまりしたことがないとの事だから気質かも。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 24, 2006

これで収束?

こうせいは今日も泣きながら幼稚園に行き、ちょっと元気になって戻ってきた。

でも、帰り際、おならのついでにちびってしまったらしく。幼稚園で借りたパンツで帰ってきた。
相変わらず臭いおなら。月曜日の朝以降、便が出ていないのも気になっていた。
なので、リンゴのすりおろしたものや野菜タップリオジヤなどを食べさせていたのだが、出ず。
食欲も落ちていた。

もう熱は出ないので、体に菌は残っていないと思うけれど、弱った後遺症が出て衰弱している様子。

そして夕方。バナナを食べて抱っこをせがむので、赤ちゃん風に抱いてあやしていると寝てしまった。
今日はもうこのまま朝まで寝かせても良いかな~と思いながら歯磨きをしてベッドへ。

今日は歯医者さんで詰める日だったけれど、雷雨の上にこうせいが本調子ではないのでずらしてもらった。

そして寝て1時間もしないうちに大泣き。部屋に行くと体を丸めてお腹を押さえている。初めてはっきり「お腹が痛い!!」という。

時計を見ると5時半過ぎ。外は雷雨だけれど、車で東京女子医大の救急へ。

小児科の先生が呼ばれて診察。触診では腸が腫れているとのこと。私もそれは思っていた。あまり食べていないけど、発酵してガスがたまっていたのだろうなあ、と。肝臓は異常なし。

レントゲンを取る。そして出来上がったレントゲン写真を途中で見て、私も唖然としました~。

普通はキレイな腸は、細い腸の形で中は空洞で黒く映るものなのに。こうせいの腸は肛門とつながっている直腸から盲腸辺りまでウン○が詰まってる~。しかも、その隙間でガスが発生しているため腸の形はパンパンで大人の腸くらいの大きさに腫れていたのだ。

これじゃ、圧迫されて痛いよ~!!おならのついでにウンが出てくるようになったのは当たり前だったのだ。

先生も診た瞬間に「うわー溜まってますね~!!・・出しましょう。」

で、こうせいは浣腸行き。すごーく大量の浣腸。トイレに篭城している最中に夫が駆けつけて、二人でこうせいの踏ん張り姿を見守った。

夫は月曜日に同じように出そうで出ない腹部の膨満感に苦しめられたようだ。

そして・・・。すごい量のウン○とおならでした。

その後はスッキリ。「お腹が空いた~」といい、戻ってからおかゆやらリンゴやら、色々食べて就寝。

これで収束してくれると良いけれど、油断は禁物です。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2006

更に悲惨な展開に

昨日元気よく幼稚園に行って、楽しい顔で戻ってきたこうせい。

それでも、眠くないと言うこうせいと一緒に絵本を読んで横になりお昼ねさせたのに・・。
夕食もパクパクと自分で食べて、ばあむくうへんにスイカまで食べて食欲旺盛、それでも念には念を入れて
お風呂にも入れず、「あと10分!」なんて言いながら夜更かししようとするこうせいを10時過ぎに寝かせ、

こうせいも夫とトランプの神経衰弱などをして勝って(勝たせてもらったんだけど)気持ちよくお布団に入ったはずなのに・・・・。

ああ、それなのに・・・。本日未明に抱きついてきたこうせいは火の玉のようだった。39.7度!!!!

もう、一体どうしてこうなるの~??という感じである。

しかも。

前夜に夫も何だか喉の調子がおかしいというので、用心に用心を重ねて別室で寝てもらった。その夫も未明に高熱を出して、苦しくて殆ど眠れなかったらしい。

朝起きても夫は38度。近年まれに見る高熱。

この家はバイキン城か?とそれともたたられている?

唯一、妊娠して免疫力が弱っているはずの私だけが季節外れの袖なしムームーなどを着てピンピンしている。

夫も喉が痛いというし、こうせいも咳が出ているので、耳鼻咽頭科へ車で向かう。

そこはすごく人気のあるところで、始まる前に入ったのに30分待たされて診察。

今週ずっと痛がっていた喉は大したこと無し。中耳炎も問題なし。気管支がちょっと荒れているということで気管支炎由来の熱だろうということに。

次は夫。こちらは薬を処方され簡単に終了。

遅い朝食のあと、薬を飲ませて、寝室のダブルベッドに二人を移動。今日は蒸し暑いのに更に加湿器を空気清浄機代わりにして閉じこめる。
寝室はバイキン室になってしまった・・・。

夫は二時過ぎに薬の効果で熱も下がっておきてきた。が、こうせいはまだ寝ている。熱も思うように下がらず。

来週は、火曜日に新宿御苑に園外保育、金曜日には母子一緒の代々木公園への遠足もある。
水曜日は歯医者さんだし。木曜日は同じクラスのお母さん方との親睦会でランチを食べる。

火曜日くらいまで動かさないほうが良いかな~・・・。

こうせいが幼稚園に行ったらこれをやろうあれもやろうなんて夢見ていたけれど、実際にはこうせいの心配ばかりです。まあ、仕様がないね。一番頑張っているのはこうせいだから。

精一杯サポートしないとね。まずは熱をやっつけようね!


| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 15, 2006

夫の風邪がうつってしまった・・

今日から2時幼稚園終了で3時に家に戻ってくる~!!と喜んでいたのもつかの間。

昨日の夜、風邪気味の夫に休息を取ってもらおうと、昼食後に実家で遊ばせていたのだが、夕方戻ってみると、こうせいがやけに私ベッタリ。

夫がこうせいを触り、「熱い!」という。熱を測ると38.6度。ひえ~!!!!

風邪の夫にベッタリだったし、土曜日は午後からおもちゃ王国で遊び倒したし、日曜日も午前中二時間半、ばっちり外で遊んでいたし。ちょっとセーブさせるべきだった。あまりに夫と嬉しそうに元気に遊んでいるので注意不足になっていました。

結局夜中も高温なので、幼稚園は今日はお休み。
あーあ。5月は皆勤賞のシールが貰えなくなっちゃったけど、仕様がないね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2006

早速ベッタリ

昨夜、やんさんが戻ってきました。

お昼寝をして昨夜やんの帰りを待ったこうせいは、06051305今日も朝からやんにベッタリ。
私と二人きりだった1週間は出そうとしなかったトーマスの線路もプラレールも出しまくり。                                                        

06051304

夫は何気に育児が上手。
こうせいは私と線路を作っていても、すぐに「ねえねがやって~」と甘えてくるけれど、夫と遊んでいるときは自発的に作っている。実家の母も、自発的にやらせるのが得意だけれど、私はどうも苦手なのかな。細かすぎるところまで目が行き過ぎてやる気を奪ってしまっているのかも~。反省だ・・。

やんさんがいるとこうせいは寂しくなったり痛い思いをしたとき以外、私には寄り付かない。抱きしめて欲しいときに寄っていくるので、思い切り抱きしめてちゅうなどしてあげれば、満足してまたやんのほうに遊びに戻っていきます。
なのでこうしてブログも書けます。とってもラクです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 10, 2006

歯医者さんへ10

今日でついに10回目の歯医者さん。

もう、ブログに書くことがなくなるくらいに順調な治療経過です。
削るのだってなんのその。

なので、虫歯の二本をまとめて削ってください~と言いたくなるが、
それで、こうせいが嫌だな~と思うと困るのであくまでも慎重な先生だ。でも、自分にも孫がいるせいか、それ以前にずっと区の歯科検診などに関わってこられた先生だから、子供の虫歯治療に精通しているのも助かった。

お医者さんや歯医者さんとの出会いは縁だと思う。よくない縁だと、最悪病気を見逃されたりして命を落とすことだってあり得るだろう。縁といえば、この先生の出身校の大学の大学院に私は通っていた。しかも、口腔癌患者のQOLの研究でお世話になった研究室が、先生の研究室の隣かなんかだった。話してお互いにビックリした。これも縁だなあ・・。

さあ、一本目は再来週、もう一度削って、詰めて終了。今日は白い仮詰めもじっとしながら出来た。

こうせいの治療の時、私も一緒に治療椅子に乗り、こうせいをその上に乗せているのだが、ついにお腹が大きくて苦しくなってきた。

なので、私がそばについていて、こうせいに一人で治療椅子に乗ってもらうか、実家の母に一緒に乗ってもらうか~と母と話していたら、こうせいが横から口出し。

「ぐうまあと椅子に乗る~。」

前だったら、「ねえねと乗れないと嫌だ~」と泣いただろうに、本当に聞き分けが良くなりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2006

「やん」に会いたい

夫の出張二日目。

こうせいは、益々寂しいようで、「やん」を恋しがる。

なるべく寂しく思わないように、夕食は実家で食べるようにしているのだけど。

で、夜、お風呂から出て、リビングのおもちゃのお片付けをしているときの会話。

トーマスを片付ける私に、
こうせい「やんが、トーマスに会いたいって・・」
私「やんとトーマスで遊びたいの?」
こうせい「うん・・・二人じゃ寂しいよ。三人がいいの・・・。」
私「ねえね(私のことです)と二人じゃ嫌なの?今日もグウマアの家でミッタン(うちの弟)と沢山遊んだじゃない」
こうせい「でも、もういないもん。今は二人だもん・・・・・。」

そしてベッドの中で。
こうせい「やんのベッドは?」
私「今日は戻らないからこのままよ。こうせいがあと、4回寝たらやんは戻ってくるよ。そうしたら、沢山遊べるから」
こうせい「一回寝たらがいいの!4回は嫌だ」
私「そんなにやんに会いたいの?」
こうせい「うん・・・・・会いたい、やんに会いたいの・・・(少し涙する)」

こんなに慕われたら父親冥利に尽きるだろうなあ、やんさん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2006

お弁当袋を作る

今日は10日ぶりの幼稚園なので、行くときにまた泣かれるかと思いきや、前夜寝たのが8時半過ぎだったこともあって、6時半に起床。

ご飯をモリモリ食べて元気に幼稚園バスに乗りました。バスのこうせいのGF「葵ちゃん」効果はまだ有効だったようです。

帰宅後、家でちょっと遊んで、実家で夕食をご馳走になる。とてもじゃないけれど、こんな重たい体では、こうせいのパワーを受け止めてあげることは出来ないので、弟に思い切り遊んでもらう。

弟もプロレスが好きなので、こうせいを投げる、飛ばす、羽交い絞め。うちのマンションでこんなことをやったら、間違いなく階下の奥さんは憤死してしまうだろう暴れ方・・。こうせいも負けていない。ソファーから宙を飛んで弟に「フライングボディアタック」馬乗りになりお腹の上でジャンプしたり、竹刀やボクシンググローブで戦ったり。

夫との触れ合いもかなりハードだけれど(暴れられない制限はあるけれど)実家ではさらにすごい。だからかな。こうせいは、殴り合い、蹴り合いは大人とするものだと思っているから、お友達には決して手はあげない。

お友達とはしゃぐ時は、あくまでも「ごっこ遊び」である。逆に掴まれても殴られても、悲しそうに「やめて!」と止めるだけで、やり返さない。もっと取っ組み合いの喧嘩をしてくれてもいいんだけどね~。

そして自宅に戻り、お風呂に入って、9時過ぎに就寝。

私はその後、明日から始まるお弁当&給食のお弁当箱入れを作成していた。本当はGW中に作るはずが、大風邪のせいで延び延びになってしまっていたのだった。

作りながらこうせいが幼稚園でこれを取り出すところを想像して何だか幸せな気分・・。

新婚の時もそうだったなあ。夫のシャツ一枚干すのだって何だか幸せだった。今もイヤだって訳じゃないけれど、シャツのアイロンがけなんて溜まると「めんどくさいなあ~」などと思うときも数知れず・・。

今にこうせいがむさくるしい少年になって、一日に何回も汗臭いシャツを大洗濯をしなければいけなくなったら、きっとこんな風に感傷に浸って幸せな気分になる暇なんてないのだろうなあ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 27, 2006

季節外れのサンタさん

こうせいが欲しがっていた、新幹線E4系マックスの連結仕様と車両基地レールセットが到着。

玄関先にダンボールのまま置いておいたら気づかない。「ネエネの荷物?」と聞いてくるので言葉を濁す。

昼食後、サンタさんの話になったので、「そういえば、今日サンタさんが来てたよ」というと、

「何か持ってきたの?」

「玄関先の変な箱を置いていった」

と言ったと同時に「プレゼントだ~!!!」と玄関に飛んでいった。

開けて「キャー!!!」と喜びの雄たけび。

早速組み立てる。06042701

あーあ、本当は何かのイベントの機会に渡そうと思っていたのだけど、我慢できないのは母親の方でした。
まあ、でも、こどもの日も近いし、4月皆勤賞で幼稚園に通ったご褒美でいいか・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 26, 2006

線路三昧

我が家では(というか私が決めたのですが・・)、夜こうせいが寝たあと、こうせいのおもちゃを全て片付けることにしている。

大体片付けるメインは、最近は二つ。

プラレールか
06041757トーマスか。06041204

毎日毎日、どちらかで遊んでいるので、しかも遊ぶときは全部ぶちまけるので、お片付けはとても大変だ。
遊び途中に、例えばトーマスをやめてプラレールで遊ぶという場合はこうせいもお片付けに参加。
でも、夜は本当に寝るギリギリまで遊んでいるので、夫の役目となる。
これもおいおい、こうせいにやらせるつもり。
幼稚園が慣れたらかなあ。

で、以前は線路を組み立てることが苦手だった夫。こんなに上手になりました。日曜日に作ったものですが・。
しかも、私のように製作図(?)きっちりに作るのではなく、写真を見て自作のレイアウト。

06042301

自分でも良い出来だったらしく、「片付けないで残しておこうか」などと言っている。もちろん却下したけれど・・。

作りかたって性格がでるかも・・。こうせいの場合は、ムツカシイことは出来ないので、プラレールの場合はとにかく大きいのを作りたがる。クネクネ線路は嫌いで、大きい線路を作って沢山の電車を走らせる。トーマスの場合は、建物や橋やトンネルを自由にレイアウトして、ちょっとだけ線路をくっつけてあとはじゅうたんの上を走らせている。

それにしても線路三昧だ。次の子供も性別に関わらずこれで遊んでもらわないと、うちにはもう、収納場所がありません・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

歯医者さんへ9

今日も歯医者さん。

9回目。ここで書くことがなくなるくらい順調に、先生に身をゆだねている。

削るのだって、身動き一つしない。あの振動もすごいと思うんだけど・・。
やはり家で家でこうせいに磨かせた後、電動歯ブラシの「弱」で仕上げをしてあげるから振動は慣れているのかも~。

今日もちょっと削りました。先生の方針で、こうせいが「あれ?もう終わり?」と思うくらいのちょっとずつの削り+詰め。

こんなにラクに歯医者さんに通える日が来るとは思いませんでした~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 18, 2006

歯医者さんへ8

今日は8回目の歯医者さん。

予定では、治療に入る。そう、レーザーでなく削るのだ。

大人でもあの振動と音は嫌だから、どうなることかと不安だった。1時間泣かれることは覚悟しました。
が、こうせい、先生との前回の約束を覚えていて、口を開けて待っている。

先生も私もビックリ。先生、早速削る。削らせている!!!!
すごいよ~こうせい!私ですら小学校のとき嫌で泣いていたのに!

でも、そこで沢山削らないのが先生の方針。今日は溶けた石灰を削った。所要時間5分なり。
消毒の薬をつけて終了。

最初の何回かでくじけそうになったけれど、続けてよかった~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 16, 2006

増殖する電車たち

今日は夫の試験日。

なので、母とこうせいと銀座へ行った。
ランチを食べて、こうせいのお望みの場所、博品館へ。

今のこうせいの欲しいもの。それは
Sensha0417
トミープラレールJ-07 洗車場


Img10421325222
TOMYプラレールサウンド連結 EF63&あさま


Scheem0417
TOMYプラレールサウンド・スチームD51セット

本当は安い洗車場を買ってあげるつもりだった。
が、が、洗車場と連結あさまを見比べて、「洗車場はサンタしゃんに買ってもらう~」と戻してあさまを手放さない。

こんな高いの買いません!と頑張っていたら、隣の母に「グウマア・・・・買ってえ」。

涙目でそんなことを言われて断れる祖母はいなく・・
こうせい、あさま連結をゲット。増殖しています・・電車たち・・。

最近こんな雑誌も買ってしまったし・・。その名も、

ネコパブリッシング
「プラレール大図鑑」
Neko041702

本当は「鉄道おもちゃ」という増刊号の新幹線百科も欲しかったみたいだが、一冊だけ!と親も頑張る。
鉄道おもちゃは、年一回発行の増刊号で13シリーズもある。まずすぎる・・。
Neko041703

午前中は、トーマスの電車セットで遊んでいた。
疲れて具合が悪くなり横になっていた私に、「トーマス片付けて~、プラレール出す~」とお願いしていたが、私がグッタリしていると、寝室から毛布を持ってきて何故か頭にかけてくれた。お腹には大きなクッション。

ふと気づくと、一人でお片づけをしていた。買ってもらったプラレールもはさみで切って取り出していた。

「電池を入れたいの。ねじ回しがないの」というので、出してあげる。
その後夫が試験から戻るまで、ずっとそれで遊んでいた。

夜は今日は従兄弟会。弟と従兄弟と我々家族で四谷の「日本海庄屋」へ。

味もまあまあ。個室で清潔で子供づれにはうってつけ。大酒のみの家系だが、弟も体調が悪く、従兄弟は車、私は妊娠中ということで、お酒を飲んだのは夫だけ。あり得ない食事会でした。

それにしても、悪阻が治らない。今の時期にまだ続いている人は結構いるので悲観的にはなっていないけれど、吐くのは辛いです~。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Apr 07, 2006

新幹線を見に

今日の歯医者さんのあとのお出かけは

「東京駅に東北新幹線を見に行く」こと。

無事に歯医者さんを終えて、丸の内線で東京駅に向かう。お昼になりお腹が空いたので、ご飯を食べてから見ようと提案したが、却下。どうしても間近で東北新幹線が連結しているところが見たいらしい。

東北、上越、長野新幹線は、北のあるポイントまで連結して走る。例えば、福島まで連結して走って、その後分岐して一方は山形へ、もう一方は盛岡へ、という具合。

この違う新幹線同士の連結の姿がこうせいにはたまらないらしく。

入場券で構内に入る。へえ、ホームとしては二つしかないんだ。東海道新幹線よりも少ない。
いざ、エレベーターで上へ。

上がった瞬間のこうせいの嬉しそうな顔といったら。お腹が空いたのも、疲れたのも吹っ飛びました。

間近に見る東北新幹線はとてもきれいだった。子供が夢中になるのもわかる。しかも、こまち、つばさ、はやて、あさま、やまびこ、MAXなど、色と種類が多彩で、こうせいが東海道よりもこちらに魅了される気持ちも判る。

1時間くらい行き交う電車を堪能して、有楽町へ。

交通会館の展望レストラン、テラスから、東海道新幹線を見ることが出来るのだ。以前こうせいと同じ年のお友達のお誕生日会をこちらで開催され、招待されて知ったのだ。

が、展望レストランはランチタイムが終わってアラカルトしかなかったので、諦めて近くのパスタ屋さんで昼食を食べる。交通会館に戻る前に、これまたお誕生日会の後にお茶を飲んだ「無印良品」に寄り、買い物をちょっとしようろ思ったら、二階にキッズコーナーがあり、こうせいくらいの子供がうようよしていた。

こうせいは大喜びで「あっしょぼー~」。結局一時間半くらい、そこでこうせいは遊び、私は買い物。

併設のイートインでお茶とアイスを食べたら時刻は5時半。ひえ~!
新幹線が見えるテラスは諦めて、帰途に着く。でも、初めて!実際のドクターイエロー700系バージョンを見た。

Doctoryellow_1
ドクターイエローは、東海道・山陽新幹線の電気軌道総合試験車で、実際に走行しながら地上設備の検測を行う、事業用の電車だ。およそ10日に一度 走り、架線の状況や軌道の状況、通信などについて詳しく調べているそうだ。その名の通り、"黄色い"車体が特徴。走っているとかなり目立つしカッコイイ!!

戻ると即効で食事の準備。
こうせいも疲れたみたいで早めに就寝。

きっと夢の中にも新幹線が出てきているのだろうなあ。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

歯医者さんへ7

今日は7回目のこうせいの歯医者さん。

成長しました。診察室でも遠慮なしに大きな声でしゃべっています。でも、ちょっと緊張しているんだよね。

だって、先生の行動や出してくる器具を注意深く見ている。警戒している。

今日の先生は、本当はドリルで虫歯の治療をする段階に進みたかったらしい。
最初はレーザーと言っていたが、今後絶対にレーザーだけでは対応できない場合も出てきて、そういうときの為に慣らしておいたほうが良いとの事。

先生はドリルの技術には相当の自信を持っていらっしゃる。確かに痛かった試しはない。注射も。

こうせいは、ドリルを見て、泣き出してしまった。そりゃそうだね。「ちょっと削ってみようよ」という提案も、
「イヤイヤ~、そんなのイヤ~!」と泣き出す。

でも前のようにパニック泣きではなく。

先生はドリルを諦めて(でも、しっかり「来週はやってみるんだよ」とこうせいに約束させていた)、虫歯で空いた穴に薬を塗り、白い詰め物をした。

「これも訓練だから。取れても構わないよ。」こちらは簡単にクリア。

そして終了。今回は15分くらいか。

来週は幼稚園の後にここに来る。ドリルまで本当に進めるのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 30, 2006

二人いると楽!?

今日は従兄弟の子供で、今度こうせいの入る幼稚園の年長さんになる男の子と新宿御苑へ。

従兄弟の子供は上が男の子二人、末っ子が女の子。こうせいは特にこの真ん中の男の子と遊び方が合う。
二人とも体を動かすのが大好きなのである。

どんなことになるのか、一抹の不安を抱きつつ入苑。

いや、ラクでした。確かに駈けずり回っていたけれど、上の男の子はこうせいと違ってある程度走ると必ず私の存在を確認する。そして、こうせいが暴走すると追いかけて止めてくれる。

追いかけごっこも二人でやってるし。葉っぱや花びらを集めてご飯ごっことか、私と二人きりだと私が相手にしないといけないことも、全て二人で楽しんでくれて私はぼーっとしていれば良いだけ。これだったら二時間いても三時間いても苦にならない。

本当にラクだった。もう毎回、このお兄ちゃんを借りて一緒に御苑に行きたいくらい。体力が悪阻で無くなってもう一人、最初から育児するのに若干不安もあったけれど、何だか安心した。
こうせいは良いお兄ちゃんになって遊んでくれるだろう。頼みますよ!こうせい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 29, 2006

青山児童館へ

再び青山児童館へ。

こうせいは、すっかりかって知ったる様子で地下から4階まで走り回っている。
絵の具で絵を描いたり、遊具で遊んだり、おままごとごっこをしたり。

しかし春休みで人口密度がかなり高かった~。

そういえば、遊具の広場でセレブそうなお母さんの集団がいた。
なんでこんなところにくるのに、そんな高くてとんがったヒールを履いてくるんだ?というかんじ。

で、その人たちが「子供が夜寝るのが遅い」という話をしていた。

そうしたら、一人のお母さんが信じられない話をしていた。
「どうしても寝て欲しいときは、風邪じゃなくても子供用の風邪薬を飲ませるのよ~。あれって副作用で眠くなるから。そうするとすぐ寝てくれるわよ~。薬だから害はないし~」

えっ????風邪でもないのに、薬を子供に与える?しかも、風邪薬を?
他のお母さんが「なるほど~うちもやってみようかしら」などと言ってるのが恐ろしかった。本気じゃ、ないよね・・。

健康な子供に風邪薬を飲ましたらどうなるか。

まず解熱成分が含まれているとき。正常な体温をさらに下げるわけだから子供は低体温に陥る。
低体温と言うのは危険な状態で意識を失ったりなどのショック症状を引き起こす。特に小さな子供の場合。

そして抗生物質。この中には皮膚のただれや、痙攣を引き起こしやすくなるという報告もある。

そういうのをもちろんわかった上で、安全な薬を選んでいると信じたいけど・・・。
でも、そんなこと自慢げに人に話せる内容じゃ、ない。一種の虐待です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 20, 2006

倒れてたら・・

今日も昼過ぎからオエオエ模様。

昼食を吐いて、低血糖になってしまったらしくてリビングで倒れていた。
ウトウトして、こうせいが私の傍でごそごそ何かをしているらしいのはわかったが、起き上がれず。

一時間半くらい経って、ようやく起きて辺りを見回すとこうせいが少し離れたところで、小さな椅子の上にちょこんと腰掛けて私をじっと見ていた。

「何してたの?」と聞くと、

「遊んだり、ねえね見てたり・・。」

「ごめんね、一緒に遊んであげられなくて・・」

「えっへ(自分のこと)、一人で遊んでたもん、トーマスで。」

健気で、思わず抱きしめてしまいました。

今日は一人で育児はこうせいにも我慢させてしまうと思って実家へ夕方から行く。
こうせいは、私の母を見るなり

「グーマー、あしょぼ!あしょぼ!」・・遊びたかったんだね。

夕食の時間が迫っていたので帰ろうと思ったけれど、こうせいは帰る気配がなく。母の言葉に甘えて、夫にも実家に来てもらい、実家で夕食を食べた。

実家で平日急に夕食をお願いすることなんて初めてだったけど、もうちょっと実家に甘えてもいいのかも。自分ひとりでどうにかしようとすると、こうせいにさびしい思いをさせるから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 17, 2006

歯医者さんへ6

先週は、胃腸風邪の影響もありお休みした歯医者さん。

今日は2週間ぶりだ。
また、逆戻りかな~、とこわごわ診療所に行くがこうせいは、受付を通り過ぎて診療室に入ろうとする。

大丈夫そうかも・・。

今日は混んでいて待合室で待つことしばし。「まだ~?」とこうせい。

やっと名前が呼ばれて診察台へ。今日の課題は、ピンセットで挟んだ脱脂綿に、消毒液をつけて、それで口腔内をくまなく綺麗にして貰い、ブクブクをすること。

診察台でもしばし待たされて、こうせいは遠く他の患者さんの診察をしている先生を探して「早く~」などと言ってる。随分なれた。こうせいにとって、ここは怖い場所では無くなったらしい。

やっと先生登場。こうせいはすでに口を開けていた。ピンセットでつまんだ脱脂綿で口腔内を拭くのは楽々クリア。そして次に消毒液につけた脱脂綿で拭く。

消毒液を見たこうせいは、涙目になった。「なにこれ~。いや~」

律儀に先生は、それが何か、どうしてそれで口腔内を拭かないといけないか、こうせいに説明した。
じっとそれを聞いていたこうせいは、「これでお終いね?」と言って口を開けた。

おおっ!!ここから30分ごねることを覚悟したのに!いともあっけなく拭いてもらってぶくぶくをして終了。
治療時間は10分弱!すごい進歩です。

方針としては、レーザーで治療をするらしい。詰め物をしたり、口を長い間開けたり、薬品をつけたりするから、それに慣れる訓練をあと2,3回やるらしい。

医者嫌いの子供は多い。こうせいもそうだ。でも、どうやら歯医者さんだけは大丈夫になったみたいだ。主治医の先生をこうせいが信頼したからだろうな。私もそうだけれど、こうせいも、任せられる歯医者さんに出会えたことはとても幸せだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 16, 2006

入園準備

錦糸町にある赤ちゃんホンポへ、車で入園グッズを買いに行く。

紺のハイソックスやら、シャツのしたに着る白の下着やお弁当箱などなど。
しめて二万円弱也。

こうせいは最近、プラレールの新幹線に凝っているらしく。
最近新発売された東北の「つばさ」の連結仕様が欲しかったらしいが、生憎種類がなく。

すごーくがっかりしていました。

でも。それでも何か選んでいる。今回は、これも前から欲しがっていた、100系新幹線。

こうせいのプラレールの使い方は不思議だ。線路の上を電動で走るはずなのに、手動で動かしている。
おそらく、0歳のときから馴染んでいるトーマスの汽車達の影響なのかも。

お昼から行って、買い物後マンゴとバナナのジェラートを食べ、帰宅は5時。

長時間の買い物は久々なので疲れました・・。
今日は夫は送別会で外食。

なので、家事は楽だったが、悪阻が悪化して辛かった。悪阻が長引くと女の子、って言うらしいが。
ま、この期に及んではどちらでも大歓迎です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 15, 2006

新宿御苑へ

今日は晴れたのでこうせいと新宿御苑へ。

お昼を家で食べて1時から閉園の4時半まで、みっちり駆けずり回り。御苑は梅の花がみどころ、とてもキレイでした。n060308f

他にもオカメザクラ、カワヅザクラ、トウカイザクラ、クリスマスローズなどが園内を彩っていました。

こうせいは、「ああ、きれいねー」と言いながら全くじっとしていず。時々雑木林の葉っぱでご飯を作ってくれたり、芝生をはだしで駆けずり回ったり。

その後近くの図書館でまた本を借り、帰途に着きました。

お腹が空いたのか、夕食に野菜たっぷりエビ焼きそばを作ったら、4人前作って半分くらいペロリ。
その上ロールパンを一つ。

病気以来食欲に火がついているこうせいです。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 12, 2006

おめでたい「下」の話。

水曜日からピタッと治まっていたこうせいの下痢は治まるを通り越して便秘に。

まあ、それだけ排出したって事なんだろうから出なくて当たり前とも思うが、水曜日からのこうせいの食欲を考えるともう出てもらわないと困る・・。

今日なんて、朝夫と作ったホットケーキを食べ、リンゴもオレンジも食べ、昼は近くのうどん屋さんで天プラうどんをほぼ一人前食べ、実家に着いてから、大好きなユーハイムのバームクーヘンを大人の1.5倍食べ、夕食のカツを二切れにエビフライを5匹・・・・。さすがにご飯は食べなかったがバナナを一本食べた。そしてイチゴを6個。

すごすぎ・・と思って家に戻ると「うんち~」。すごいのを大量に・・。トイレが詰まりました。
思わずみんなで喜びました。こうせいも「硬いねえ」と喜んでいる。硬かったらアイスを半分じゃなくて一カップ食べられる約束だからね。

これが一つ目のおめでたい話。そして二つ目。

こうせいは男の子である。で、おちんちんがまだ剥けていない。包茎というやつだ。
最近こうせいはオシッコした後も残尿感がある感じで何度も力むので、オムツのこともあり、もしかして包茎のせいでオシッコが出にくいんじゃないかと思っていた。

前々から夫が先輩パパさんに聞いた方法でお風呂でこうせいの包茎を直そうとしていたらしいが、痛がるし無理やりはダメだので中々剥けるまでは至らなかった。

私もお風呂で夫に聞きかじったように石鹸をつけてそっと剥いてみようと思った瞬間手に力が入って、そのままずるっと。

げっ!!雄犬と同じのグロテスクなものが出てきた。私が「ぎゃっ」と言ったのでこうせいも泣きそうな顔になり。
慌てて戻そうとしたが、皮が本体を締め付けて戻らない。おちんちんの上のほうを輪ゴムで縛ったようになってしまい、こうせいは「い、いたい・・・」と顔をしかめる。

慌てて夫を呼ぶと、夫は「おおっ」といい、手を水でぬらして元に戻してくれた。

いやあ、焦りました。それにしてもグロテスクです。でもこれでちょっとは頻尿が改善されるかな。オムツが外れるとさらに風通しが良くなって良いんだろうけど・・。嫌がるのでまだまだそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 10, 2006

ラッキー!

今日はこうせいの幼稚園の入園説明会。

制服を受け取り、入園までに作ってくるものの説明などを受ける。

こうせいは幼稚園バスでの通園になるのだけど、その停留所が家から遠いので、もうちょっと近いところで停めてもらえないかと交渉したら、うちのマンションのまん前が、バスの通路になっているので、あっさり

「あ、いいですよ~。一人でもマンションの前で停めますよ~」。

やったー!ドア・ツー・ドアで幼稚園に通わせられる。4月から、家で個人講師をしようと思っているので丁度いい。第二子がいても、マンションの前くらいなら余裕で出られるし。

帰りは実家の路線のバスになったとしても、やはり実家から15秒くらいのところに停まるので通園には恵まれた。

あとは素直にバスに乗ってくれるかだな~。それが一番心配です。今日も、受け取った制服の帽子を見て
「絶対にこんなのかぶんない!!!」と早速大きな声で宣言しているし。

今から慣らさなきゃ~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 06, 2006

熱が下がる

夜中に40度近くまで出た熱は、朝になって下がった。心配して母や隣の叔母達から電話をいただく。

母が世話に来てくれる。助かる。見ていてくれる人がいないと買い物も出来ない。

こうせいはちょっとグッタリモード。でも、母と遊ぶのが大好きなので楽しく遊んでいる。まだお腹は下痢らしい。

夕方ちょっと昼寝。その後やはり二回ほどトイレへ。やはり、下痢。

こうせいはおしっこはトイレでするのが嫌いだが、ウンチは完全にトイレでする。下痢で漏れそうでも決してオムツの中ではしない。トイレトレは幼稚園に任せようと、全くやるつもりは無かったんだけど、ウンチはトイレが好きなようだ。

小児科の先生よると、トイレでウンチをするには腹筋がある程度必要だから時期があるとのことだった。確かに私のインド料理師匠の娘さんもウンチから出来るようになったといっていた。筋肉質の、締まった体をしているから納得だ。

話が逸れたけれど、このピーピーをオムツでされていたら・・と思うとぞっとする。モレモレだろう・・。

夜はアイスを食べたがり参った。でも、熱も完全に下がって回復に向かってはいる。このまま、ぶり返すことなく完治させたい。

私は胃腸風邪が移ったのか、悪阻が復活したのか気分が悪く胃が痛い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 05, 2006

救急外来へ

昨日の午後からこうせいの様子がおかしかった。いや、午前中も、遊んでいると、5歩歩く毎位におしっこをしていたそうだ。
それでも大いに遊んで、お昼にラーメンを食べて。そこからおかしくなった。

やけに私に甘えてきて、夫になつかない。夜も夫とやる仕上げの歯磨きも、お風呂も全て「ネエネとやる」。

夫に「こうせいいじめた?」と聞くと「いじめるわけないじゃん!」・・そうだよね。じゃ、なんで?この私べったりぶりは、なに?ここで体調が悪いんじゃと、気づけばよかったのだが、熱はないし、遊ぶときの大きな声も相変わらずだからまさか風邪がぶり返しているとは気づかず。未熟な親です。

そして今日。朝はロールパンを二つ食べて元気、、に見える・・・。でも、夫とやはり遊びたがらず、「ねえねと遊ぶ」。

仕方がないので、夫には勉強をしてもらい、私は家事をしながらこうせいの様子を見る。家事が終わったら遊んであげる、と言ったので、こうせいは洗濯物の取り込みを一生懸命手伝う。でも、掃除に朝ごはんのかたつけ、次の洗濯、家事は暇なくあるので、中々遊んであげられない(というか遊ぶつもりなし)。

そのうちクネクネ、イジイジ。私の大嫌いな辛気臭さになったので一喝する(今思えば調子が悪かったのだ。かわいそうだった)。しくしく泣く。

かなり険悪になったところで夫が帰ってくる。昼を食べに行くがこうせいは一口も食べず。あれ?何かおかしい?
その後公園に三人で行くが、少し動くと私のところに戻ってきてベンチで爺さんのように背中を丸めて座っている。

「どうしたの?」とこうせいを見てぎょっとする。肌が黄色い!!慌てて目玉を確認するが、こちらは白い。でも、この黄色さは?ここでやっと調子が悪いことを確信し、即効で家に戻る。

歩けず、夫のおんぶ。ベッドに寝かせるとすぐに寝た。夕方起きるので、リビングに連れて行ったがぐったりしている。頻尿といい、肌の黄色さといい。。そして、昼寝をしていた夫が起きてきて「むくんでいる」と、言い出す。熱を測ると39度。

不安は最高潮に達して近くの大学病院に救急外来で連れて行く。その時間、夕方6時。ジグのこともあって、私は不安のあまり泣いてしまう。肝臓?腎臓?それとももっと悪い病気?

大泣きの末、採血と検尿と点滴をすます。結果は全て異常なし。炎症反応も、白血球の増加もなし。ただ脱水症状がちょっとあるとのこと。
総合すると、夫のウィルス性の胃腸風邪がこうせいに移って、治ったと思ったがぶり返した、ということらしい。

終わると午後11時を回っていた。家に戻り、夫には出来合いのお弁当を食べてもらい、こうせいは水分を取り、体を拭いてあげて、結局皆で寝たのは1時だった。

私は悪阻がぶり返して非常に気持ちが悪く。それよりも、子供の発したSOSに気づいてあげられなかった申し訳なさで胸が苦しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 01, 2006

うつった!

こうせいのお腹の調子がおかしい。

夫と同じく、ウンチ~とトイレに駆け込むのだけど出ない。おならが臭い。何だか甘えん坊・・。

そして夜、夕食を食べていると、夫がこうせいの額を触って「熱い」という。熱を測ると38度超。

やられた~!!うつりました。お腹はまだくだってないけれど、これからだろうか。でも、ちょっとグッタリしてもらったほうがいいかも・・。明日は一緒に寝ていようね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 28, 2006

歯医者さんへ5

歯医者さん5回目。今日の課題も引き続き「ピンセットで挟んだガーゼで口の中を丹念に拭いてもらう」。

悪阻で随分と吐いて、胃酸が影響したらしく差し歯がポロリと取れてしまった。ちょうどこうせいの診療なので一緒に診てもらった。

診察台にこうせいを抱いて昇る。差し歯をくっつけるだけなので治療は簡単だが、こうせいは恐ろしそうに見つめている。先生が「ママ、怖くないよね。痛くないよね」と随所随所で相槌を求めるので私は口を開いたまま「ぜんぜんーん平気」、と、笑ってみせる。

そして私の治療は終わって次はこうせい。でも、お約束で「イヤイヤ」。

今日は久しぶりに実家にいく。こうせいが早く行きたくなるように、その話題をする。

「今日はぐうまあの家でなにするの?みったん(私の弟)とプロレスごっこでもする?やんに習ったフライングボディアタックとかして。ぐうまあも、こうせいの好きな焼きそば作ってくれるってよ。」

こうせいが葛藤しているのがわかる。
程なくして小さな声で「ねえねがやるならいい」
「ねえねじゃダメだよ。先生がやらないと。ねえねにはこうせいの虫歯は治せないから」
「先生はイヤ」と泣きべそのこうせい。
「じゃあ、やれるときが来たら教えてね」といい、抱っこしながらぼーっとする。

そうしたらまたちょっとして「先生にやってもらう・・」

チャンス!とばかりに先生のほうを振り返るとちょうどこちらに来るところだった。こうせいはすでに口を開けて待っている。

そして丹念に先生に磨いてもらってぶくぶくをして終了。今日のゴネ時間は30分なり。成長したね~!
先生も来週から治療に入れるかも、という。

そしてにこやかに「ばいばーい!」をして気持ちよく歯医者さんを後にする。えらかったね、こうせい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 23, 2006

塾終わる

今年度の授業が全て終わった。

悪阻があったときは辛かった。何回か、授業を抜け出して吐いた。でも、結局休むこともなく無事におえた。

さあ、後は結果だな~。何とかどこかに引っかかってくれないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 21, 2006

歯医者さんへ4

今日も歯医者さん。

でも、この間でちょっと吹っ切れたのか、あまり抵抗しない。10時に診察室に入る。
今日の課題は、「歯をピンセットでつまんだガーゼで拭くこと」。

私たちにとってはすごく簡単なことだけど、子供には、あのピンセットが口に入ってくるのが怖いらしい。
そうだよね・・・。

案の定、こうせい泣いて抵抗。今日のこれからの予定は渋谷にある「児童会館」でたくさん遊ぶこと。

先生はまず、私の口でお手本を示す。私「痛くない、あ~気持ちいいなあ。こうせいもやらない?」。
こうせい「いやいや」。今日も長丁場か・・・。

ピンセットの恐怖を取り除くために、こうせいにピンセットを持たせてガーゼをつまませようとするが拒否。でも、ちょっとずつ触っていた。

慣れたかな~と思った頃に、「早く終わらせないと、児童会館終わっちゃうよ」と声をかけると「イヤイヤ、行く。行って遊ぶ~」と大泣き。

そして一時間。泣いたりだんまりを決めたり、私のネックレスで遊んだり。何の拍子か「ねえねやって~」とまた譲歩してきた。

心の中でにんまりしつつ、難しい顔をして「うーん、ねえねがやるんじゃダメだって先生が言ってるよ。先生がやらないとダメなのよ。」というと、「イヤ!先生やるのイヤ!」と泣いたが、「じゃあ、もうちょっとここにいようね」と言うとちょっとして小さな声で「先生にやってもらう」と言った。

やった~!!!先生は他の患者さんを治療中だったのでしばし待つ。こうせいは「しぇんしぇーい、きてくださーい」と呼んでいる。なんなんだ?この変わりようは?

そしてあっという間に終了。

終わって外に出ると「お腹すいた!」。そうか、今日はあまり朝食を食べなかったからお腹が空いていたのも、良かったのかも・・。ということで、近くのうどん屋さんで早めの昼食を取り、児童会館で大暴れしてきました。

1時に行って、家に着いたのは6時前。私のオエオエ度が上がったのは言うまでもない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 19, 2006

お遊戯会へ

4月からこうせいが通う幼稚園のお遊戯会が明治神宮会館であり、招待状が来たので夫とこうせいは朝早くから出かけていった。

私を休ませるための夫の素敵な計らい。感謝。

でも、子供がいなければいないで、掃除や洗濯などをやって中々ノンビリできなかったりする。

それでも、少し横になりうとうとしていたら夫から電話が。
「ねえねにプラレールを買ってもらうって言って泣いてる」とのこと。

そうだった、以前からこうせいが欲しがっていた、やまびことこまちの連結セット、「今度買ってあげるね~」と約束していたんだった。しっかり覚えていたのね~。

夫にいったん家に戻ってきてもらって、そこから又車に乗って、銀座へ。何だか「デリーのカレーが食べたい気分」だったので。

おえおえでもこういうものは食べられるから不思議だ。刺激物は、胃酸の分泌を促進するからいけないらしいが。

美味しく食べて、おもちゃやさんへ。私は途中で疲れて車で寝ていた。食べているときは美味しいのに、食べ終わった後の口の中の感覚がなんとも言えずに気持ちが悪い。

程なくしてこうせい、夫と戻ってくる。夫はトーマスシリーズの「テレンス」を買ってあげていた。
これも、前々から欲しがっていて、でも売り切れで無かったのだ。目ざといなあ。

家に戻って早速遊ぶこうせい。私はまずトイレに直行。

でも朝休んだからちょっと調子いいかな。やはり、休養は悪阻には大事です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 18, 2006

おもちゃ王国へ

今日は水道橋にあるおもちゃ王国へこうせいと出かけた。

体調が風邪を引きずりあまりよろしくないので、屋内で遊べるところ、ということで。

ここには、こうせいの大好きなプラレールが沢山ある。
昨夜の寝る前のお話タイムでここに行くことを約束してからこうせいは、楽しみにしていたのだった。

最近不憫だな、と思う反面楽になったことがある。

私が家事をやっている時は、一人遊びをしている。もちろん長時間放って置くと甘えにくるけど。ちなみにパソコンも「お仕事」だとこうせいは思ってるようで、前ほど寄ってこない。その代わり休憩と思って座った途端に甘えてくるけど。でも、「気持ち悪いので、横にならせて」とソファーに突っ伏していると、寝室から毛布を持ってきてかけてくれる。そして一人で遊んでいる。

そういう変化は嬉しいけれど、申し訳ないとも思う。我慢しているわけだから。だから出来るときに精一杯遊んであげようと思う。

昼食を家で食べ、二時過ぎに出発。色々と走り回り遊びまわり、5時半に退出。その後、近くのトーマスショップでしばし遊んで、お腹がすいたと勝手に隣の「ベースボールカフェ」に入っていってしまったので、そこでボンゴレスパゲティを頼む。7時帰宅。私は寒さと気持ち悪さでふらふらだった。

家で吐いた。スパゲティの油とにんにくにやられてしまった。食べた直後はそんなに感じなかったけど。
最近家のシンプルご飯か、実家の母の手料理だから、外食で質の悪いものは体が受け付けなくなっている。

二日前に母とホテルランチをした後も、夜吐いてしまったなあ。そうしたら、昼食のスパゲティがやはり消化されてなかった。

インド料理師匠が、「自分の家でインド料理作れるようになると、外のはくどすぎて食べられない」と言っていたが、本当にそうだ。外食は脂っこいのだ。その外食をもう二週間も夫にさせている私は、悪妻だ(涙)。
もうちょっと我慢しておくれ。

こうせいのときの記録によると、最終月経から三ヶ月経たないうちに悪阻は軽減し、楽になってきている。
ということは私も来週、11週が終わる頃には良くなっているはず。
すごくかなり、非常に待ち遠しい。でも、長引いた場合の絶望も怖い・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 15, 2006

歯医者さんへ3

今日のこうせい歯医者も手ごわかった~。

やはり前回騙されたしこりがあって、口も開けない。先生が「初めからやり直しだな~」。

ガックリ。「初めから」とは、先生が手に持ったガーゼで口の中を掃除し、自分で口ゆすぎ台の機械を押して
水を口に含んでゆすぐこと。

10時に診療室に入って再び診療台を一機占有。なだめてもすかしてもダメ。終わったら、実家によってお昼を食べて新宿御苑に行く約束をしていたので、「夕方になったら、アヒルさんに会えないよ」とか、「カメさんも家に戻っちゃうかもね~」と、プレッシャーをかける。

その時だけ、「イヤダー!!行く。ガーガー(アヒル)のところにいく!!」と大泣き。
「じゃ、口をガーゼで拭いてもらおう」というときっぱり、「イヤ」。

慣れさせようとその辺の機械を指差してさわったり。少し興味を示すけれど、すぐに「イヤイヤ!!」。

先生も他の人の診療の間に寄っては「こうせい君、早く終えてカメさんと遊んでらっしゃいよ」と言うが「イヤ!ウエーン」という感じ。

そして昼休みに突入。12時半になってしまった・・・。

こうせいにとって、なによりもイヤなのは、遊びに行く約束を放棄されることだ。でも、歯医者さんに行って先生に歯を診てもらう事が、御苑に行く条件だったので、もしもこのままこうせいが、今日の課題をこなせなかったら、どこにも行かずに家に戻るつもりだった。

先生にもそう話し、帰ることにした。こうせいには
「今日はこうせいは、先生に治療してもらえなくてねえね(私)との約束を守れなかったから、御苑には行かない。ぐうまあ(実家)にも、行かない。家に戻ろう」と言うと、パニックを起こして大泣きした。

もう暴れて暴れて、他の先生や衛生士さんたちは呆気に取られて見ている。

今度は診療台から離れない。「家に戻るのはイヤだ!!ガーガー!」と叫ぶも抱きかかえて診療室から無理やり出す。

待合室でも泣いて泣いて、診療室に入ろうとするが無理やりコートを着せると泣いてクシャクシャになった顔で、「ねえね(私のこと)がやるならいい」と譲歩してくる。

先生に相談すると「僕にやらせないと意味がない」と言われ却下。もう、泣き叫んで入り口のドアも踏ん張って中々出ようとしないけれど、抱きかかえてエレベーターに乗せて外に出る。

そこで、こうせい遂に折れる。泣きながら「せ、しぇんしぇいにやってもらう~」。

「勝った!」と思いましたね。こうせいは自分で明言すればやるタイプなので、気が変わらないうちに慌てて診療所に戻り、診察室へ。先生が来る前に、もう口を開けて待っている。

そして3秒でガーゼ拭きは終わり、いとも簡単に、口もゆすぎ終了。時間は1時10分になっていた。延々三時間強、戦い続けました。

終わると「痛くなかったね~。はやくご飯食べてガーガー行こうね」なんて言ってる。もう!!!!親は悪阻でゲロゲロなのに・・・。

母と近くのホテルでランチを食べる。こうせい爆食。そりゃあ、お腹も空くでしょう。そして約束の御苑へ。

三時間、閉園まで目一杯遊びました。

その日は私も疲れきり、オエオエが悪化したことは言うまでもありません・・・。

でも、、こういう風に他人を巻き込んでこうせいに「やるべきことは絶対にやらないといけない」ことを教えられる機会が持てたのは幸せかも。普通の歯医者さんだったら、無理やりやるか、どこかで妥協するか。

でも、先生には妥協はない。今日決めた課題を絶対にやらせるまでは返さないという信念を持っている。
私も同じ気持ちで臨むつもり。その代わり怒らず冷静に。ちゃんと抱きしめてあげて。

でも、まだ歯も診てないんですぞ、先は長すぎる。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 08, 2006

歯医者さんへ2

今日は二回目の歯医者さん。

こうせいは泣くこともなく。診察台に上がりちょっと緊張しているものの、この間とは格段の進歩をみせた。

まず前回やった「ガーゼで、歯を消毒」これも難なくクリア。(この間は大泣きだったのに)。水ももちろん、大丈夫。

そして今日の課題は、「ガーゼをピンセットで先生がつまみ、それで口の中を消毒する。」

あのピンセットが恐ろしかったのか、こうせい、一気にイヤイヤモード。なだめてもすかしても、「イヤイヤ!!!」

先生、課題を変更して「緑の消毒液をつけたガーゼで口の中を拭く」これも、ダメ。先生が
「消毒液つけても、別に苦くもなんともないことを判らせたいから、タイミング見て、拭いてあげて」と私にお鉢が回ってくる。

そうだよな~。こうせいに付き合ってたら、何時間かかるかわからない・・。
やはり40分くらいかかり、こうせいは頑として口を開けない。でも、何かの拍子に口が偶然開いたので、不意打ちのように口の中をガーゼで拭く。

不意打ちの行為に裏切られたと感じたこうせいは激怒り。私をバシバシと叩き、ついには泣き出した。
でも、なだめてすかして、口をゆすがせた。

怒って「もう、ここには来ない」とか言っている。先生にも怒っているようで退出時も「バイバイしない!!」とふくれっつらだ。

先生は「騙されるのはイヤなんだな。ちょっと、次回は時間を開けよう」という。ああ~長いよう。まだ治療もしてないのに。でも、ここで「歯医者=痛くない」という気持ちを持たせれば、ゆくゆく楽なんだから!と思って頑張ろう・・。

それにしても悪阻がひどくなりました・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

母には美しくしていて欲しい?

昨日頭を乾かさずに寝たので、今日の朝は大爆発。

こんな頭でも夫は何にも言わないのに(諦めているのかも)、朝食の準備をして、爆発髪でこうせいの横に座ったら、

「こんな髪の毛イヤだ。きれいにしてきてよ」などと言う。ま、なんて生意気な・・・と思ったが最もなので、軽く水をぬらして整えた。

「これでどう?」と言ったら「可愛い!」だって。

今からこうだと、もっと大きくなって授業参観のときなんて何言われるか判らないなあ~。

夫のお母さんはすごく綺麗で、みだしなみもきちんとしている。

舅姑と暮らしていたから、ということもあると思うけれど、朝、階下に下りるときにはすでにストッキングを履き、きちんとした洋服にお化粧もきちんとしている。ジャージなんて着たことないのかも・・。

義母のお母さんもすごく凛とした方だから、もう筋金入りなのだ。

見習わなきゃ・・・と思いながら、夫が黙認してくれているので、直りません・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 03, 2006

歯医者さんへ1

今日はこうせいを歯医者さんへ。

歯科医院の前ですでに大泣きのこうせいは中に入るのも無理やり。

先生は、「無理やり力ずくはやらない。時間をかけてまずここに慣らそう」とおっしゃって下さった。

今日の課題は、診察台に座り、先生が手に持ったガーゼで口の中をキレイして、口をゆすぐ機械を自分で操作して、口をゆすぐ、まで。

診察台には私と一緒に座ってクリア(大泣き)。口へのガーゼも、もっと大泣きになりながら何とかok。

問題は、口をゆすぐこと。頑としてやらない。泣き喚いてる。でも、先生も心得たもので、
「何時間かかっても自分でやらせて」という。

なだめてすかして。看護婦さんも他の女医さんも。でも「イヤ」の一点張り。

私も汗だくになってしまった。

一時間くらい経ったときか、ちょっと慣れてきて、機械を触ったり。ぽつぽつと話しかけながら私が自分の口をゆすいだりして、こうせいに水を出させるだけやらせたら、ひょい、と口をゆすいだ。

嬉しかった~。先生に報告。皆にほめられて気分を良くしたこうせいは、バイバイを言ってご機嫌で医院を後にする。

私も嬉しくてこうせいにnaporiで、みかんといよかんのシャーベットを買ってあげた。あーあ、これだから虫歯に拍車をかけるんだけど・・。

でも根気って大事だ。ちょっとこれからの長い道のりを思って気が重いけど・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 25, 2006

三歳児検診

今日はこうせいの三歳児検診。

昨日の夜は視力検査と聴力検査。朝は尿をトイレで採取。

視力検査は、直径1cm位の図形(魚やチョウチョ、花、鳥など)を2.5m位はなれたところから片目を押さえて当てさせる。こうせいは全てクリア。これで視力0.5くらいだそうだ。この年齢の基準視力だ。

そして聴力検査は、テーブルを挟んで、小さな声で何種類かの動物の名前を言って、こうせいが当てるというもの。これも、余裕でクリア。そして片耳の後ろで指をこすり合わせ、聞けたらこうせいに合図をしてもらう。
これも大丈夫!

身長も体重も、三歳の平均ど真ん中。私の子なので良しとしよう。

問題は虫歯。ありました・・・。あれほど気をつけていたのだけど。いや、あるなあとは思っていたのだが・・。

こうせいの歯は乳歯なのに大きくて隙間が殆ど無い。これは夫似だろう。だから虫歯になりやすそうと思って気をつけていたのだが、やはり妊娠するまで母乳が出て、寝ているときは好きなときに飲めたのが前歯虫歯の原因らしい。母乳だけだったら、虫歯にはならないはずだけど、やはりどんなにキレイにしていても汚れは落としきれないから、母乳が拍車をかけてしまったのだろう。ま、仕様が無い。覚悟の上で母乳をあげていたのだから。

色々な子供がいて面白い。身長体重を計るのに裸にならないといけない場面。
こうせいは裸がイヤで大泣きで、でも泣いてるんだけど裸にはさせてくれるし、計測もすぐに出来た。でも次の子供は笑ったまま固まってるんだけど、頑として脱がない。全身全霊母親にしがみついて計測機にも乗らない。
その次の子供もお母さんにしがみついて下にすら下りない。

かと思えば自分でさっさと脱いで、体重計の上でジャンプしてる子供もいるし。

「お口を開けて」と言われればこうせいは大泣きしながら口を開けている。以前は鼻をつままれて息が出来なくても口を開けようとしなかったからちょっと進歩かな。

虫歯以外は問題なし、ということでほっとしたが、歯医者さんに通わないといけない。
気が重いなあ・・。でも、通うなら今だし。土曜日に予約して夫に行ってもらおう・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 19, 2006

東京都児童会館

今日は午前中塾。実家にこうせいを引き取りに行き、ついでに、渋谷区にある「東京都児童会館」に行って来た。

うちからも実家からもバスで一本。停留所も児童会館のすぐ近くにあるので、便利である。

都営なのでどうだろうと思ったが、1000円の入場料がかかる「子供の城」に匹敵する楽しさだった。

遊ぶところは地下1階から5階まで。休日は屋上で一輪車や竹馬でも遊べる。
5階が大きな図書館と、メディア室。ビデオなども見放題。4階は音楽室と工作室。工作は紙粘土やキーギルダー作り、水彩、新聞紙での造作。3階が大きい子供用の人体を模した大きなアスレティックとパソコン、科学実験など。2階は幼稚園未満の子供達が遊べるアスレティックとおもちゃの数々。
地下には木工工作室。

こうせいは、アスレティックで2時間大暴れ。そして木の車とキーホルダーを作りました。自分で始めて「トンテンカンテン」とトンカチを叩き車輪を入れて、好みで車に装飾をする。omocha

楽しかったなあ。材料費も無く、タダ、ってところがとても良い。

帰りには休憩室でアイスとお菓子を食べて。また行きたいね!もうちょっと、体調が良くなったらね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 16, 2005

こっちもポットン

親友の娘さん、2歳4ヶ月のyayaちゃんが、母親も強制的に訓練したわけじゃないのに「ポットン」も「チーチ」も出来るようになって、「う~むこうせい、先を越されたか・・。でも、無理やりは、親も大変そうだし。。yayaちゃんのように自発的にトイレしたくなったらやろうね~」と、のんびりしていたら、実家で急に「うんち出る~」。

何気なしに、「トイレでしてみる?」というと、「うん」

おっ、と母と顔を見合わせて。でも、なんでもない風を装って、便器に座らせる。半分顔を出していて、無事にポットン。親友も感動したと書いていたが、私も感動しました。

一生懸命踏ん張ってる姿も、きっと忘れないだろうなあ。
それから、家に戻って駐輪場で「また、出る」。

慌てて家に戻ってトイレに座らせて。私がオムツを取りに行っている間にポトポトしたらしい。
「いっぱい出たの~」と喜ぶこうせい。

別に、幼稚園までにオムツは取れてなくてもいいやと思っていたけれど、こういう自発的な成長はとっても嬉しい。あんまり期待していない分、親の喜びが大きかったかな。

今日は記念すべき「ポットン記念日」。当の本人は9時過ぎに夢の中。明日もポットンしようね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 09, 2005

新宿御苑へ

今日は新宿御苑へ行った。

紅葉真っ盛りで、葉っぱは赤に黄色、オレンジ色、と木々も枯葉のじゅうたんも鮮やかだった。

今日は風もない暖かな日で、御苑は紅葉の見物人で賑わっていたが、殆どがお年寄りか、子供連れの母親たち。

こうせいは、御苑内に入った途端に「赤に黄色に緑のはっぱ、きれいね~」を連発して、周囲の人々を和ませていた。

そして二時間駆けずり回る。大木戸門から入って千駄ヶ谷門、そして新宿門へそしてまた大木戸門に戻った。何度かすれ違った人がいて、数人の方から、こうせいのはるか後ろで「こうせい~まってえええ」と叫びながら追いかけている私を見て、「お母さん、これは大変だ。すばしっこいねえ~がんばってね~」と声をかけられる。全ての入り口を制覇したところで「えっへ歩けない~」。
そりゃそうでしょう。でも、抱っこを一回もせずに、実家に向かう。

家に戻りお風呂に入り、父親とひとしきり遊んで、私のことを父子で、「ピリピリ(怒りっぽい私のこと)、やだね~」とこき下ろし、9時過ぎ、就寝。なんて健康的なんでしょう。

ベッドの上で歯磨きの仕上げを毎日している。グッズは仕上げ用歯ブラシと、歯間用の糸と、ガーゼ。
もう半分夢心地のこうせい。

今日はお肉を食べたので、歯にいっぱい肉が詰まったのを取ったのが気持ちよかったらしく。
「ねえね(私のこと)、歯ブラシも糸もガーゼも上手ね~どこで習ったの~?」と聞いてくる。

毎日思い切り遊んで笑って泣いて。そしてことんと寝てしまう今の生活。大事にしようね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 08, 2005

感情を言葉で

最近のこうせいを見ていて、特筆すべきこと。それは「感情を言葉で表現できること」だ。

泣くとか怒るとかという、ジェスチャーだけで感情を表すのではなく、言葉できちんと伝えられるようになった。

「えっへ(こうせい自身)、さびしいの。だからぎゅっして~」とか、「今は悲しいの」とか。
いわゆる母親にとっての「わからない泣き」の正体は、これだったのね~と、思う。
それに、いやなことも「えっへ、これ怖いからいやなのよ~やめてね~」とか。成長したね。

でもいつまで経っても甘えんぼさん。だから可愛いんだけれど。

今日は午前中、私は仕事だったので、私の母親のシッターで、2時間家で遊んでもらう。その後ずっと私がこうせいの相手。私もかなり疲れたけど、こうせい、9時過ぎには就寝。

自由時間が嬉しいけど、疲れすぎて、こうして日記を書くか、ぼーっとネットサーフィンしてるか、夫と他愛もない話をするかしか気力がありません。洗濯や、自分の仕事を出来たらはかどるんだろうけどね・・・。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 06, 2005

おともだちと遊んだ!

今日はお友達が家に遊びに来てくれる日。

「駅に着きました!」の電話に大喜びでお迎えをするこうせい。

お友達は、こうせいの三ヶ月お兄さん。来春から同じく、幼稚園だ。

仲良くしているのもつかの間、二人してライバルの炎を燃やし、何度も喧嘩勃発だ。
りんごと柿を食べるのだって、皿に沢山ある時は仲良く食べているけれど、少なくなってくると奪い合っている。
食べられもしないのに、両手にりんごを握り締め、けん制しながら食べていた。齧られたぬるまった残り物の後始末はわれわれ母親だ・・。
でも、階下のうるさい叔母さんさえいなければ、取っ組み合いの喧嘩をさせたかったくらい、面白かった。

年子で男の子だったら、毎日がこうなんだろうな。それは壮絶すぎる・・・・。

あっという間に時間が過ぎてしまいました。しかも誕生日のプレゼントに、素敵な腕時計までもらって。私にもお香のプレゼント。今からやってみようかな~。

楽しかったです。また来てくださいね~!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 02, 2005

happy birthday!!

今日はこうせいの誕生日。三年前の12月2日午前三時頃に、こうせいは生まれたのだ。前日まで母と銀座でビイルなどを飲んでいた私だったが、12月1日から出血と下腹部痛が酷くなっていった。
昼食のナポリタンの皿を洗ってると、痛みが本格化してきたので、夫の運転で午後三時頃病院へ。

病院では「初産はオーバーなんですよね~」と言われて、むっとして「じゃあ帰ります」というが、念のために調べた子宮口が全開だったので入院。お産室に移される。夕食がまずくて食べられない私を気遣って、夫がハーゲンダッツを買ってきてくれる。美味しかったな~、これが。

痛みが酷くなる。まだまだ生まれない、ということで9時くらいに夫は私の実家で待機。受け持ちの看護師さんと助産師学校の学生さんが、私の腰を必死でさすってくれる。陣痛は痛い。かなり痛かった。その痛みの質はもう忘れてしまったけど。苦しんで苦しんで、看護師さんが気遣って、「ビイルは出せませんが・・」と柿の種を差し入れしてくれる。

日にちが変わって2日。子供用のおもちゃ、ロディに似た馬に乗ってようやくこうせいは降りてきた。そして分娩室へ。午前3時頃、実家に「生まれます」という連絡がいく。実家の家族が分娩室の廊下に着くと、絶叫が聞こえて「ああ、苦しんでいるんだ~」と思ったらしいが、それは違う分娩室の妊婦さんの絶叫だった。この人は難産で、この絶叫が二日くらい続いたらしい。

私は痛くて叫びたかったが、この絶叫妊婦さんが気になって、おとなしくなってしまった。夫、到着。分娩室に入ってきて手を握ってくれた。母と弟は待合室で待機。

踏ん張ること数十分、するするっとこうせいは出てきて、すぐに産声をあげた。病院の方針ですぐにおっぱいを含ませる。母も弟もやってきて、こうせいと初対面。記念撮影をして、皆戻っていった。私はこうせいを胸に抱いて眠る。

その後、歩いて産科棟に行き、私は爆睡。この日だけは、看護室で子供を預かってもらえる。その後は、自分のベッドの横にこうせいをコットに乗せて、おっぱい訓練が始まるのだ。

これが、最初は上手く行かない。お腹をすかせて夜中中泣く赤ん坊を乗せたコットを引きながら、眠い目をこすって授乳室に毎夜集まる新米母たち。

辛かったけど楽しかったな。イチバン辛かったのは、こうせいはパイパイを上手く飲めずに、低血糖になってしまい、集中治療室に入れられて、私の傍を離れたときだ。

不安で不安で、ジグが死んでまだ2週間も経っていなくて、こうせいも、私の傍から居なくなってしまうのではと、泣いてばかりだった。

その後無事戻って退院。それからはおっぱいをグビグビ飲んでブクブク太って、今思うと、「何で可愛いと思ったんだろ?」と思うくらい面白い顔をしていたこうせい。

もっと写真や記録を取っておくべきだったな~。何しろ入院中もパソコンを持ち込んで、修士論文に追われていたので、子供を持った感慨があんまり無かった気がする・・。

05120202←今日は実家で夫、母、私の弟に囲まれて、ケーキで誕生日を祝いました。


05120203←パティもケーキのおすそ分けを食べました。

三歳だね~こうせい。まだ三歳。これからもよろしくね!!元気に明るく育ってね!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 25, 2005

こうせいの誕生日プレゼント届く

明日、名古屋から夫の一族が上京して来るので、お誕生日に何を買ったかを見せるため、早めに取り寄せた。

宅急便の人が来たとき、こうせいと私はお風呂に入っていて、私は凄い格好で印鑑を押した。
こうせいが湯船から「トーマス、来たの~?ボクも出る~」と叫んで外にびしょぬれででたとおもったら、「オシッコ~」。

宅急便の人も笑いながら早々に退出したので、私はこうせいを便器に座らせ、洋服を着せ、自分も暖かくして、開封にかかった。

もうもう、大興奮!05112501

安い買い物では決してないけど、木は味わい深いし、これで一人で遊んでくれる時間が増えると思えばなんのその。まだまだ、小学校に入ってからも、遊んでくれそうだし。

線路をいかに完結させてつなげるかって、結構ムツカシイ。
これは誕生日兼クリスマス兼お年玉、だからね。どうか末永く楽しく使ってね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 23, 2005

疲れました

今日は医者である従兄弟に、こうせいのインフルエンザの予防接種をしてもらった。

こうせいは、朝7時半に起きて、私が塾に行ってる間に母と実家で思う存分遊んで、今週末に上京する義父母と義妹へのお土産を買いにデパートに行き、そこで暴れて、実家でも私の弟相手に暴れまくり。夕方、私はいったん家の掃除に戻って、その間30分、こうせいは実家で寝ていたらしい。

私が戻り、こうせいを起こして、夫も釣りから戻って(釣果。小さなタコ7杯、メゴチ9匹、キス一匹、アオリイカ1杯、コウイカ1杯)、弟が佐渡で注文した活きの良いアマエビを食べる段になって、従兄弟、注射器をもって登場。

もう、注射器に釘付けのこうせい。あれが何だか知っている。仕様がない。だって、1歳から1歳半の間、仮性クループで入院になったのをきっかけに貧血が発覚。改善されなくて毎月採血をされていた。子供の採血は血管が細いので、中々上手く血が取れない。それで、こうせいが暴れるものだから看護婦さん2人掛かりで、血を抜かれていたのだ。
こうせいの病院嫌いはここから始まった。

注射自体は痛くないはずだと従兄弟は言う。確かに細い針だし。分量も大人の五分の一程度だ。でも、きっと精神的なショックが大きかったのだろう。押さえつけた私をばしばし叩いた。

「おじちゃん、ちあい~(キライ)」と泣いている。皆もするんだよ、と夫が弟や母や私に注射を打つふりをしたけど・・。最後には佐渡産大アマエビを美味しい~!!とパクパク食べていたけど。

子供はもう一度打たないといけない。気が重いです・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 22, 2005

似ている二人

確かに似て欲しくない夫の行動とかあるけど・・・。いや、夫にしてみたら、こういうところは私に似て欲しくない!と思うことが沢山あるだろうな~。

まあ、まだ三歳弱だし。あまりにも微笑ましいので、写真に収めてしまいました。05112201

「テレビを見る二人」です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 20, 2005

お昼寝しない記録、更新。

こうせいがお昼寝をしなくなって、もう1ヶ月くらい経つ。

朝は7時半から8時半までに起きて、夜は9時から遅くても10時前には寝てしまう。しかも、ベッドに入って、パイパイをちょっと含んで撃沈、だ。今夜は遅くて10時半に寝た。ま、起きるのが今日、遅かったから、仕様が無いけれど。

夜の自由を手に入れた代わりに、日中びっしりと付き合わないといけないので、大変だけど、夜自由になれるのは何にもかえがたいかな~。

それにしても夫と手分けしての育児はやはりラクだ。今日も昼に近くの中華料理屋さんで、ご飯を食べて、その後、私は依頼されていた原稿を作りに塾へ。夫とこうせいは公園で遊び、東京国際女子マラソンを新宿通りまで出て見物したあと(夫はQちゃんを見たらしい。私は遅れて行ったので通過した後だった)、家に戻り、今度は夫が試験勉強しにTULLY'S COFFEE へ。夜は実家で豚しゃぶ。豚とキノコと白菜を食べまくる。ご飯も。勿論、自分の椅子で、大体で自分で。

戻ってお風呂に入り、ちょっとして寝たので私と夫はそれぞれパソコンに向かっている。

ふう、極楽極楽!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 19, 2005

喧嘩しないで!

ちょっとしたことだったし、別に夫と私は喧嘩をしたわけではなかったんだけど、夫と私が何かについてちょっとまじめな声色で話していたら、突然こうせいに、「喧嘩しないで!」と、言われてしまった。

別にけんかしていたわけじゃないんだけど・・。こんな風に仲裁に入るなんて、成長したね・・、とおとうちゃまもおかあちゃまも、顔を見合わせて微笑んでしまいました。

もう目の前で喧嘩は出来ないなあ・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

驚異的な体力だ~

昨日出張から二週間ぶりに戻ってきた夫がこうせいを、外に連れ出してくれた。

10時前に出かけて、私はお掃除をしたり仕事をしたり洗濯したり、パソコンを見たり。でも、お昼を過ぎても、戻ってこない。電話してみると、同年代の男の子と息投合して走り回ってるらしい。

合計三時間弱。遊びっぱなしのこうせいは、お昼寝もせずに、家でも私と夫が交互に(といっても、夫と私の世話の比率8対2・・・)自分の勉強をしながら面倒見て、それでくたくたなのに、こうせいは9時過ぎまで元気。

でも9時半に撃沈。

夫が言うのには、三時間走り回ってたそうだから、それでもお昼寝しないって・・。行く末を考えると怖いです・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 18, 2005

家事の戦力

こうせいは最近指の力がついてきて、洗濯バサミを挟めるようになった。

だからか、最近のマイブームは洗濯干し。そして取り込むこと。器用に乾いたものを外しては、かごに入れる。洗濯し終わった衣類を洗濯籠に入れて干そうとすると出てきて「ボクがやる~」と寄ってくる。

そして、一生懸命に干している。挟み方が足りなくて、落ちそうなものもあるけど・・・。でもその得意げな様子が私も嬉しいのでそのまままかせることにする。

家事の戦力だ!今度、掃除機の使い方も教えようかな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 15, 2005

やれば出来るのね

昨日はこうせいと戦いだった。こうせいも泣き過ぎて、咳がちょっと悪化。この湿性の咳、苦しそうで可愛そうです。

でも。その甲斐あって、今日は一人で座ってご飯を食べた。なーんだ!やれば出来るんじゃない。
健気に「ボク ヒトリで食べるよ」なんて言うのを聞くと切なくなる。

昨日厳しく言ったの、覚えているんだろうな。子供心に怒られたくないとか思うんだろうな・・。
こんなに簡単にちゃんとできるんならもうちょっと甘やかしたい、と思う甘い母親。

が、夫に報告すると、「やらないと出来なくなるから」という。
そうだよね。。

今日は従兄弟のメンタルクリニックの事務を手伝った。こうせいは実家でお留守番。
私が帰って、「こうせい~ただいま~!!」と抱きしめようとしても素っ気無い。お留守番された恨めしさがあるらしい。パティの方が素直に喜んで飛びついてくる。

でも、素っ気無いからといって、ほおって置くと、母に叱られる。「抱きしめてあげなさいよ!寂しさの裏返しなんだから」、と。

明日明後日は今度は自分の仕事だ。頑張ろう。
そういえば、実家に、大学院の修士の研究で、共著した先輩から、出来上がった論文の雑誌が送られてきた。
別冊になっていて、タイトルの下に書かれた名前が自分じゃないみたいで照れくさい。博士に行きたいなあ。

精神腫瘍学。きちんと研究したい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 14, 2005

母は反省する

反省しない日のほうが少ないんですが・・。

でも反省。後悔してないけど反省。

最近のこうせいは、おとうちゃま不在の影響か、すこぶる甘えんぼさんで機嫌が悪い。以前から、甘えた病が発病すると、何するにも自分でやらず、ご飯も自分で食べない、手も洗わない、強く言うと泣き出す、自分の椅子に座らず、私の大きめの椅子にコアラの子供のようにへばりついてご飯を食べる、などなど、目に余るものがあった。

普段は、自分の椅子で食べたり食べなかったり。でも好きじゃないご飯に到っては、私が口に入れないと食べない。夕食のときも、絶対に最後には私の椅子の後ろで、引っ付き虫になっている。

食べさせるのはラクだし汚れないし、なによりも、私自身がこうせいの世話を焼くことが嬉しかったし、ぺったりされるのは心地よかった。だから、ずっとずるずる、こうせいはお殿様のように、自分の好きなこと以外はなーんにもしなかったわけだが・・・。

でも、さすがにいよいよ来年からは幼稚園だし・・・・。それに最近の目に余るわがままぶりに問題意識を覚え、しかも周りを見渡すと、こうせいよりも年下の子供たちがしっかりしているのを見ると、我が実家の一族の子供がいかに甘やかされて、お殿様のように育てられたか、に気付いたのだった。

従兄弟の三兄弟も、特に長男は、私の叔母2人に愛されまくって、夏の散歩など、乳母車を一人が押して一人がうちわを仰ぐ始末。食事だって勿論、叔母が口に運ぶ。重いものなど持ったことはない、未だに、塾に行くのに、叔母がテキストの入った鞄を持ってお供をしている。もう、小学校二年生だけど。

でも、優しいし、今はちゃんと自分で食べられる(当たり前か)。ちょっと根性と集中力が無いけど・・・。

私の父も歳はなれたこの叔母達が姉だったため、蝶よ花よと育てられ、家事は一切できず、靴下だって母が履かせていた。冬は炬燵で温めた服しか着なかったし、箸の持ち方も何ともへたくそだった。

でも、人間的には凄く魅力的な人だった。沢山の人に愛された。正義感も強かったし。

そういうことを考えると、子供の頃のしつけってなんなんだろう、と思ってしまう。叔母達のように、何にも出来ないのも個性よ~と開き直って、世話を焼きまくるのも、潔くてよいけど、私は、中途半端で落ち込んでしまう。

子供は思いっきり甘やかせて育てる!だってこんなに甘えることが出来るのは今だけなんだから!と主張する実家の子育て(といっても私の母は保育園に勤めていた位なので、この考えには懐疑的だが、実際に私の弟は、何も出来ない・・。料理だけはするけど・・)と、今の、きちんとしつけをする子育てと。

揺れ動く私は弱いな~。こういうふらふらに翻弄されるこうせいがかわいそうだと思いつつ、ますます子育てに自信を無くしていく。

こうせいを愛する気持ちは誰にも負けないんだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 13, 2005

トーマス熱再燃

最近、こうせいのトーマス熱が再燃してきた。。05111301


以前は、線路は私が作るもの、と思っていたが、自分で作りたがる。でも大体はどこかで繋がらなくなって、私にHELPを求める。

「シンシン君」という、これまたとっても電車のダイスキなお友達がいて、何度もこうせいに「今度シンシン君と線路で遊ぶんだよ」と言っているので、線路で遊ぶたびにこうせいは「しんしんくんは~??」と聞く。

早く遊びに来ないかな~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 12, 2005

従兄弟の三兄弟と

今日は昼過ぎに従兄弟の三兄弟が家に遊びに来てくれた。そして私の母と、叔母も。

狭いマンションに、子供4人って、結構凄い。一番興奮して暴れていたのはこうせいだったけど・・・。
従兄弟の三兄弟は男の子2人に末っ子が女の子。長男はこうせいよりも5年上で、次男が2つ上。今度幼稚園で年少ー年長の関係になる。そして末っ子はこうせいと6ヶ月違い。一学年下。

遊んでいるときは男の子三人ライバルみたいだ。三人とも、すぐ泣く妹には優しく、甘い。

4人兄弟って凄いな~。でも楽しいかも。いやいや、それより子供がたくましく育ちそう。
こういう経験も、こうせいにとってはとっても貴重だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 07, 2005

やん、は~??

今日から大阪に二週間出張の夫。

こうせいは、その第一日目で寂しくなってしまったらしく、「やん(おとうちゃまの愛称)、は?会いたいよ~。」
としくしく泣いている。

ここまで慕われたら、夫も可愛いだろうなあ。私はかなりきつく怒るが、夫は「男の遊び」をこうせいに教えてくれる。釣りをしている姿とか、一緒に遊びに行って、トンボやセミをすいっと取ってしまうのって、子供は凄い!!と思うのだろう。

夫と遊びに行くと必ず後でこうせいは、夫との遊びがどんなに楽しかったかを、私に伝えてくれる。自分が楽しいと思った体験を人に伝えようとする、その心が嬉しくて、思わずこうせいを抱きしめたくなる。そして思う。男の子の場合は特に、父親とのスキンシップが大事だなあ、と。

夫とこうせいが休日釣りに出かけて、私はのんびりゆったり余暇を趣味に費やす。これって結構嬉しいかも~。
あ、でもこうせいに兄弟も欲しいからな~。そんな趣味を楽しむ生活はもうちょっと先になるかもしれないな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 05, 2005

やっと一息

今日ようやく、幼稚園の結果が来た。

うちのマンションに郵便物が来るのは午後三時。私は午前中個人授業、お昼を外で遊んでいたこうせいと夫と車で飯田橋のひいきにしているラーメン屋さんで食べた後、ケイキを買って帰宅、昨日従兄弟に持って来てもらった鍵を取り付けていたら、郵便屋さんが見えたので慌ててポストを覗きにいった。気をもんだ割には、凄く薄い封筒に入園を許可します、の文字。

安心して気が抜けた。実家の母も、気になっていたらしく、皆でほっとした。来年から晴れて幼稚園か~。
靴下も大嫌いなこうせい。襟付きシャツも制服も、試着しないで、帽子など、頭に被せたら、床に叩きつけていた。

来年ちゃんと制服着てくれるのかな。ちゃんとバスに乗って幼稚園に通ってくれるのだろうか。もうオムツを取るのは諦めたんだけど。親の心配の種は尽きません・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 04, 2005

結果が来ない!

3日の面接の結果がまだ出ない。
「即日郵送」ということは、明日には絶対に着くんだろうな~。でもそれでダメだったら、次の幼稚園探さないといけないし、気持ち的に全く落ち着かない。

昨日こうせいは7時半に寝たので、今日は6時過ぎからブイブイだ。
今日は来客が夜にあるので、夕食の準備をしながらこうせいの相手をしたが、プロレスごっことか、体を使った遊びを沢山やったら、昼1時に眠った。4時まで寝て、さすがにまずいと思って起こした。

でもお陰で夕食の準備もばっちり。なんてタイミングの良い息子なんでしょう、貴方は。

最近「自分でやる病」にますます拍車がかかり。お昼の納豆卵を自分で作る。納豆を器に入れてネリネリ。卵を割って(失敗して殻が沢山入った)ネリネリ。醤油を入れてネリネリ。

「美味しいねえー。これ、エッヘが作ったのよ。美味しい?ねえね。」などと言いながら、納豆ご飯にけんちん汁を爆食。自分で作ったものは殊のほか美味しいのだろう。

2歳というのは、本当に成長が著しいなと感じる今日この頃。ブランコも、立ち乗りでせっせと自分でこいでるし。
それだけじゃ飽きたらず、もっと押せと言う。こっちがヒヤヒヤする。

幼稚園に入ったらもっと色々な事を吸収していくのでしょう。私に出来ることは吸収できるスポンジを出来るだけ厚くしておいてあげることだけです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 03, 2005

ぐったり・・

今日は幼稚園の面談日。

60人定員のところが90人弱。1.5倍か~と思う。

私たちは二回目の部の面談だった。二回目は31番から。私たちは63番。受付を済ませて、幼稚園の二階の待合室に行く。

待合室は大きなプレイルームのようになっていて、子供たちがわらわらわらわら、ちょこまかちょこまか、圧巻だった。

こうせいは一人、靴を脱いで(皆きちんと履いている)、早速遊びの輪に溶け込んでいる。相手をしてくれている先生の頭にセロテープの輪を乗せたり。私たちはちょっと離れた父母の席に座って、子供の様子をじっと見ていた。

手元で育てて来た我が子が、団体生活の中でどんな行動をするのか、同年代の子供たちとどんな風に接していくのか、初めて見た。そして確信。ダイジョウブ!やっていける!

友達とも仲良く遊んでいる。先生とも楽しそう。ビックリしたのは、家に居るとクレヨンで絵を描いても、本当に赤ちゃん赤ちゃんした絵だったのに、ここで描いた絵は、ちゃんと「カレーパンマン」だったり、「アンパンマン」だったりした。箱にダンゴムシの絵を書いて、「ダンゴムシがいるの~この箱の中に」なんて、家では一度もやったこと無いのに。

ちょっと感無量です。

でも園長先生との面接以降がいけなかった。園長先生に「お名前は」と聞かれて「にしゃい(2歳)」。思わず「名前聞いてるの!こうせいでしょ!」と耳打ちをしてしまう。園長先生、「いつも誰と遊んでいますか?」ひえ~、二分くらいの面談だから、親がいろいろ聞かれるのかと思ったら、子供に直接色々聞こうという趣旨らしい。私、すかさず「誰といつも遊ぶのか聞いてるよ」とまたまた耳打ち。こうせい、「えっへ(こうせい自身)とやん(父親)」。園長先生は怪訝な顔。

言葉を翻訳すると、「友達とは遊ばないのかな」と聞かれた。
私に振られたので、奥の手「親戚が通ってるのよ~」の術を使った。
実際に実家の隣に住んでいる、本当の兄弟のように育った従兄弟の子供がここに通っている。今小学二年のお兄ちゃんもここの卒業生である。名前を告げると、園長先生は相好を崩し、「来年は皆一緒に通うんだね~」などと言われた。

どんな関係か深く聞かれたので、つい従兄弟なのに「兄の子供です」と言ってしまう。私には弟が二人いても、兄は居ないんだけど・・・。そうしたら正直者の夫が隣で「えっ(違うだろ、従兄弟じゃん)!」という顔をした。夫の足を蹴っ飛ばしたくなった。もう!

塾で教えていて思うのだが、親族のコネって結構強いのだ。塾なのに?と思うかもしれないけど、良い先生などは、生徒がある一族の兄弟、親戚の子供で占められている、というケースが多いのだ。そのコネって、近親である程強い。はとこより、従兄弟。従兄弟より兄弟、って具合に。

そういうコネって良くないな~と思いつつ、自分で使ってしまった後ろめたさもあり(しかも嘘までついたし)、しかも、その後の制服の採寸でもこうせいは「イヤイヤ~」と逃げまくって、一着も試着しないままに、制服をオーダーする羽目になった。私の機嫌は急降下。昼食時に、「何で合わせてくれないんだ。嘘をついたのは私だとはいえ、あんなに驚いた顔を園長先生に見せるなんて」と夫を責める。今冷静にこうやって書くと、かなり筋違いな怒りだ。

でも、その時も思い直し、そういう正直な夫を好きになったんだよな~と反省。その後、神宮外苑で1時間半くらい、こうせいは無料貸し出し自転車を乗り回し駆けずり回り、家でも遊び倒して、食事の時によろけて顔を椅子にぶつけて大泣き→就寝。その時間は19時半、なり。

午前中から遊び通し、ぜんまいを巻かれた人形のように動きっぱなしだったから。

選考の結果は明日です。お受験でもないのに落ちたらかなりショックだろうけど、ちょっと「まあ、どうなってもいいか~」という気分でいる。

しかしぐったり。お受験ってこの何倍も神経使うんだろうな~。私には出来ません・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 25, 2005

奇遇な再会

昨日から夫が大阪へ出張なので、私はこうせいを疲れさせるべく、新宿御苑にお弁当を持って出かけた。

まあ、よくこれだけ走り回る!と思うほど、四谷門から新宿門、千駄ヶ谷門を行き来する。
途中でうん○もする。

池のほとりでカメに持ってきたパンくずをあげていると、自分もそのパンくずを食べているので、お昼ご飯にする。単なるのり弁当なのに「ん~美味しいね、これ誰が作ったの?」「おかあちゃまよ」と応えると、「上手ね~美味しいね~」を連発。私と2人でなじみの公園に来ていると、リラックスをするのか良い子の本領を発揮するんだけどな~。

持ってきた柿をむいておやつ。池にかかっている橋の上からカメを眺めていると隣に障害児らしきお兄ちゃんが並んだ。もくもくとカメを見ている。
その子供に一生懸命話し掛けているお母さんを見ると、なんと大学院の研究室で一緒だった精神科医だった。

この方は、途中まで凄くとっつきにくい人だった。
でも、人知れず、自分の子供が自閉症かもと悩んでいたときに、私が研究室で、殆ど一人で双子の自閉症児を育てている私の会社時代の友人の話をしたら、メールが突然来て、私の友人と話したい、と言われて、間を取り持ったのだった。それ以来打ち解けていたが、私も大阪になってしまい、それからはバタバタしていて、ずっと会えていなかった。

それがこんな所で会うとは奇遇もいいところだ!我々の研究室はサイコオンコロジー(腫瘍精神学)の分野だが、息子さんの事もあって、研究分野を児童精神学に変えたそうだ。パートで週何日か働いているそうだが、療育に力をいれているとのこと、良い笑顔だった。

午後三時過ぎにやっと御苑を後にする。その後、実家で夕食を食べて家に戻り、テレビを少し見て、お風呂に入って、10時くらいに撃沈。その間お昼寝なし。

凄い体力、だ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 24, 2005

しながわ水族館へ

今日は、インド料理の師匠親娘とこうせい、私で品川水族館へ行った。その時の様子は、友人のプログを参照してもらうとして、
http://plaza.rakuten.co.jp/loverinchin/diary/200510240000/

愛娘yaya嬢のしつけの良さ、レディっぷりに脱帽。
だってまだ2歳2ヶ月ですよ。実質。なのに、ちゃんと歩くし、食べるときにもきちんと椅子に座って自分で食べているし。スクールに通わせているからだと親友は言うけれど、それだけじゃない。見ていると、どんなにyaya嬢が食べ物をこぼしても、親友は絶対に「食べさせてあげる」ことはしなかった。きちんと自分で食べること、を教えていた。

うちは食べて欲しい一心で、走っているこうせいを、スプーンをもって追い掛け回していた。歩くのだって、こうせいは歩かないし。いや、そう仕向けたのは私だ。こうせいがまだ歩くのが遅かった1、2歳前半のとき、東京大阪の新幹線通いで、時間に追われていた私はこうせいを歩かせようとせずに、バンバンだっこしていたのだ。

こうせいにとって、だから、道を歩くときはダッコされるもの。遊ぶときは自分で歩くもの、と思い込んでいて、それは全面的に、それを許容した、というかそう仕向けた私の責任だ。

注意の仕方も反省。私の注意の仕方は、まず「ダメ!」が来る。そうでないといけない場合だってあるけれど、もっと楽しいことに話題をふるとか、子供の視点を変えてあげる方法だってあるのだと、この親友から学んだ。いや、そうしようと思うんだけどね、心の余裕がなくなるのよね・・。

誉めて子供の長所を最大限に引き出して、直して欲しいところは、子供が「直そう」と思うように仕向けて、親友はステキな育児をやってるな、と感じた。ちょっと自分の育児に自信を無くした、先輩母であります。

でも、水上バスはほんっとうに気持ちよかったです。子供は流れる景色を夢中で見ているし、我々母親も、靴を脱いでしばしの休息でした。

そして家では、インド料理アラカルト。親友の無料インド料理教室。05102403
お皿にキレイに盛った所も写すべきでした。らぶさん、写真載せるので、料理名、時間があるときに頼みます~。

すごく楽しかったな~。yayaちゃん、おこちゃまなこうせいだけどまた面倒見てね~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 15, 2005

幼稚園訪問

こうせいを来年から通わせたい幼稚園へ願書を取りに行った。

この幼稚園は神社に付属している幼稚園で、神様を敬うこと、茶道等、日本文化の良さを教えてくれる。希望した一番の理由は従兄弟の子供が通っているからなんだけど。やはり、親族がいるのは心強い。

11月1日、願書提出。3日に家族面接。人気があるので、倍率があるらしい。
何を基準で入園許可が出るのか判らないけれどちょっと心配。おむつも取れてないしな~。全くトイレトレーニングしてないからなんだけど。従兄弟の子供が年中さんまで取れていなかったけれど今ではちゃんと出来るのでトレーニングする気にならないし~。

面接で何を聞かれるんだろう。好きな遊びは?「うん○取り!」問題あるかな。粘土を犬のうん○に見立てて紙で取ってビニール袋に入れる遊びなんだけど。私とこうせいとパティとで散歩すると、私がパティの排泄物を取っているのをやりたそうにいつも見ているのでその真似だ。
好きな食べ物は?「ちんち○!」・・下品で落とされるかも・・。ソーセージのことだけど、私がイタズラ心を出して「似てるね~」とか言って教えたのがまずかった。

それにしても来年は幼稚園か・・。早いです。幼稚園で3年というのはどうかな~と思ったけど、公園に行けば色々な人に「一緒にアソボ」と誘いかけているし意味は解らないけれど会話しているので楽しく通ってくれるだろう。幼稚園で疲れてくれないと母親の体力も持ちません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 30, 2005

ビーナを買った

ネットお宅の我々夫婦の子供に似つかわしく、こうせいもパソコンが好きだ。

で、以前、トーマスのテレビパソコンを与えていたが、拡張性がないのでオークションに出したところ、9000円弱で買ったのが6500円で売れた。一夏使って、3000円は悪くない。

で、その資金を元手に、セガトイズから出ている「ビーナ」と、ひらがなカタカナが学べるアンパンマンのソフトを購入した。
アンパンマンのソフトは中々優れもので、例えば「あ」という文字と同じ文字を見つけてね!と、他の似たような文字複数の中から「あ」を見つけ出させるような構成になっていて、でもそれがアンパンマンのキャラクターを介すると遊び感覚になるらしく、夢中になっていた。

結構侮れない、幼児パソコン。まあ、今から与えて良いのかという疑問は残るけれど。
でも、思う。例えばゲームばかりやっていたから人殺しもゲーム感覚だとか、子供の起こす事件の原因を社会の流れに帰することは簡単だけど。でも、それでも家庭がしっかりしていれば問題ないと思う。よく、夜寝ない子は情緒不安定、だとか酷いものだと「バカになる」とか言われているらしいが、そんなことは絶対にない、と思う。

親の愛情を全く受けずに、早寝早起きをして、正当な幼児の遊びをやってきた子供よりも、夜寝るのが遅くたって、家庭の楽しさを実感して親の愛情タップリに育った子供のほうがいいに決まってる!と、私は信じてる。こうせいも遅寝だしね。でも、寝る前の数時間の父親との遊びはとっても重要だ。楽しそうですからね、子供が。

だから、パソコンをやってるときは隣で見ている。一緒に楽しむ。それが一番だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 14, 2005

こうせい風邪を引く

親友の娘さんが風邪を引いたというブログを読み、「大変だなあ~」と人事だったのはつかの間。

昨日、不細工姉妹と思い切り遊んだこうせい。その2,3日前に、夜がとても涼しくて、窓を開けて寝たのが、そのとき、こうせいはベッドの上をころころと移動して、一番寒いところで寝ていたのだった。
まずいなあ、と思っていたのだけど。

昨夜鼻が出始めて、私が寝てパイパイをあげてみると、口の中が熱い。熱だ・・・。16日金曜日から更に涼しい河口湖に二泊三日の旅行に行くというのに・・。

今日は午前中と夜、二時間ずつの塾。実家に預けようと思ったが、母に午前中、家のほうに来てもらう。
それが正解で、こうせいは母と存分に遊び、お昼を食べると寝てしまった。

私は自分があまり薬を飲まないので、薬の服用が苦手。
かつて大阪でこうせいの喉が酷く腫れて、病院で飲ませてくださいという薬を飲ませなかったら、病状が悪化して入院に至った事があった。

だから、薬を飲ませないと悪化するのではという恐怖をいつも抱きつつ、こうせいが大の薬嫌い(飲ませて大吐きされること数回)なのも手伝って病気になっても薬を飲ませない。

今日もだからなるべく、ご飯やビタミンを沢山摂取させて、休養をさせて。鼻はまだ出るが熱は37度前半。今回の風邪は鼻に来て、熱自体は軽いらしい。

良かった~。口内炎も今のところはなさそうだし、明日も休養させて金曜日に望もう。
それにしても、子供が風邪を引いていると、またはだけて風邪を引くんじゃないかとか、熱の具合はどうだろうかと介抱をするので殆ど熟睡していない。

だから、眠い。今日はちょっとはゆっくり眠れそうだ。でも油断は禁物だ。

こうせい2歳と9ヶ月。おしゃべり初めは遅かったが、今は絶好調。
空を見上げて、「今日は雲が流れてるね~」(私の口癖)、とか、「月がきれいねー」(これも私の口癖)とか。
人間ぽくて笑ってしまう。だましの言葉も効かなくなってるし。

魔のニ才だけれど。でも、自転車のチャイルドシートに乗せて走っているといきなり、「ねえね(私のこと)、だーいつき(ダイスキ)」と抱きついてきたりして、カワイイったらない。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sep 12, 2005

体力ありすぎて

最近、ご飯類を中心に本当に良く食べるので、お昼寝をさせると11時くらいまで寝なくなってしまった@こうせい。

私が仕事で実家に預けていると、夜まで寝ないことが多い(というか寝かさない)。そして8時くらいに撃沈。
一番いいパターンだ。

ところが、午後3時位から家で遊ばせていると、4時くらいに眠くなるようで、私が居るとパイパイ星人と化して寝てしまう。今までは夏だったので、まだまだ暑くて外には出られず(私も楽になりたくて)、寝かせてしまう。と、一時間のお昼寝でも、夜更かしになる。

お昼過ぎくらいに寝れば良いのだろうけど、体力があるのでまず寝ない。

今日も夕方にかけて寝てしまったパターンなので、その後散歩に連れて行って、夫とも家で大暴れしたがまだまだ力が有り余っているようで、ベッドでも私が先に撃沈してしまった・・・。

寝かせないと、夕食の時間に機嫌が悪いしなあ・・。
夕食くらい夫と家族三人で食べたいし・・。そのほうがこうせいもとてもよく食べるし。

あまり神経質になるつもりはないが、親の体がもちません・・。

今夜の夕食に1週間前に漬けた鯖の西京漬けを出してみた。漬け初めのときは、鯖臭さが強くて、夫も余り好きではなかったようだが、今日はしっとりして、魚に西京味噌が上手くなじんで美味。

まだまだ魚料理、研究の余地、大です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 03, 2005

ブドウ大好き

こうせいは果物がダイスキ。

旬の果物でキライなものはない。
ちょっと酸っぱいグレープフルーツも、ガリガリのモモも、美味しそうにむしゃむしゃ食べている。

私も子供の頃、母が果物好きで、大いに果物を食べて育った。しかも、夫の母も果物ダイスキ。なので、血なのかもしれない。

この季節にはまっているのはブドウ。
巨峰は勿論のこと、面倒くさそうなデラウェアも実に上手に一人で食べる。最初は一つずつむしって食べているけれど、段々面倒くさくなってきているのか、全て枝からむしり終えてお皿に移してから
一気に食べる>この後、もっと味わいたいと思ったらしくて、ブドウの皮を全てむいて、身だけ小さなコップに20粒くらい集めて一気に食べていた。その幸せな顔と言ったら!
0508260405090403

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 25, 2005

台風な一日

今日は台風が関東に上陸する、というので、私も家でこうせいのお守に専念することを決意する。
自分でなにかやりたいことがあって、でもそういう予定に反してこうせいの相手をしなければいけないときは、
凄く心が乱れる。イライラしたり。
だから、こうせいの面倒をずっとベッタリ家で見なければいけない状況に置かれたときは、「もうこの一日は貴方に捧げます~」という気合で育児にのぞむ。

今日は趣向を変えて寝室の空いてる場所を、こうせいの遊び場として提供した。
喜んで、何故か私を追い出すこうせい。そしてそっと覗いたらへ、部屋がこんなふうになっていた。
05082402ひえ~!!散らばっているのはオークションで売るはずの、blioの水遊びセットですよ。こうせいは自分自身が水に浸かれないと面白くないので、この玩具はお気に召さなかったようで。でも、ベランダじゃなくて、部屋では遊ぶの?でも、売らせてもらいます。もう入札入ってるからね~。

で、一人遊びに飽きてきたので、今度はパン作りに2人で挑む。面白がって、アンパンマンのキャラクターに形を作るこうせい。もうどんなパンが出来てもいいや!と発酵させたら上手く膨らんで、こうせいがお昼寝をしている間に焼けたのだが、美味しそうだった。05082601

起きて焼けたパンを見せると大喜びでペロリと一つ食べてしまった。すごい~!パンを自分で自発的に一つ食べるなんて。「美味しい~!!」とか言っている。こんなに喜ぶなら時間も潰れるし、またやろうね。

夫が帰ってきてほっとするも、最近病気もして母親ベッタリになっているので、父親に態度が悪い。「アッチイッテエエエ」などと失礼なことを言っている。夜疲れて私もこうせいも爆睡。夫が眠ったのも判らなかったほどだった。
ああ、、疲れた~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 22, 2005

すっかりワガママに

金曜日から発熱しているこうせい。案の定、口の中が少し赤くなって、「おくちイターイ」と泣いている。

不憫なので、食べたいものだけを食べさせ、家事は二の次にして遊ばせたり一緒にアンパンマンのビデオを見たりしていたら、すっかり調子に乗ってわがままになってしまった。

食べられるもの。100%果汁のチューチューアイス。牛乳。ハーゲンダッツのアイス。冷凍したバナナと牛乳をミキサーにかけたバナナシェイク。

口内炎だし、まだちょっと熱があるし冷たいものを欲するのは仕様がないかな~と思っていた。ご飯などの固形物をあげようとすると、「クチイタイ~エーーーーン」と泣いてうずくまってしまうし。

しかし。クチが痛いはずなのに、しょっぱいオットットのお菓子が食べられるってどういうこと?しかも「オイシイ」と。
痛くないの?と聞くと「イタイナイ。」その上、グレープフルーツ。酸っぱい系。これはさすがに痛いだろう、と思うが与えるとパクパク食べる。え???

なのに、味のついていないご飯は食べられない?コーンスープ(コーンをミキサーで砕いて裏ごししたもの)もダメ?ほんと?????

私の頭に浮かぶ、仮病疑惑。
ご飯ものを食べないので、力が出ないらしく、熱は下がったというのに、ソファーでゴロゴロ。アンパンマンのビデオばかり見ている。ご飯食べよう、というと泣く。お腹がすくと、「アイス~」。「ご飯食べないとあげない」というと「オクチイタイの~全部イラナイ~」とソファーに顔をうずめて泣いてみせる。

ついに切れる私。イタイイタイとうるさいので、「よしっ、じゃあ病院に行こう。先生にみてもらおう」と言ったら激泣き。オイオイと泣き続け、それでも10回は「でもおかあちゃまは病院に連れて行きます」と宣言。
その度に泣いて泣いて私を叩いたり物を投げたり。

ずっと泣いてうわごとのように「病院いや~」と言っているので無視して家事をこなしているとようやく落ち着いたみたいなのでパイパイをあげたら寝てしまった。

今は、柔らかめのご飯を炊いている。昨日鶏がらを買ってきたので、今日は野菜タップリのスープを作るつもりだ。起きてきたら恐らくお腹もすいている筈だが、ご飯を食べるだろうか。

病気のときは本当に大変だ。チヤホヤしなければ良いのだろうが、ぐったりしているとかわいそうで、ついつい甘やかせてしまうのが裏目に出る。熱はもう下がっているのし、口内炎も酷くないはずだから、ご飯食べたら外で遊ばせようかな~。体動かさないと食欲もでないものね・・。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Aug 14, 2005

欲しかったんだね・・。

今週火曜日に会ったこうせいのお友達、「しん君」が、お母さんに買ってもらったプラレールの立体の本を物欲しそうに見ていた、こうせい。

今日夫は卓球の練習で、私は午前中は塾の先生、午後は家で溜まっていたDVDを見たり本を読んだりして、こうせいはお昼寝をしていた。
夕方起きたので新宿の紀伊国屋にこうせいと自転車で出かけた。どうしても生物の本で欲しいものがあるのに、見つからない。以前教わっていた先生がまた参考書を出していたが、中身をみて購入はペンディング。
こうせいは、同じ階にある本屋さんでアンパンマンの本を見たり、トーマスの本を見たり。

「何か買う~?」と聞いたら「これこれ!!」と胸に抱いているのは、「シン君」が持っていたプラレールの本だった。そうか~そんなに欲しかったのか・・・。と、不憫に思い、買ってあげた。

夕食は地下の美味しいトンカツ屋さんでトンカツ定食と私はビール。働くと、こういう贅沢が気兼ねなく出来るからいいなあ~。でも、最近使いすぎだから節制しなきゃ。といいながら明日からお台場のホテルで避暑にならない避暑である。旅行は夫のお金だから、財布はバッグの奥深くにしまっておこう。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 13, 2005

掃除機好き

最近チョキチョキハサミで紙を切るのがダイスキになったので、「お片づけ」を習慣にさせようと、細かくして「砂~」とばら撒いて満足させたら、ゴミバコを持ってきて片付けなさいと指導している。

ところが。手で拾っていたのでは埒があかないと見えて、掃除機を持ち出してきた。
やらせてみると楽しんでる様子。勢いよく紙が吸い込まれるのが楽しいらしい。大きくて吸い込まない紙は、わざわざハサミで細かくしてから吸い込ませている。05081401

母親のやる事を見ているんだなあ、、と実感。

今日は夫が午前中卓球の練習に行き、午後は戻ったので私が入れ替わって歯医者さんと神保町の本屋さんへ。
やはり、2人で子供の面倒が見れるとラクでいいなあ、と実感。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 21, 2005

ぱあこダイスキ

05072201
夫も私もパソコンのヘビーユーザーなので、こうせいもパソコンがダイスキ。

パソコンを「ぱあこ」と呼んで何かにつけてやりたがる。
こうせい専用の、トーマスの、テレビに接続できるパソコンも好きだが、やはり大人の真似がしたいらしく。
一人前に夫の一昔前のパソコンでマウスを操っている。ナマイキにも、ドラッグアンドドロップまでする。
亡き父のパソコンレベルを超えたかも・・。グーマーはパソコンすら触れないので、論外である。

今日も勝手にパソコンの電源をつけて、「こうせい番組」のフォルダをあけて勝手に遊んでいる。
自分の思い通りにならないときだけ
「もういやっ、もういやっ、ねえねええええ」と呼ばれる。
余計なことをすると、「あっち、あっち」と追い払われる。ヤな感じ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jul 17, 2005

はさみでチョキチョキ

05071804
こうせいは今、はさみを使うのがブームだ。ストローもちょきちょき。紙ももちろんちょきちょき。切ったものをエビに見立てて遊んだり、塗り絵をしたり。持ったまま立ったり歩いたりしないことを徹底して、あとは自由に遊ばせている。そうしたら、大分上手くなって器用に切っている。
自転車もどうしてもペダルを後ろに回してしまって空回り。こうせいが実家の母に自転車を見せに行くというので、大人の足で徒歩10分の実家まで自転車に乗ったこうせいを押していく。熱くて死ぬかと思った。早くすいすい乗れるようにならないかな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 13, 2005

夏休みモード

塾講師のほうは、夏休みに突入。で、私も二学期まで夏休み。
個人教師の方も、期末やら何やらで、本日水曜日は、歯医者さんだけだった。

こうせいを母に預けて歯医者さんに行く。ちょっと実家でまったりして家に戻る。少しして夫が帰って来る。
実家に行くと昼寝なし&隣の従兄弟の子供達とのハードな遊び、のお陰で、8時過ぎると眠いあまりに機嫌が悪くなり、今回は夫がトーマスのDVDをつけてあげて、その何かにいちゃもんをつけて大泣き。

寝るように少し泣かせておいて、その後いよいよパイパイの登場。

「ぱいぱい、イヤイヤ~」と泣きつつ、ぱくっとくわえて撃沈。うれしい~。久しぶりの自由なナイトタイムに踊って喜ぶ夫と私。穏やかな夕食時間を過ごす。今日の夕食は
カツオのたたき(実家の弟のおすそ分け)、焼き豚、焼豚を煮た際の煮汁の野菜スープ、空芯菜としいたけの炒め物(失敗)、タラモサラダ。ご飯ものは、ひじきのふりかけご飯と、こうせいが本日ブランチで食べたとんこつラーメンの残り半分の麺をゆでた。

こうせいは、朝起きるとお腹がすくらしく、朝から「コーンチュルチュル」というリクエストをする。
朝からコーンラーメンなんて、、と思うがリクエスト以外のものはたぶん食べないので、たれを少なめにして、勿体ないけど汁は殆ど牛乳にして、麺もかんすいを取り除くためによく水で洗って、キャベツを入れてコーンもミキサーである程度くだいて食べさせる。
「ご飯も~」というので、ご飯を出すとラーメンに投入。美味しい美味しい~とよく食べる。
嬉しいのだけど好き勝手に注文をつけるから大変だ。

そしてその後、夫はスターウォーズを見ている。私は楽しくHPサーフィン。
調子に乗って買ってあったチュウハイを飲む。

うーん、幸せ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 07, 2005

塾に行く前の我が家

05070702昨日こうせいは7時半頃就寝だった。
それがたたって6時起床。私たちが起きないものだから、ころころベッドを転がって我々にいたずらをする。
7時半過ぎに何とか私も起床。

実家の母のところには12時過ぎに預ける。時間が沢山余ってる。こうせいのエネルギーも満タンだ。
というわけで、家で水遊びをさせて見ました。ブリオの水遊びセットと、自分でも浸かれる為の桶。こうせいが赤ちゃんだった頃沐浴していたタライだ。
こんなところに役に立つとは・・。こうせいは大喜び。先日ジャブジャブ池で遊ばせて手足口病になってしまったから、こんなことで水遊びの欲求が満たされるなら、おやすいごよう、だ。

それにしても一日、今日長かった。夕方塾の後、糖尿病の従兄弟のお見舞いに行くはずが、車のトラブルで中止。火曜日にお中元で車に乗った時にハンドアだったらしくて、バッテリーが上がっていた。

夜に夫にJAFを呼んで治してもらう。明日治ったか再確認。夫には仕事の後に悪いことをしてしまった。ごめんよう。

疲れた一日だった。こうせいは、いまやブイブイ。パアコ(トーマスのこうせいの専用のパソコン)のマウスをナマイキに操ってゲームをやっている。

眠たいよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 03, 2005

嬉しいんだけどね・・

今日は本当は中津川に家を建てた末の弟夫婦に夫、こうせい、私、叔母達、そして実家の家族と会いに行く日だったが、こうせいの様子がまだ完治にいたらないので、私とこうせいはお留守番。

でも確実に治ってきていて、朝寝ている時についにパイパイを飲んだ。
今まで、吸おうと口を持っていっては、悲しそうに顔をそむけていたのに。

何だったんだろう?先日ついに断乳かと考え深げに日記にまで書いたのに。いとも簡単に元に戻ってしまった。
嬉しいんだけどね・・。

「痛い、ない」なんていっている。良かったね、こうせい!と思ったのもつかの間
昼に眠くなったらやはり「いたい~い~い~い」。ぱいぱいもまた吸わない。

よかった、中津川に無理に行かなくて。

でも、夕食に待望の「コーンチュルチュル」(コーンラーメン)を爆食する。もう痛くない様子。
昼寝で治癒の駄目押しになったのだろう。

夫は10時前に戻ってきた。お疲れ様。

手足口病は1週間かかるといわれていた。

こうせいが熱を出したのが6/28の火曜日。足や口にできものが出来てパイパイも飲めなくなり病院に駆け込んだのが、翌日水曜日。母も私が塾の間のこうせいのおもりが大変だったらしい。木曜日も悪化の一途をたどり、金曜日は最絶不調。一日中「いたいいーいーいーいーいーいーいーいーいー」と泣き叫んでいるか泣き寝入るか。

こうせいのライフラインは、牛乳とウィダイン・ゼリーだった。

私も本当疲れた。でも手足口病の戦いは終わった。バンザーイ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 01, 2005

手足口病の副産物

こうせいが手足口病にかかった。

火曜日から熱を出して、私はその前の夜にクーラーに当たって何もかけずに寝ていたのが原因と思ったのだけど、翌日に手足、口の中に発疹が出来て慌てて病院に行ったところ、手足口病とのこと。

口の中の発疹が酷いらしくて食べ物が食べられない。水曜日も木曜日もそんな状態で、殆ど牛乳だけで栄養を取っている状態だ。

今回の病気がいつもとは違うのはパイパイの飲めないこと。痛いのか、味がおかしいのかどうしてなのかわからない。

でも、こうせいは飲もうとしない。触るけど、今までのくせで胸に顔は行くけれど、飲もうとはしない。
夫がふざけて、「じゃあ、おとうちゃまにそのパイパイちょーだい」というと泣いて嫌がり執着はみせるが、触るだけである。

いつかある日、「もうボク、パイパイいらないよ」といってすっぱりパイパイと縁を切ってくれたら、と願っていたが、
こんな時にこんな形でその日が訪れようとは思ってもみなかった。

ハッキリ言って、こうせいの急な卒乳で一番慌てて動揺しているのは私だ。

夫も実家の母もこうせいの卒乳を喜び、夫など「もしも、また、パイパイ欲しいと言い出したら、飲むと口の中が痛くなる、と言って脅せば?」とまで言っている。

そう、今が卒乳の良いチャンスであることはわかっている。
本人からパイパイを嫌がるなんて、理想的な断乳だ。

でも・・。さみしい・・。

この寂しさは、例えば私が独身で言い寄ってくる男性がいて、私は好意はあるけれど、ちょっと疎ましく思っていて、いつかガツンと「しつこい!」と言ってやろう、なんて思っているうちに、相手から「もう興味なくなったから~」ととか言われたときの心境に似ているかも・・。

ちょっと違うかな。でも、きっとこうせいが精神的に自立していったら、こういう裏切られたような、拍子抜けの気持ちを何度も味わうのだろうな。

私たちの両親も、、きっとそういうことの連続だったに違いない。
だから。私もこうせいの成長を喜ぼう。あんまり上手く出来ないけれど。こんなことはなんでもない、という感じでこうせいを見守ろう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 17, 2005

言葉の発達が著しい

2歳児検診の時に大泣き+言葉が出ない、で、保健所相談行きを行きつけの小児科医に言い渡されたこうせいだが、最近の発達は目を見張るほどだ。

電話をしていると(大半は母となので)「グーマー(グランマ、私の母の呼び名)?」と聞く。
携帯メールの着信音が鳴ると、携帯電話を探し出し「イヤン(父親のこと)!」と走って持ってきてくれる(便利)。 

「言い聞かせる」ことが出来るようになった。大泣きして興奮したらダメだけれど。
今日も昼食にご飯を炊いている間に、お腹が空いてきたらしく、これを食べるあれを食べるといろいろ持ち出し始めたので、落ち着かせて、「今、ご飯炊いているから。まだ炊けないの。もうちょっとかかるから待っててね」
と何度も言うと、
「あっちっちのご飯?プウプ(スープ)も?」
と聞くので、「熱いからおかあちゃまがふうふうする。プウプじゃなくて今日はお味噌汁ね。」
「ニュウニュウ(牛乳)もホチイ!」
などと、しっかりと会話のキャッチボールまで出来ているのだ。

てにをはが自然に出来るようになるのはすごいなあ・・・。

そして数字。トーマスシリーズの汽車達には番号がついていて、それを一人で復唱している。「アーク(トーマスのこと)いちばん、ウィヤウィヤード(エドワードのこと) に ばん・・」と、取り合えず8番まで言っている。
エレベーターのボタンを見ても、駅の中でも、私が生物の勉強で読んでいる本を覗き込んでも、自分が知っている番号を目ざとく見つけて、該当の汽車の名前を言ったりしている。

数字が判るようになって時計の概念もちょっとずつ芽生えてきたようで、夕方7時50分頃に
「もうすぐおとうちゃまが帰ってくるからね~」と言ったら、少し考えて時計の長針が0になるところ(8時)を指差して「ここ?」と聞く。

遊びでも、現実と想像を混ぜて遊んでいる。
トーマスビデオを見た後に、実際に持っている線路やトーマスの汽車達を使って自分で再現するのは以前からやっていたが、明らかにビデオのなかでやらない、トーマスがご飯やエビやカニ(こうせいの大好物)を食べることや、御苑や公園で父親とやって楽しかった「ザリガニつり」や「ダンゴムシ探し」をトーマスと他の汽車たちにさせるなど、実経験で楽しかったこともトーマスを媒介に再現している。

スイカを小さく5個に切ったら一つ一つに名前を付けている。
一番小さいのが「ネエネ(私)」次に「イヤン(父親)」、そして三個目を指差して「アッハ(こうせいのこと)」。あとの二つは?と聞くと少し考えて、「ジイジ(名古屋のお義父様)」「バアバ」。
自分と命名したスイカを動かして私のスイカにくっつけて「パイパイ」とお乳を飲む真似まで。

そして感情を言葉で表すことも!
「うーん、オイチイ!!」この表情がとても可愛い。
電話で母と実弟の話題をしていたら、「いったん(弟)、スキ。ダーイスキ」といきなり言う。
面白いので、イヤン(父親)は?と聞くと「スキ、ダーイスキ」。
じゃ、ネエネ(私)は?「スキ!ダーイスキ!!」とチュウまでしてくれた。

魔の二歳、でも天使の二歳でもあるようだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 12, 2005

母と子の森に

05061222

今日は新宿御苑が環境月間で無料解放だったので、三人で母と子の森に出かけた。
私のコンタクトが割れたりして、その買い物などをしてからだったので、12時に苑に入る。

お弁当を食べる。私はビイルも。こうせいは、アイスとご飯を交互に食べている。食欲があり、もりもり食べて、いざ、母と子の森に。、「母と子の森」は林や草原、池や湿地が組み合わされたビオトープで、都会で見られなくなった貴重な生き物のオアシスとなっている。我々が到着すると、枝の先にタコ糸をつけて、スルメイカを餌にした即席釣りを楽しんでいる親子連れが多数居た。

こうせいも興奮気味。残しておいたヒラマサの皮や落ちている餌つき釣り糸でアメリカザリガニを釣る。

面白いくらいに良く釣れる。こうせいは釣りたいのか、水遊びがしたいのか。近くのお兄ちゃんがせっかく釣ったザリガニ入り水槽に釣り糸をたらしてみたり(ザリガニは餌どころではなく食いつかない)、過剰に水槽に水を入れては「ダメダメダメ~」と怒られていた。

しまいには池の中に入り始めてぐしょぐしょ。ビオトープ入り口の水道場で、真っ裸にして水浴びさせる。
大喜びのこうせい。

スッキリ着替えて、アイスを再び食べる。私もお腹がすいて涼しいレストランで冷やし中華を食べる。こうせいは本当に良く食べる。そして、「中の池」へ。スッポン、ミシシッピーアカミミガメ、コイにくぎ付けのこうせい。

2時間半ばっちり遊んで、家に戻る。夫と私はシャワーを浴びる。

こうせいは寝ると思いきや寝ない!食べるのでパワーが充電されている。

夕方、近くの公園へ遊びに行く。その帰りに焼肉屋さんへ。

最初は美味しい美味しいとレバーやらカルビやらご飯をパクパク食べていたこうせいにトラブル。
こうせいの手に沢山トゲが刺さっている。こうせいは痛くて帰りたがる。慌てて食べて家に戻り、トゲを抜こうとするが泣いて暴れて抜けない。

最低限の着替えをして、歯を磨いてパイパイをあげたら即効で寝てしまったので、その後、熟睡こうせいの手からトゲを抜く作業を一生懸命夫婦でやる。

ハードな一日だった・・。

夫は寝る前にシャワーを浴びたら、めまいがしたそうだ。そうだろう。今日は大部分、面倒を見てもらった。感謝!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 06, 2005

何度も繰り返される「ごめんね」

こうせいは最近寝つきが悪い。

布団に入って、電気を消してから、一時間弱はもそもそしている。パイパイを飲んだり、窓を蹴飛ばしたり、歌を大きな声で歌ったり。
こちらは規則正しくしようと、家事を放って添い寝をしている訳だから、眠くなっても寝るわけにはいかない。

それで今日、一昨日昨日のハードな遊びが祟ったのか、鼻水たらしてグッタリモードのこうせいを寝かせようと9時半に消灯したのに、寝ない。食器も洗わないといけないし、部屋も片付けないといけない。日記も更新したいし(ビイルでも飲みながら)、塾の予習も、最近興味がある気象の参考書も読みたい。

そんな気持ちが焦燥を生んだのか、ぶちっと切れて
「もう、一人で寝なさい!おかあちゃまはやることが沢山あるんだから!!」と怒鳴りつけて、寝室から出てしまった。

大泣きのこうせい。泣き過ぎてオエオエになり、慌ててシーツで口元を押さえると夕食を少し吐いてしまった。とにかくすごい泣き方なのだ。

でも、具合が悪くて眠れないのかもという思いも湧いてきて、取り合えず泣いて汗だくになった顔と頭をタオルで拭いて、パイパイをあげてみる。

「かんちゃんは、眠くなかったんだよね。なのに無理やりおかあちゃまが寝なさいって言っても眠れなかったんだね、かんちゃんは遊びたかったんだね」というと、

「うん・・」といってしくしく又泣き始めた。ぎゅっと抱きしめていたら、ことんと寝てしまった。

寝顔に涙がついていてかわいそうだった。

今回は焦燥感に駆られて感情的に怒ってしまった・・・。ごめんね・・ってもう何度目だろう。反省。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 03, 2005

おもちゃ王国

水木と仕事であまり遊べないので、今日は水道橋にある、おもちゃ王国に行ってみた。
ここは、夫の卓球仲間の奥様から情報を頂いたところ。どんなところか気になっていた。

こうせいは、遊園地のような場所は、機械仕掛けで動くものを異様に怖がるので、まずは偵察に、とこうせいと2人
、出かけてみる。

電車を乗り継いで、20分くらいで到着。近い~。

近辺には水のオブジェもあり、こうせいもうきうきモードだ。
まずは腹ごしらえと、レストランに入ろうとすると、その横の店が何とトーマスグッズの店だった。「きゃーーー」と、こうせいは、興奮してその店に駆け込み、遊ぶこと30分、やっとレストランに入り、おもちゃ王国に突入。

ブロックの部屋、プラレールの部屋、自分でこげる車の部屋、ままごとの部屋、ゲームの部屋などなど、こうせいは、ばたばたと走り回り、満喫した様子。何よりも機械仕掛けじゃなくて、自分で遊べるところがこうせいには合っている。

グループで遊びに来ているお母さん達の姿も散見され、金曜日なのに結構たくさんの子供連れがいた。

子供と家で行き詰まったら、1000円と交通費でこんなに楽しめるならまた来たいな、と思う。
良い場所を教えてもらった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 01, 2005

子供は自立していく

最近のこうせいは、私が家で家事や勉強に追われてバタバタしていると面白くないと思うらしく、すぐに「グーマーんち~、グーマーんち~」と実家の母のところに出かけたがる。

確かに水曜日木曜日の私は、母親というよりも、塾で教える内容について頭が一杯になるので、こうせいの心を感じ取っている余裕が私に無いことを、こうせいは感じ取っているのだと思う。

それが良い証拠に実家に着いて、私が塾に行く時間になって、「じゃあね、お仕事してくるね、バイバイ」というと、
玄関に来てもくれず、居間のソファーで「バイバイ~」と手を振っている。冷たい・・。

夫と2人の教育方針で育児をしたいという気もしないではないが、なにしろまだまだ生きて40年にもならない我々だけよりも、色々な世代の人々と交わっていくほうがこうせいの為になることは間違いない。
特に木曜日は、隣の従兄弟の子供三人の家で、お兄ちゃん2人の後をついて遊び、末っ子の「妹」を可愛がっているらしい。

というわけで、水木は、こうせいの社会勉強タイム。喜んでいるので、ありがたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 22, 2005

仮性クループの再来?

今日起きたら、こうせいの喉が潰れていた。

いかにも扁桃腺辺りが腫れて喉を圧迫しているような酷い声。
咳も酷い。

ぎょっとした。

1歳になりたての冬、私の東京大阪往復講師生活に一区切りがついた矢先にこうせいは、仮性クループという病気で1週間近く入院した。

この病気は高熱と、喉の腫れによって犬の遠吠えのような咳をするのが特徴で、場合によっては窒息してしまうので、入院で点滴治療を強いられる。

こうせいの病院嫌いは、このときの注射の影響大なのだ。

また、病院に連れて行ったら、泣いてのどの腫れを促進してしまうかも・・と、今日は安静に家で過ごさせることにする。

徐々に声も戻ってきた。咳もあまりでない。熱もなし。

この1年、風邪という風邪を引いていない。私の注意の仕方が学習して慎重になったのも確かだけれど、こうせいも随分と強くなった。

やはりかなり色々なものを食べるようになっているし、パイパイはまだ飲んでいるし、抵抗力がついてきたのだろう。

この風邪も、酷くならないように、気をつけよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 05, 2005

色々考えて

今日はフロンティアキッズの体験入学の日。

こうせいは前日から良く眠って、機嫌よく出発した。

園の中に入る。こうせいは、靴を脱いですでに遊ぼうとしている。

授業開始。一つの個室に二歳児が集められる。

まず、手帳に出席シールを貼る。こうせいより小さい二歳児も難なくこなしている。こうせいは手帳がないので、見ているだけ。

そして、遊びの時間30分。ウォーミングアップといったところか。木の長い机で各人好きなおもちゃを棚から取り出して、遊ぶ。他のおもちゃで遊びたいときは、座っていた椅子をきちんと机の中に入れて今まで遊んでいたおもちゃは元の場所に戻して、他のおもちゃを取って自分の場所で遊ぶ。

家ではおもちゃを出し放題のこうせいは当然そんなことがわかるわけでもなく、選んだおもちゃを放って他のおもちゃを選びに行くは、椅子を机の中に入れることはしないは、挙句の果てに他の友達の使っているおもちゃが面白そうだと、一緒に遊ぼうと擦り寄っていく始末。

そのたびに、先生に手をつかまれて優しく諭されている。

ついに、諭されることに飽きたこうせいは、外の広い部屋で勝手に遊びだす。

30分のウォーミングアップの後の挨拶の時間も、歌の時間も、紙芝居の時間も他の10人の2歳児は椅子に座って活動に参加しているのに、こうせいはそういうことが嫌なようで部屋に先生が戻そうとすると、イヤイヤと激しく抵抗。

その後英語の授業が始まったが、その教材に目を奪われたこうせいは、授業をやっている先生のところに飛んで行って、使っている教材を奪った。英語の先生は外人だった。すかさずこうせいの手を持ってこわーい顔で「NO!!」。

唯一皆と行動できたのは、外へのお散歩の時間。
なぜか唯一の女の子と手をつないで歩いている。その後も追いかけごっこをしたり、他の子と手をつないだり。

そうこうして2時間半の体験は終わった。

先生は、今は落ち着きなくても、2ヶ月くらいすると、ちゃんと聞き分けて椅子に座って授業を受けられるようになるし、一つの遊びに集中することも出来るようになりますとのこと。

こうせいは決して嫌そうではなかった。むしろ帰りも「帰りますよ」と言ってもイヤイヤしていたくらい、園の中での遊びは気に入っていたみたいなので、私も入れる方向で考えていた。

が、家に戻って、ずっと体験入学中に感じていた違和感が強くなっていった。

2歳児に、そこまでのしつけは必要なのだろうか?どうせ、来年幼稚園に入れば、ある程度の規則の中で生活をしていかないといけないのに、その時期だって昔は4歳からだったのに、今は3歳からになっている。

その時期をもっと早めることが、果たして本当にこうせいの為になるのだろうか?という疑問。

確かにその時間、家で何をやっているかといえば、家事で忙しい母親の真似事をしてみたり、邪魔で怒られたり、
テレビを見たり、一人遊びをしたりろくなことはしていない。でも、これは今じゃなければ出来ない貴重な時間のような気もする・・。

そんな風に考えて、母に相談してみた。

病気になるまで保母さんをしていた母の答えは私と同じだった。

というわけで、吹っ切れた。
私の仕事のときは母のところで弟と怪獣ごっこをしたり、隣の従兄弟の子供三兄弟遊んでもらうことにして、それ以外の時間が手元において育てることにした。

なんて決めて、一番ほっとしているのは私かも。

塾以外の時間で、こうせいと離れられるのはほっとする反面、寂しいのだ。

だから、夫にこうせいを見ていてもらって買い物に出ると、時には本を読みながらお茶でもしようかと思うのだが、私のほうが寂しくなって急いで帰ってしまう。

因果なことです。

母が入院したときのバッファーで、いろいろ考えていたが、その時に考えるとして今はこの子育てタイムを満喫することにした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 04, 2005

成長したねえ・・

大分東京生活も落ち着いてきたので、私が塾で働いている間、こうせいを預かってくれるところを探していた。

一時保育を受け入れてくれる、T保育園。そして、保育園というよりも、早稲田フロンティアキッズという、なんちゃらという教育方法を取り入れた保育を実践しているところに焦点を絞る。

T保育園は、去年母が入院したときに一時保育で預けたところだ。
預けて、泣き通して、ついには保育園がギブアップして、朝から夕方までの約束なのに、昼に実家の弟に電話があり、弟が自転車を飛ばして引き取りに行ってくれた、こうせいにとっては忌まわしいところ。

フロンティアキッズも、同じ時期に資料だけでもと、こうJせいと2人で施設に入ったら大泣きして出ようとしたところだ。

フロンティアキッズは、マンションから徒歩10分くらいのところにある。こうせいとゆっくり歩いてそのくらいの時間だ。
自転車だったら2,3分。私の足だけだったら5分くらいか。

その敷地には高層高級賃貸マンションやスーパーが入っていて、行き交う人々もインターナショナルで、ハイソな感じだ。東京女子医大が隣接している。

敷地内には車がとおらないし、芝生もちょっとした遊具もあり、こうせいは先々週、父親と遊びに行って、「ノア君」というお友達と楽しく走り回って遊んだらしい。

その敷地の一角の日当たりの良い平屋がこの施設だ。

先日の夕方、こうせいを連れて行った。嫌がられることを覚悟した。敷地内を走り回るこうせい。働いている母親とお迎えで帰る子供が多く通り過ぎる。

中に一緒に入るが、こうせいは泣かない。驚くことに、受付の向こう側に見えていた保育室のお友達とおもちゃに目をつけて、靴をさっさと脱いで進入してしまった。

自動ドアをくぐっただけで大泣きしていたのは一体誰だったのか・・・。嬉しさと驚きとで、母に帰り道、電話してしまった。

一方、T保育園には今日の昼に行ってみた。

順調に中に入るが、少ししてそこの忌まわしい記憶が蘇って来たのか、「帰るう」と涙目になった。
ああ、やっぱり、と思って、早々に引き上げる。帰る時に保育室の内部が見えて、こうせいがかつて泣いて困らせた
「一時保育室」の保母さんと保父さんが窓越しに見えた。ついでに、一時保育室の内部に置かれているおもちゃにもこうせいは目を奪われていたので、
「かんちゃん、楽しそうなおもちゃが沢山あるね。遊びたいね」と声をかけた。中でも件の保母さん保父さんが手を振っていた。

そうしたら、こうせい、あんなに嫌がっていた保育園の中に自分から戻って、その一時保育室に入れてくれと、保育室のドアを叩いたのだ!!
驚いたのは、私。そしてかつて泣きとおしのこうせいをずっとおぶってくれていた保父さん!園長先生も出てきて
「こうせいくん!あの!ああ、鮮明に思い出しました!大きくなって・・・」などといわれたほど、全く保育園になじめなかったこうせいが、自分から中に入ろうとするなんて、成長したねえ・・!!!!!と感動してしまった。

結局そこでは遊べなかったので隣接している児童館へ行った。

ここでは学童保育の子供達が春休みなので大勢走り回っていた。

でも、中に入って何だか寂しい気持ちになった。

館内は子供達の騒ぎ声であふれ返っている。運動をしている子供、ピアノに興じている子供、先生の指導の元、何かを作っている子供、ゲームをしている子供、読書をしている子供、色々な子供達がいたけれど、私とこうせいが仲良く遊んでいる姿を羨ましそうに見ている子供もいたり、夜にならないと帰ってこない母を待っているだけのぼーっと外を眺めている子供もいたり、しかもどこか殺伐した印象を受けて、こうせいにはここには居て欲しくないと思ってしまった。

みんな楽しそうじゃないわけではないのだけど、どこか物悲しい。おそらく彼らの、母のお迎えを待つ心が伝わってきたのかもしれない。

それにおやつの時間の放送が流れて、皆持ってきたおやつを食べ始めたので、私はこうせいを遊ばせながら何気なく見ていたのだが、その内容にビックリ。

メロンパン等の甘い菓子パン三個、とか、クッキー一箱、とか、信じられないジャンクフードを大量に食べていた。

現在の成人病やアレルギー、花粉症にしてもそうだけれど、食生活の乱れがその一因と思っている私は、彼らの行く末に暗い気持ちになってしまった。

働くお母さんや、やむなく学童保育に行かなくてはいけない子供達もいると思うし、こういう施設が充実しているのはいいことだと思うけれど、でも何か割り切れないものを感じる。

今の、保育園さえ足りない現状では、食の見直しを求めるのは、贅沢な要求なのだろうか。

明日は、早稲田フロンティアキッズのカリキュラムのためし受講をこうせいとする。

こちらのほうは、保育園の何十倍も月謝が高いのだけれど、食事にしても、通っている子供の感じにしてもそれなりのことはあるようだ。

こうせいとの相性だけれど・・・。楽しく遊んでくれるだろうか。

こうせいは今日は夫が飲み会で遅かったので、実家で夕食を食べた。
昼寝をしなかったので、8時過ぎに就寝。

明日に向けて幸先の良いスタートだ。

夫の花粉症は佳境を迎えている。昨夜は苦しみに七転八倒したとのことだ。今日も早々に眠ってしまった。

私には花粉症の苦しみはわからないけれど、あまりにも辛そうなので、優しく接して、ストレスを軽減することに努めることにする。

東京に戻ってきてくれたんだからね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 27, 2005

心が安定しているからか?

今日は夫の会社の後輩の家に遊びに行った。

その家には、こうせいと10ヶ月違う男の子がいる。子供は千差万別と言うけれど、ビックリしたことがあった。

それは、食事を美味しそうにモリモリ食べること。両親の話では、食べ過ぎて困るのだそうだ。なんという、違い!

その坊やは、食事の時間になると、食事椅子を自分でせがんで(こうせいを乗せたら、のけぞって嫌がるだろう、乳母車もダメなのだから)、エプロンもきちんとつけて(見習ってつけたが、30分輪抜けのように格闘してはずしてしまった。しかもおおなき)、ゆでた野菜だって、ご飯だってもりもり食べる。お母さんが「もっと落ち着いてかんで食べて~」というほど。

こうせいなんて、好きなおかずだけむしゃむしゃ食べて、嫌いなものはそっぽを向いている。最近怖い顔をして「食べなさい」というと、わたしが食べさせれば、しぶしぶ食べるが「自分で食べなさい」というと、生意気な顔で「イヤイヤ」をする。

起床は6時。4時間ごとに食事を食べて、7時くらいには風呂にも入り終わり、歯ブラシを自分で持ってくるという。そして7時半頃には就寝。お母さんは「これで一人で寝てくれるといいんだけど~」というが、かなり出来すぎの子供だ。

子供の早寝には親子共に沢山のメリットがある。その中でも、子供が健やかに成長していくためのホルモンの分泌が促進されるという点は、「切れる子供」の多い昨今、もっと重要視されて良いのかもしれない。

とはいえ、子供がこれだけ、規則正しい生活を送れて、出されたものを美味しく食べられるというのは、日ごろの母親の努力の賜物だろう。食事前に甘いものや冷たいものを食べたいといえば、食べさせたくなるのは親心。「今日は遅くまで起きていたい、遊びたい」を許したくなることもある。いや、甘やかすほうが楽な場合は、多々ある。

子供に毎日を規則正しく送らせる努力は容易なことではないし、第一に家族全体がそうでないと続かない。

少し反省気味・・・。といいつつ、真似をしろと言われても出来ないかも・・と思う自分が情けない。

ご主人が釣ってきたメジロも美味しかった。身が締まっていて、それでいて柔らかくて。うちの魚技術もまだまだだ。もっと勉強しないと・・・。

こうせいはこの日は早々に就寝。このペースが続けばよいのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)